NPO法人みんな共和国が開設を進めている
南相馬「ママカフェ★インドアパーク(37cafe@park)」
ココは子連れママやママ予備軍がたくさん集まる場所です。

 

国や市などの助成金頼みではやりません。
ビジネスモデルにできるよう、企業連携も交渉中です。
かといって、利益重視のビジネスライクではありません。
なぜなら、NPOがやるからです。
まずは、“社会貢献事業”ということが第一。


ですから、選ばれた一部の人だけが利用できるというようなものではなく、低価格に抑えて、たくさんの方々が利用できるようにしたいと考えています。
そういう意味では、安定した事業として回していくためには、企業との連携・サポートが不可欠です。

 

誤解のないように言いますが、cafe=飲食店と思いがちですが、
商売としてNPOみんな共和国が飲食店を始める訳ではないのです。
飲食店というよりも、
ママたちが乳幼児を連れてゆったり過ごせる場所にしていくためにカフェ部門も必要だという形なのです。(ちなみカフェ部門も企業連携の予定です。)

 

単に、オシャレなお店…とか、美味しい凝った料理を提供するお店…にすることが子連れママにとって毎日のように…とは言わないまでも“毎週のように気軽に遊びに行ったり、集まったりできる場所”になるとは思えないのです。

 

大事なことは、乳幼児にとって居心地のいい場所創り。
さらに、ママたちにとってもゆっくりできて、学べる場所…なのです。
乳幼児にとっての良い環境があってこそ、
ママたちもゆっくりできるのだと思っています。

 

それに…ママたちにもっと子育てを楽しんで欲しいのです!!
そのためにママ向けの講座もいろいろ考えていきたいと思っています。
例えば本格的なダンスレッスンがママだけでなく、子どもも一緒に受けられたりしたら…。そんなことも楽しみにして欲しいですね。

 

では、なぜcafeという言葉を使うのかというと、
サロン(salon)とか、スペース(space)とか、センター(center)という言葉を使うよりも、リラックスできそうな雰囲気をもっている言葉だからです。そして、若いママたちが集まる場所によりフィットすると考えたからです。コミュニティカフェ(community cafe)にイメージとしては近いと思います。悩んだりしていないで、みんなで集まって、前向きにいろんな話をしましょう!!

 

ちなみに、parkという言葉が入っているのも、公園(park)にいるような明るさ・楽しさ・清々しさ・気持ち良さがそこにイメージできるからです。

 

そんな場所創りを、私たちNPOみんな共和国でこれから行っていきますので、皆さんも一緒に創っていきましょう!!

 

https://readyfor.jp/projects/minnacafe

 

(長くなりスミマセン。)

新着情報一覧へ