READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

津波被災地の岩手県宮古市でチャリティコンサートを開催したい!

葛原りょう

葛原りょう

津波被災地の岩手県宮古市でチャリティコンサートを開催したい!

支援総額

225,000

目標金額 900,000円

支援者
10人
残り
終了しました
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年09月14日 20:30

出演ミュージシャンよりメッセージ〈葛原りょうさん(後編)〉

お待たせしました、葛原りょうさんのメッセージ後編です。

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

閲覧者のみなさま、クリックして観て頂いて

いつもありがとうございます!

 

前回のお話をさらに、私の宮古での想いを力いっぱいお話をさせてください。
私は、2011年4月、宮古の鍬ケ崎の壊滅状態の土地に立って思い出していました。
小学生4年のとき、東京都三鷹市の私の家は火事で全焼しました。

 

 

現在、まだ両親が健在でいますので、この話はタブーです。
詳細は申し上げられませんが、
消防車が5、6台も来ていて、マンションでしたから、
周囲を巻き込み、たいへんな騒ぎになりました。
思い出の品、私が愛していたインコ、魚、鳥籠に指先で触れたらボロボロに崩れ、
水槽のガラスが散乱し、柱が炭化し、水びたし。

新聞にも載る大火事だったのです。

 

 

幸い母は、火の海を、奇跡的に逃げて大やけどで済みました。
しかし、母の両脚をみたときのショックは忘れられません。
それから、家族はバラバラになりました。
風聞が立ち、三鷹市に住めなくなりました。
私は祖母の家に引き取られ、母と離れ離れになりました。
燃やしたのは火です。家族ではありません。
父が小さくなって、呆然としていました。
それから少し屈んで、何か燃え残っているものはないか探していました。
夢遊病者のように。

 

 

 

それと同じ光景を宮古で、目の当たりにしました。
潰れた家があちこちでブルドーザーで山のようになってしまい、
その上で何時間もかつて平和な生活を営んでいた人たちが、
思い出の品を、もしくは愛する家族を探していたのです。

 

 

 

 

私は詩人でもあり、歌人でもあります。帰京し、しばらく混乱状態でしたが
こんな短歌を絞り出すように紙に書いていました。

 

瓦礫の上を カラス 真ん中 人動き、うごめく下の 下で死んでる

 

圧倒的な永遠と続くような時間でした。日差しも強く、山と化した家からの粉塵……

私の家の火事は、奇跡的に死者を出しませんでした。
けれど、玄関から筒抜けで、庭まで見えました。なんにもないのです。
あの独特な家事の後の匂いを今でも忘れられず、
それが宮古で潮まみれの異様な匂いに重なりました。

 

 

宮古、東北の生活を破壊したのは津波です。人間ではありません。
ただ、人命以外、すべてを失った私の傷は
20年、30年経て、ようやく解放されつつあります。
最初に届いたのは段ボール一杯の衣服でした。そして小学生の私を支えたのは歌でした。武田鉄矢の「贈る言葉」を火事で学校から急きょ帰宅した午後、
うっすらと夕日の時刻になると、毎日きまって一人で歌うようになりました。
風聞、あらぬ噂の一方で、支援のありがたさ、……歌があり、
歌を自らの慰問としていた体験を身に沁みて思い出されます。

 

 

生きのびて、家を失い、さらに放射能での風聞、噂で
二重、三重苦を強いられている東北の方たちを肌に感じます。

 

 

私は、小学生、中学生と殆ど不登校で中卒です。ろくに教育を受けていません。
しかし、様々な体験から詩を書くようになり、それを支えにしました。
立派な詩集を出させていただき、短歌の歌集も今年中に出版されます。

そして、今すぐ私にできるのは、音楽です。


音楽で被災者のみなさん、地元のみなさんの慰問をさせてください。
まだ達成10%未満ですが、それでも9%にたどり着けました。
残り一ケ月半を、開催するため想いきり全力疾走します。

現在、宮古コンサートの引換券のCDを作成中です。
ほか、プログラム作成も進んでいます。
完成したらまっさきにご報告させてください。

 

 

次回からは出演者それぞれの紹介・メッセージを掲載いたします。
ぜひ、私たちのプロジェクトに注目していただき、
ご支援をお願い申し上げます!!

 

葛原りょう拝

 

-------------------------------------------------------------------------

 

葛原さんから力いっぱいのメッセージをいただきました。

私たちにできることを力いっぱい、やり遂げたいと思います!

皆さま 、宜しくお願いします!

 

【関連リンクお知らせ】


・葛原りょうFacebook

https://www.facebook.com/ryo.kuzuhara

 

・大須賀エイジFacebook

https://www.facebook.com/eiji.osuka


・丘のうえ工房ムジカ公式サイト

http://musica.ganriki.net/

(プロジェクト記事を掲載予定のフリージャンルマガジン「大衆文藝ムジカ」

発行元サイト。葛原りょうさんと、私 大須賀が編集を務めています)

 


大須賀エイジ
 

一覧に戻る

リターン

3,000

・サンクスレター

支援者
5人
在庫数
制限なし

10,000

・サンクスレター
・プロジェクト記事、ご支援者お名前入りの雑誌
「大衆文藝ムジカ」02号(丘のうえ工房ムジカ発行)
・お名前入りフライヤー・プログラム
・出演者特製CD

*お名前掲載を希望されない場合は、お手数ですが応援コメントにその旨をご記入ください。

支援者
2人
在庫数
制限なし

30,000

10000円の引換券に加え、
・特製エコバッグ
・チャリティコンサート当日の模様のライブCD
(プロジェクト達成後に制作、郵送)

*お名前掲載を希望されない場合は、お手数ですが応援コメントにその旨をご記入ください。

支援者
3人
在庫数
27

100,000

30000円の引換券に加え、
・プロジェクト記念in東京コンサートご招待券
(会場までの交通費は各自ご負担をお願いします)
・チャリティコンサート当日の模様のDVD

*お名前掲載を希望されない場合は、お手数ですが応援コメントにその旨をご記入ください。

支援者
1人
在庫数
9

プロジェクトの相談をする