プロジェクト概要

学び合いを促進するモンスタークエストという教材を教室に届け、学びの革命を起こしたい!

 

初めまして、株式会社スターシャル教育研究所代表の林と申します。今回のプロジェクトは、学び合い学習プログラム「モンスタークエスト」を、一人でも多くの子供たちに届けて、その効果を実感し、教育現場に気づきを広げていくプロジェクトです。

 

今回は小学校や学童、フリースクールにおいて、先生と一緒に子供たちにDVDをインストラクションとして見せながら実施していきたいと考えています。そして学び合いを通して、たくさんの子どもたちに学ぶ楽しさを伝え、「学び」の価値観を変え、感動を与えたいと思います。

 

しかし、「モンスタークエスト」を使った学習を小学校で実施するための費用が足りません。多くの子供に、学ぶ楽しさを伝えるお手伝いをしていただけませんか?

 

 (モンスタークエストを使って学び合う子供達)

 

「モンスタークエスト」とは?

 

モンスタークエストは、わからない問題をモンスターに例え、仲間を探して協力しながら解決して倒していくという、勉強をRPGゲームの感覚で進めることのできる学習プログラムです。教材を使った普段の学習の中にモンスタークエストを取り入れることで、今までの教材をより楽しく!より主体性を持って進められるようにと開発しました。

 

ゲーム形式により、子どもたちは、楽しみながら学習を進めることができ、子ども同士の “協力” “学び合い” 、またわからないことをそのままにせず、自分から聞きに行くような“能動性”を育み社会に出てから必要な生きる力を育てていきます。

 


 今までは、分からない問題や間違った問題には×(バツ)をつけるというのが一般的であったが、モンスタークエストでは、分からない問題や間違った問題を見つけたら、そこにモンスターシールを貼るのです。そしてそのモンスター(分からない問題や間違った問題)を倒すため(解決するため)に友達同士で協力し教え合っていくのです。

 

 今までは、分からないこと=だめなこと、恥ずかしいこと、と思い、分からない問題を隠し続け、それによりどんどん勉強が嫌いなものになっていた子どもたちも、モンスタークエストを取り入れた勉強をすると、お友達と分からない問題を見つける事や、モンスターを倒すことに必死になり、いつの間にか勉強に楽しさを感じ、自ら進んで取り組むようになっているのです。

 

(モンスタークエストを使って難問を解けた子供がとても楽しそうな様子)

 

より多くの小学校で「モンスタークエスト」を実施したい!

 

今まで、小学校、学童、児童館など、計33回実施し、参加者様の意見を参考に試行錯誤を続けながら、様々な場所で実施してきました。現在までで、500人以上の児童が体験しています。一度見ていただけるとわかりますが、子どもたちが本当に楽しく、活き活きと勉強をしています。

 

しかし、まだ一度も実施したことのない学校は、効果を期待しているものの、初回から資金を出すことが厳しく、慎重なため、まだまだ「モンスタークエスト」による学びの楽しさを届けることができていない小学校はたくさんあります。

 

(モンスタークエストを使った子どもたちに実施したアンケートの結果)

 

そこで今回みなさまからご協力いただいた資金をもとに、なかなか予算を頂くことが困難な小学校の100人の子どもたち「モンスタークエスト」を実施していきます!

 

私達はこの思いを実現させ、教室に革命を起こします!

 

モンスタークエストは自ら立ち上げた学習塾がきっかけで誕生しました。

 

自ら学習塾を立ち上げ、多くの中学生や高校生に勉強を教えてきましたが、学習に取り組む意欲が非常に低いということを感じています。生徒の成績が伸びていけば、学習に取り組む意欲も上がるのではないかと思い、丁寧に教えてきましたが、生徒は、「早く高校で遊びたい」「大学へ行って遊びたい」と言うようになり、丁寧に教えれば教えるほど、逆に生徒の自ら学びたい、考えたいという意欲を減らしているのではないかと考えるようになりました。

 

(自ら目標を見つけ、考えて、問題を克服する力を子供達に)

 

生徒の受験指導を丁寧に丁寧にしてしまったことで、かえって、与えられている問題をこなすだけになり、自然と講師に自分の課題や目標を求めるようになってしまいました。また、問題や答えに対して疑ったり、疑問を持ったりすることがなく、入ってきた情報をそのまま鵜呑みにし、丸暗記してテストにのぞむようになってしまいました。さらには、困難な問題にぶち当たると、「これは他の生徒もできない」と考えて、すぐに諦め、簡単な問題をミスなく解けるようにするようになりました。

 

塾や学校に無理矢理すすめられて大学に進学したものの、やりたいことがないため、やる気が出ず、ほとんどの授業をサボって遊んで過ごす。このような大学生が増えてきました。

 

自ら目標を見つけ、考えて、問題を克服する力がほとんど身につかないまま大学に進学し、このままで、本当に社会で必要な人材になれるのだろうか。有名大学に進学することがその子の人生を本当に幸福にするのだろうか。そう考えるようになってきました。

 

(勉強の楽しさを伝えたい)

 

教育の本質を考えた時、学力のみを習得させることや有名大学に進学させることに、疑問を感じるようになり、受験指導を、「単なる丸暗記の作業」にしてはいけない、「勉強」というものを通じて、しっかりと課題を自分で発見し、自ら考え、他者と協力しながら課題を解決していく力を養うものにしなければならない、と考えるようになりました。


