GW、あと1日となりましたが、みなさん楽しまれているでしょうか^^

 

Nプロが活動拠点とする高岡市では、「シネマティック・アーキテクチャ東京」(CAT)のみなさんがいらっしゃいました。
今年7月、高岡で、ワークショップ「きっと、会うたこともない、誰かのため(に)SEASON 02」が開催されます。(7/15(土)〜7/16(日))
高岡を中心とする富山や北陸の映画・アニメ・マンガ・小説などのサブカルメディアを通じて、その地の女性像や生き方を抽出し未来のまちへつなげる試み。
Nプロも、おもしろそう!と、協力することになりました^^

 

このGWに、この事前説明会がありました。

高岡やその周辺の地域が舞台になっている映画や小説はけっこう多いんですね。
そこに描かれる女性に着目し、感じたことを自分なりのアート作品でイメージ表現して、これからの高岡のまちづくりを考えようという、おもしろいワークショップです。
地元の人と東京の人と、一緒に感じたことをシェアして、個々の力とセンスを合わせることで、何か新しいものが生み出されそう(^^)

 

事前説明会には、なんと、女性史本第1号の伊藤冴子さんも参加くださいました。
ちょうど日程が空いていて、話をきいて参加してみたとのこと。
この伊藤さんの柔軟さ、フットワークの軽やかさが、素敵だなぁ、

柔軟でありながら芯があり、芯がありながら柔らかい

こんな83歳になりたいなぁと、また憧れました^^

 

CATのみなさんも素敵な方ばかり。
このクラウドファンディングにもすぐ共鳴して応援くださいました。ありがとうございます!!

 

こんな機会をとおして、出会っていくことが、未来をひらく鍵ですね。

ご興味ある方、ぜひご参加ください^^ お待ちしています。

 

GWの交流風景
  ↓
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1528070560538472&id=1239058106106387

 

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1921172948119493&id=100006804191840


 

新着情報一覧へ