クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

子供たちに映像と音楽と朗読で、「水育」(水の大切さ)を伝える

豊田直之

豊田直之

子供たちに映像と音楽と朗読で、「水育」(水の大切さ)を伝える
支援総額
1,039,000

目標 1,000,000円

支援者
80人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年05月05日 06:58

「海の最初の一滴」との出会い

今日の写真は、鹿児島県屋久島で撮影したコケから滴り落ちるしずく。「海の最初の一滴」と初めての出会いでした。

おはようございます。
NPO法人海の森・山の森事務局の理事長・豊田直之です。
4月30日から支援募集開始となりました。

https://readyfor.jp/projects/mizuiku


みなさま、ご支援のほどなにとぞよろしくお願いいたします。


前にも少し書きましたが、私が海に潜って撮影していたときに、ふと自分をとりまくこの大量の海の水は一体どこから来るのか? まるで小学生が考えるような根本的な疑問を解決すべく、海から川を遡りました。「海の最初の一滴」を探しに出かけたのです。

 

 

このとき、場所はどこにすべきか悩みましたが、私がいま追いかけている「水の輪廻」(水の循環)がわかりやすく、しかも認知度の高いという意味からも鹿児島県の屋久島に決めました。この島を一度でも訪れれば一目瞭然なのですが、海からいきなり1,900メートル級の山がそびえ立つ、まさに「水の輪廻」のモデルとなる島です。太平洋の湿り気を帯びた風が山と衝突し、雨を降らせます。年間約300日が雨と言われるほどです。降った雨は、地表を流れたり、花崗岩という水のしみ込みやすい土壌から地中へと入っていったりして流れ落ちていきます。この水たちは途中の森を抜け、最終的には海に流れ出しています。

 

 

屋久島の森は、宮崎駿監督が「もののけ姫」の舞台のモデルにしたほど有名ですが、屋久島の海の中もとてもすばらしいものがあります。特にウミガメの産卵地として、世界的にも知られていて、6月になると産卵のために何千、いや何万頭かもしれないウミガメが産卵のためにこの島の浜に上がってきます。

 

 

この屋久島で、海に注ぐ最初の一滴を探してみよう、そう考えて、それまで海に潜ってばかりいた男が、山に登り始めました。ふつう、水滴を撮るだけなら、カメラ一台にレンズは予備も含めて2本、あとは三脚を持っていくかどうかという装備になるでしょう。私の場合は、それこそ水中カメラマンの豊田が撮る世界にこだわりたかったので、必ず水中ハウジング(カメラをこの中に入れる防水で水圧にも耐えられるケース)を持っていきます。このハウジングだけで6キロぐらいの重さがあります。水中メガネ(ダイビング用マスク)も持っていきます。山をやる人は、1グラムでも荷物を軽くするのが鉄則ですから、まさに常識はずれのことをやっているのです。

 

 

重い荷物をかついで屋久島の山に入ります。シカやサルにはよく会います。いろいろなものを撮影しながら、徐々に高度を稼いでいきます。沢の音が小さくなり、流れもちょろちょろと弱くなってきました。それからしばらく登ったところに、地面から水が滲み出てきて、それがコケに伝わって、ぽたんと落ちるしずくを見つけました。もちろんそれまでも山でしずくは何度も見たことありましたが、この大海に注ぐ最初の一滴のしずくとして見たのはこのときが初めてでした。その写真が今日の写真です。もう8年も前に撮影したものです。でも、清らかなこの一滴のしずくを見たとき、こんなちっぽけで、あっというまになくなってしまいそうなしずくこそが、地球の表面の約7割を占める広大なる海をはぐくんでいるのかと、たった一滴の水が地球そのものに見えた瞬間でもありました。今回の「水育」というプロジェクトは、このときに産声をあげたと言っても過言ではないでしょう。

みなさまのご支援なにとぞよろしくお願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/mizuiku

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

●お礼のメッセージカード
●お礼のメール(イベント開催スケジュールもお知らせします。入場無料なので、入場券の意味合いも持ちます)
●写真家豊田直之撮影オリジナルポストカード3点(「水育」使用作品5点の中から3点お好きなものをお選びいただきます)

支援者
40人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

●お礼のメッセージカード
●お礼のメール(イベント開催スケジュールもお知らせします。入場無料なので、入場券の意味合いも持ちます)
●写真家豊田直之撮影額入りオリジナルポストカード(直筆サイン入り、「水育」使用作品6点の中から3点お好きなものをお選びいただき、そのうちの1点を額装します。残り2点のポストカードも一緒に梱包して送ります。額の色はホワイト(マットもホワイト)かブラック(マットもブラック)のどちらかをお選びいただきます。)

支援者
40人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

●お礼のメッセージカード
●お礼のメール(イベント開催スケジュールもお知らせします。入場無料なので、入場券の意味合いも持ちます)
●写真家豊田直之撮影額入り作品(写真面A4サイズ、中性紙使用顔料高精細プリント、直筆サイン入り)1点 作品は「水育」使用作品6点から1点をお選びいただきます。額の色はシルバー(マットはホワイト)かブラック(マットはブラック)のどちらかをお選びいただきます。

支援者
6人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

●お礼のメッセージカード
●お礼のメール(イベント開催スケジュールもお知らせします。入場無料なので、入場券の意味合いも持ちます)
●写真家豊田直之撮影額入り作品(写真面A3サイズ、中性紙使用顔料高精細プリント、直筆サイン入り)1点 作品は「水育」使用作品6点から1点をお選びいただきます。額の色はシルバー(マットはホワイト)かブラック(マットはブラック)のどちらかをお選びいただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする