プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

先月よりスタートしたプロジェクトが9月30日にみなさまからのあたたかいご支援をいただき、残り期間10日を残し、目標の50万円を達成することができました。ご支援くださいました皆様に心より感謝申し上げます。

 

今までご縁があった方だけではなく、このプロジェクトをきっかけに、弊社の活動を知り、共感していただいた方と新たな繋がりが広がったことを大変嬉しく思っております。

 

クラウドファンディングに挑戦する時点では、皆様にどの程度のご共感をいただけるのか不安でした。

ご共感いただけずプロジェクトが成立しなければ、計画自体の見直しもやむなし、とも考えておりました。

 

しかし、予想を超えたご共感とご支援をいただき当初の目標を達成することができました。

 

そして今、着々と準備が進む中で、最後の目標としてネクストゴール60万円を目指すことを決めました!

 

ネクストゴールを達成することで、膨れつつある準備費用の補填や、子どもたちのおままごとキッチン、絵本用の本棚、感染症対策としての空気清浄機、など内装設備を充実させていくことができます。

 

まだまだ、理想とする『保育園の枠を飛び出した、親子で来れる園』の実現には、皆さんのご支援と共感が必要です。

皆様の温かい応援と励ましのお言葉を、これからの活動のエネルギーの源として、スタッフ一丸となって素敵な保育園の開園に向けて頑張っていきたいと思います。

どうか期間内最後まで、引き続き応援のほど引き続きよろしくお願いします。

 

2018.10.2 株式会社セカンド・ステージ代表取締役 伊藤慎吾

 

 

こんにちは 代表の伊藤と申します

 

【子どもが生まれたから、保育園を創りました!】

 

16年前の26歳の時、脱サラしてカイロプラクティックの道へ・・・

そして子どもが生まれたことがきっかけで、我が子だけでなく世の中の子どもにも「共感・肯定・承認」する大切さを提供したく、36歳で一つ目の保育園「もりのくに国際幼保園」を創りました

 

現在、二園目の『保育園の枠を飛び出した親子で来れる園』計画に全力投球中!

 

 

26歳の時、カイロプラクティックを志し会社を退社して修行の道へ
28歳の時、カイロ院独立開業


数年後、週休2日半、一日実働6時間で十分な年収を得られる環境を作る

求めていた”時間とお金を両立した環境”を手に入れることができたが、そこで目指すものを見失ってしまう・・・

どこに向かうわけでもなく惰性で2年間過ごす中、息子が誕生

これまで心理学も学んできた中で、3歳までの環境が子どもの成長にいかに大切かを知る

(”三つ子の魂百まで” →3歳までの環境で人格の99%が形成されるという意味です)

 

この大切なことを我が子に提供するのはもちろん、世の中の子どもにも提供したい!という気持ちが大きくなり、考え始める・・・

 

そして保育園ということに行き着き、保育園を創ることを志しました

この瞬間、頭のパズルがはまった! 

目指すものが見つかった!

 


幾多の壁を乗り越えて2013年、37歳の時、保育園の開業にこぎつける

が、立ち上げに大失敗・・・ 開園時、園児はなんと0人・・・・

完全に自分の準備不足でした

個人事業のカイロと、企業の経営とは全く違うことを思い知らされ、改めて経営の勉強に取り組む

 

しかし収入は1円も無く、毎月100万出ていくだけ・・・ 家族にも相当な苦労をかける・・・

資金の用意のために、会社で更に借金、個人名義でも借金、大切にしていた愛車も手放しました


精神的、肉体的、経済的にこれまで経験したことがないくらいの苦労時期が2年間続きました・・・


この時、人が自分で命を絶つ時がどんな時か分かる経験もしました

しかし、スタッフ達や助けてくれる人達とのご縁もあり、苦しい時期を乗り越え、おかげさまで今では定員満員の状態にまでなんとかこぎつける

 


そして、今度は子どもの成長には一番身近な親が大切なことに気付き、親へのコミュニケーション・支援をしたい想いで、~保育園の枠を飛び出した、親子で来れる園~というコンセプトで、『もりのくにHAPPY親子園』という今までにない新しい園の準備に取り組む

2018年11月、開園予定!

