今回のマスタートラベラーズカメラバッグでは究極の3WAYシステム、古民家型の収納システム、インアウトボックスと全く新しい3つの構造で多様なシーンへの対応、超効率的な収納、容量の調整にアプローチしましたが先日ふと第4のアプローチの解決策を思い着いたのでさらにカメラバッグを進化させるために埼玉から兵庫まで出張に行ってきました。

先週の日曜日に出張に行ったのですが羽田からの飛行機が強風で飛ばず欠航になったため片道11時間かけて車、電車、新幹線、電車、車を乗り継いで豊岡まで行ってきました。しかも大雪で靴の中が常に水面下という大変な目に合いましたがまた新しい機能が生みだそうというパッションでどうにかなりました。

 

 

エイトサンプルが完成しましたらテストを行い使い心地が良ければプロジェクトページで新機能を発表して仕様の追加を行いますので、既にお申込をいただいている皆様には新しい機能を楽しみにしていただけると幸いです。

 

◆【先によく寄せていただけそうな質問を予測して回答します】

Q:新しい機能で外観は変わりますか?

A:変わりませんのでご安心下さい。内側にパーツを追加するので重さは数十グラム程度増えると思います。

Q:何に対するアプローチですか?

A:バッグを背負う、降ろす時にすごく効果を発揮します。

 

 

 

 

新着情報一覧へ