これすべてが捨てられてしまうはずだった廃棄野菜

 

県内の農家では、すでに地元飲食店であったり県外の飲食店と直売契約をして、収入を得ている方も増えてきています。昨今のインターネットを活用してブログに掲載したり、知り合いを通じて販売ルートを確保しています。

 

ですが、お互いが辿り着くには「時間」が掛かってしまうのが現状です。飲食店経営者や料理人の方に見つけてもらえるのは、むしろラッキーとも言えます。また、すべての農家でインターネットに情報を掲載している訳でもありません。高齢化が進む中で、情報提供をされているのはほんの一握りの農家だけです。

 

 

この可能性を高めるのが、今回のプロジェクトです!

 

 

「農家の方」や「料理人(飲食店)の方」が、

・ここを見れば、情報が提供されており

・ここを見れば、お互いの条件で直売契約ができる

という単純明快な『農作物の出会いの場』を提供していきます!!

 

作りての農家さんの顔や、農作物の紹介ページを実際に現地にお邪魔して取材しサイトに掲載。1農家さんに対して1ページの掲載内容を想定しています。インターネットだけでは見えない・発見できない農家さんの魅力も伝え、農作物に対する愛情なども加えてアップすることで、インターネットを活用できない方でも気軽に愛情込めてつくった農作物をご紹介していただけるものとなりますし、飲食店側も生産者の顔がみえることで、さらに長野県産の野菜に安心という付加価値や自信をもって提供することができるようになります。

 

「味」はかわらないので廃棄野菜が見事な料理に

 

新着情報一覧へ