みなさん。こんにちは。

ミタイ基金メンバーの久喜淳史です。

 

本日はメルセデス地区で、新校舎の屋根に使われる瓦のペンキ塗りを行いました。

 

瓦にペンキで塗ることにより、雨漏りを防止する効果があるそうです。

我々にとっては始め何をしているのかよくわからなかったのですが、この方法はパラグアイ共和国では一般的だそうです。

 

約150枚の瓦を二時間弱ひたすら子どもたちや先生方と塗り続けました。

塗り終わった後は黒く塗られた瓦が校庭に広がり同時に、われわれの手からメルセデス地区にプロジェクトのバトンが渡ったように感じました。

 

ここからはひたすら校舎が出来上がっていくのを見守ることになります。

私たちがみなさまの協力のもと行ってきたプロジェクトがついにゴールにたどり着こうとしています。

 

ここまでの多大なるご支援・ご協力に心より感謝いたします。

 

残り少しとなりましたが、これからもどうぞよろしくお願いします。

 

この記事は9月15日に作成されました。

インターネット環境の都合上、更新が遅くなってしまったことをお詫び申し上げます。

新着情報一覧へ