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 

『保育園の枠を飛び出した、親子で来れる園』

 ~子どもの成長はもちろん、子育てママパパの成長・支援できる園~

 

『もりのくにHAPPY親子園』の目的を簡単に言えば
子どもの成長はもちろん、子育てママパパの成長・支援できる園 です。

 

そのために1つの建物の中に


①保育 
②子連れで来れるカフェ
③子育て応援ルーム
(育児に役立つ情報提供や、皆さまが様々なスキルを披露できる場の提供等ができる多目的ルーム)

3つがある複合施設になります。

 

前例のない施設なのでイメージがしづらいかもしれませんね

 

 

 

子どもの成長のためにママパパの成長、支援をすること

①世の中に幅広く3つのクレド(共感・肯定・承認)を発信し、親の子育て力を育む!

②子どもはもちろん、子育てママパパも楽しめる場所を創る!

③親がHAPPYになれば、子どももHAPPYになり、笑顔のHAPPY家族を創る!



もう少し詳しくお伝えすると・・・

・親子で安心して行けるカフェ
・同じ子育てママパパの友達ができる機会
・子育てママパパの息抜きができる場所(お一人様も歓迎!)
・子どもへの良い言葉がけ、接し方が自然と知れる
・ママパパのスキルを披露できる場所(子育て応援ルーム)
・共感、肯定、承認 ⇒『褒める』保育
・子どもの園生活を親も見られる

になります。

言葉だけではイメージがつきにくいかもしれませんが、この園に私の夢がぎゅんぎゅんに詰まっているんです


さて、ではなぜ、そんな施設を創ることにしたのか!?!? を詳しくお話すると・・

一言で言えば
”子どもの成長には、やはり一番身近な親が大切”

ということに気づいたからです。


話は遡り5年前に、
~英語とマナーを遊んで学べるプリスクール幼保園~ 『もりのくに国際幼保園』
happy--kids.com/
を開園し、こんな光景をみかけました

 

 



園では活き活きした笑顔で過ごしている園児たち。


しかし、ママが迎えに来た途端に笑顔が消え、真顔になってしまう子どもがいました・・・・・・。

 

どういうことかというと、親の前で自分を出せないということが分かりました


そして感じました。
「やっぱり子どもの成長に大事なのは、一番身近な親なんだ・・・」と。




園ではスタッフ達がしっかりしているので、良い子が育っていってくれていると私は思っています。
(ちなみに良い子の定義は親にとって都合の良い子ではなく、素直・元気・感情表現が豊かな子どもと考えています。)


しかし、園生活の中でそんな子に育ったとしても、一番身近な親が子どもにとって大事なことを知らないと、転園や卒園した場合、子どもは元に戻ってしまいます・・・

これではいけない!
その時感じました 親に対してのコミュニケーションが必要だな、と。


ですから親子園では、ママパパにレクチャーという大げさなものではなく、
子どもに対して大切な接し方、言葉がけを自然と知れる場所を作りたい。
更に、育児に悩んでいたり行き詰っているママの支援、息抜きの場を提供したい。

そんな想いから親子園のコンセプトが生まれました。

 


でも、そんな発想が生まれても、具体的にどんな園にしたらいいのか????
難しい・・・・

私は尾木ママのような評論家でも講師でもなんでもないので、講演やセミナーをしたいというわけではありません。
ママ達が楽しみながら、自然と大事なことを吸収していく場所にしたい。

それを何か月も何か月も考え、様々な方面のプロフェッショナルとも打ち合わせを重ねながら少しづつ形になってきています。

 

 

そしてまとまったのが


①保育 
②子連れで来れるカフェ
③子育て応援ルーム
(育児に役立つ情報提供や、皆さまが様々なスキルを披露できる場の提供等の多目的ルーム)

の3つ

この中に『共感・肯定・承認』の大切さを知ってもらう仕組みを創っていっています。

 

シンプルに言い換えると

 

①共感 →そうだね

②肯定 →大丈夫

③承認 →いいね! 

 

しかし、この信条を実践することは何か悩みました・・・

具体的に何をすればいいんだ・・!?

 

行き着いたのはシンプルでした

 

 

『褒める』 ということ

 

 

しかし外見を褒めるのではありません

 

”頑張った行動を認めること” これが親子園の褒めるの定義
これなら全てのママパパや子どもに共通して褒められます

 

育児って毎日毎日頑張っていること

そんなママパパを労って褒める 褒められる大切さを実感して頂く

そして子どもを褒める大切さに気付いてほしい

 

そんな場所を創ります!

