久賀谷亮先生と、ベストセラー著書

 今回はこのアプリの監修をして頂いている久賀谷亮先生です。

先生と初めてお会いしたのは、とあるセミナーでした。

 ほんの数秒の名刺交換の時間でしたが私の取り組みについて興味を持って頂き、その後のやりとりでこのアプリ開発の監修を引き受けて下さいました。

 ロサンゼルスにおられるので、メールやWeb会議でご相談しています。

診療や各方面での活動でお忙しい中、いろいろと貴重なアドバイスを下さいます。先生の暖かい対応には感謝の気持ちでいっぱいです。

著書「世界のエリートがやっている最高の休息法」は、物語仕立てでわかりやすいのにエビデンスがしっかり詰まっていて、正しい知識を楽しく身につけてもらいたいという私の願いと一致しています。エビデンスは、マインドフルネスだけではなく、心を整えるには食事や睡眠なども大切であることが書かれてあります。

 このアプリの名前MOMENTはこの物語に出てくるベーグル屋さんの名前です。気軽に立ち寄って、心を整える。そんな素敵なお店のようなアプリを目指しています。

 

久賀谷 亮(くがや・あきら)先生プロフィール

医師(日・米医師免許)医学博士 

イェール大学医学部精神神経科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。

日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。

2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical」を開業。同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など、最先端の治療を取り入れた診療を展開中。臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。

脳科学や薬物療法の研究分野では、2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数。趣味はトライアスロン。

新着情報一覧へ