また、それを幼いうちに、いかに身につけておくかが大切で、「勉強」というものを、今後も続けていけるように、もっと楽しく、もっとエキサイティングに感じてもらうことが大切だと考えました。そう考えて創り上げてきたのが、「モンスタークエスト」というプログラムです。

 

現在、増加しつつある“勉強難民”に勉強の楽しさを感じてもらいたい。

 

“勉強難民”とは、学習意欲が持てず、自らの学習に対しての自己管理能力が育たない子どもたちのことである。なぜそんな勉強難民が増えているのか。それは勉強に対する子どもたちの「分からない!」「つまらない!」が原因である。この「分からない」「つまらない」を同時に解決することができれば、子どもたちに残るのは「分かる」「できる」「やりたい」という情熱。「分からない」と「つまらない」という気持ちを同時に解決し、勉強も遊びのように夢中になりどんどん進めたくなる、そんな学びの価値観を変えたいと思っています。

 

(一緒に問題を解きましょう!)

 

「モンスタークエスト」を体験した子どもたちを見て分かったことは、どんなに勉強が苦手で大嫌いな子でも、心の中では「分かるようになりたい!」「問題を解けるようになりたい!」という気持ちを持っているということです。


そんな子どもたちの純粋な気持ちにこたえ、子どもたちを悩ます「分からない」「つまらない」を解決するために、私たちは一人でも多くの子どもたちに「モンスタークエスト」を体験して頂き、勉強の楽しさや喜びを感じてもらいたいと思っています。


(分からない問題を解けました!楽しい!)

 

自ら楽しく学び合う!

 

今までに学童やフリースクール、児童館、小学校等様々なところでモンスタークエストを実施してきました。そこで、モンスタークエストを体験した子どもたち、その保護者の方々、以下のような意見や感想を頂いています。

 

●子どもたちの感想
・わたしはモンスタークエストをやってから算数がこんなに楽しいことをしった(小3、女)
・教えていると自分の考えが広がった気がした(小6、女)
・頭がいいのはわからないことがないことだと思っていたのに、わからないがあることはいいことだとわかりました(小3、女)

 

●保護者の方からの感想
・「勉強キライ」って言っていた子たちが楽しそうにやっていたのが印象的でした。
・ボクの時代にこんな勉強をしていればよかった!!
・普段は勉強をいやいややっている子どもたちが、自分たちから進んでペンを動かす姿を見て驚きました。すごくいい方法だと思います。

 

このように、もっと多くの子どもたちに勉強の楽しさを感じてもらいたい!
そんな強い思いから、準備資金を集めるためにReadyForに挑戦させていただきました。

 

【現在までの活動事例】


・「第8回キャンパスベンチャーグランプリ」中部地区ビジネス部門 大賞
・「第7回キャンパスベンチャーグランプリ」全国大会ビジネス部門 審査委員会特別
・復興支援団体「愛ちから」主催ウィンターキャンプで実施(http://ameblo.jp/i-aichikara/entry-11161329208.html
・グリーンズ取材(http://greenz.jp/2012/05/05/monsterquest/
・内閣府地域社会雇用創造事業(ETICソーシャルベンチャーマーケット100人の社会起業家に選定)(http://startups.etic.or.jp/archives/1122/
・内閣府「青少年問題調査研究会」講師
・名古屋市立神の倉小学校トワイライトスクールで実施(2012年7月/12月)
・瀬戸市立八幡小学校で実施(2012年10月/2013年3月)
・モンスタークエストブログ(http://monsterquest.blog.shinobi.jp/

 

「モンスタークエスト」のPR動画です!
勉強に取り組む子どもたちの様子をぜひご覧ください。

 

Facebookページもありますので、ぜひ「いいね!」ボタンを押してくだ さい!
https://www.facebook.com/monsterquestgame

 

引換券について

 

◆御礼メッセージカード


◆実施状況報告書

「モンスタークエスト」に参加した子どもたちや保護者の方の参加状況などを記した報告書。

 

◆リーフレット

 

◆わからんモンスターシール(4体)
  モンスタークエストに登場するキャラクターシール。

 (イメージ:画像のモンスターが配布されるとは限らないので、ご了承ください)


◆モンスタークエスト活動書

「モンスタークエスト」に参加した子どもたちや保護者の方の声、アンケート分析結果など、実施状況報告書に加えて、さらに詳しい成果を記したもの。

 

◆プレミアムカード

 「モンスタークエスト」の学習の中で使う「白馬の騎士」カードをプレゼント。

 

◆実施会場への見学ご招待券(1回分)
  子どもたちが実際に楽しく勉強に取り組んでいる姿を小学校や学童で実際に見学することができます。実施場所までの交通費は各自負担となります。


◆イベントの様子DVD(2時間)

 実際に子どもたちが「モンスタークエスト」をつかって勉強に取り組んでいる姿を2時間たっぷりまとめたDVD。

 

◆ウェブサイトへお名前と一言メッセージの掲載


◆「モンスタークエスト」児童用の教材セット一式

 新しい学習プログラム「モンスタークエスト」の教材、子ども一人分を一式プレゼント。

 

(イメージ)


◆支援者様の指定場所で実施

ご支援していただいた方の指定された場所で「モンスタークエスト」の出張体験会を実施します。日程は、支援者様のご希望をお伺いし調節します。(2時間講座)

※お近くの実施場所を紹介します。実施場所までの交通費は各自負担となります。


最新の新着情報