 


まだまだ決めることは山盛り・・・

慎重に慎重に、そしてワクワクしながら進めています。

 

 

新しい施設の場所は、こんなところ

 

オープン時期:2018年11月

場所:三重県四日市市天カ須賀4丁目225-1

https://goo.gl/maps/BvkgqRFxYN92

 

完成間近!

 

 

【子どもたちが使う木製の机や椅子を用意したいんです!!】

 

なぜ皆さんにクラウドファンディングをお願いするかと言いますと、

一言で言えば資金が足りていないからなんです・・・。。。

 

正直なお話をしますと、建築資金が予定より大幅に上回ってしまいました。

それでも予算内に収めるよう、毎日のようにメンバーで相談し進めています。

 

絶対必要なものではく、あるといいなというものは削る。

後でもできるものは後回しにする 等々

 

しかしスタッフとお客さまに”必要なもの”は手を抜けません。

 

そしてまとまってきたことを実現するために、資金が200万ほど足りていないのが正直なところなんです。。。

 

事業計画が甘い!と言われればその通りかもしれません。 私、代表伊藤の不徳の致すところです。

 

上記のように資金は不足していますが、その中の一部でどうしても手を抜きたくないことの一つが、子ども達の木製の椅子や机なんです。

 

 

子ども達が生活する空間には、様々な素材でできたものが溢れています。
しかし、その中には化学物質が多用されているおもちゃや家具などもあり、子ども達の小さな身体に少なからず影響を与えてしまっていることはご存知でしょうか。

シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドは、長時間吸い続けることで体調が悪くなったり、アレルギー症状を引き起こしたりする可能性があるといわれています。
育ち盛りの子ども達が安心して伸び伸びと過ごすことができる空間を作るために、親子園ではこれらの化学物質を含まない木製の園児用家具の設置をしたいと考えています。

木製の家具には、スチール素材やプラスチック素材などにはない落ち着いた温もりがあります。その独特な雰囲気が、子ども達に安らぎを与えて優しい心を育むことに繋がります。

もりのくにHAPPY親子園では、そのコンセプトに<もり>を掲げていますので、園の外観、内装、家具などにも随所に<もり>を意識しております。
 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 

くどいようですが目的は・・

 

子どもの成長のためにママパパの成長、支援をすること

①世の中に幅広く3つのクレド(共感・肯定・承認)を発信し、親の子育て力を育む!

②子どもはもちろん、子育てママパパも楽しめる場所を創る!

③親がHAPPYになれば、子どももHAPPYになり、笑顔のHAPPY家族を創る!



その目的を達成するための施設が、<もりのくにHAPPY親子園>です。

”褒める”ことで親子、更に夫婦関係が良くなり、笑顔のHAPPY家族を創る 日本中にこの想いを広げていきます。

 

今回のプロジェクトは、そのためのはじめの一歩。どうかご協力をお願いします

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 

 

Readyforでのご支援者限定の、もりのくにHAPPY親子園のご利用優待チケット・オリジナルTシャツです!

 

今回ご支援いただいた方には、

・THANK YOU レター

・親子園施設とHPにてご芳名を記載(希望者のみ)

・もりのくにHAPPY親子園の育児カフェ<カフェおやこのもり>のご利用チケット

・もりのくにHAPPY親子園のロゴ入りオリジナルTシャツ

・もりのくにHAPPY親子園の体験保育チケット

をお届けいたします。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

<カフェおやこのもり>のご利用チケットは、ご支援いただいた金額にあわせ、ご来店時に使えるギフト券をご用意いたします。店内でのご飲食にご利用いただけます。

 

また、感謝のお手紙を同封させていただきます。本来ならば、お一人お一人に直接お礼を申し上げたいのですが、書面にてご容赦ください。

 

ご希望の方には、親子園施設とHPにてご芳名を記載いたします。ハンドルネームや企業様のお名前も可能です。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

<本プロジェクトの実施につきまして>

2018/11/1までに椅子を購入し、

複合保育施設(もりのくにHAPPY親子園)をオープンしたことをもって、

プロジェクトを終了とする。


最新の新着情報