障害や病気と闘う子ども達へ長屋さんの絵本で笑って生きる術を伝えたい

障害や病気と闘う子ども達へ長屋さんの絵本で笑って生きる術を伝えたい

支援総額

3,028,000

目標金額 1,500,000円

支援者
213人
募集終了日
2024年5月22日

    https://readyfor.jp/projects/nagayaehon?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note
2024年05月10日 09:00

絵本を届けることの大切さ

 

皆さまこんにちは。
いつも応援・ご支援本当にありがとうございます。
絵本作家の保科琢音です。

今回は絵本が完成したその後のお話を、シッカリとお伝えしておきたいと思います。

絵本を届けることの大切さ

今回ぼく達が挑戦しているように、「絵本をつくりたい!」というクラウドファンディングはよく目にしますし、実際かなり多いと思います。

どのクラウドファンディングもテーマや目的は素晴らしいですが、ほとんどのゴールが「絵本をつくったら〇〇へ寄贈します」といったもの。


この「寄贈」という行為が、必ずしも喜んで頂ける行為にはなっていないこと。

皆さまは知っていますか?

ぼくは絵本作家となり10年が過ぎました。
絵本作家になる前は図書館職員として公共図書館に10年間勤めていました。

図書館には「寄贈」という名の本がほぼ毎週のように送られてきます。
絵本だけではなく様々な種類の本が「寄贈本」として届きます。

送り主のほとんどが寄贈すれば「タダで本が送られてくるのだから図書館は棚に置いてくれるだろう」と思っています。

それは大きな間違いです。

図書館にも書棚の限界はありますし、そもそも選定もしない本を闇雲に蔵書しません。
素晴らしい本は有難く蔵書させて頂くことはありますが、なかには「ん?」というような本も正直あります。

ぼくの経験上、寄贈本の半数以上は蔵書することになりません。

そういった寄贈本はそのままリサイクルへ回されます。

なんの関係性もないどこの誰かも解らないひとのつくった本は、寄贈されたとしても必要がないことがほとんどである。ということが事実なんですね。

これは図書館に限らず、寄贈本が送られてくる施設等で多かれ少なかれある現実だと思います。

 

一冊一冊を大切に

 

だからこそ、今回ぼく達がこのクラウドファンディングを通してつくる絵本は、そういった寄贈は絶対にしません。

正確に言えば、絵本を寄贈させて頂く場合は事前に関係性をシッカリと構築し、ご縁が繋がった場所へお送りさせて頂きます。

皆さまからご支援頂きつくることが出来る絵本。


だからこそ、一冊一冊丁寧に届けていきます。

絵本はつくっておしまいではありません。

届けるところまでが大切です。

 

絵本「ジーンズをはきたい!」が本当の意味で必要とされる場所へ、必要としてくれるひとへ、届くように準備をしていきます!!

 



クラウドファンディングも早いもので残り10日間となりました。
引き続きネクストゴールへ向け挑戦を続けております。

引き続き皆さまの応援・ご支援・拡散をよろしくお願い致します!!

 

リターン

3,000+システム利用料


alt

お気持ちコース【保科と長屋からの感謝のメール】

・保科と長屋からの感謝のメール

支援者
60人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

10,000+システム利用料


絵本ジーンズをはきたい!お届けコース【保科のサイン入り絵本1冊】

絵本ジーンズをはきたい!お届けコース【保科のサイン入り絵本1冊】

・ジーンズをはきたい!保科のサイン入り絵本1冊
・保科と長屋からの感謝のメール

支援者
116人
在庫数
21
発送完了予定月
2025年3月

10,000+システム利用料


alt

応援コース【保科と長屋からの感謝のメール】

・保科と長屋からの感謝のメール

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

15,000+システム利用料


ジーンズをはきたい!プラスワンコース【ジーンズをはきたい!+保科の絵本4タイトルのうち1冊を選んで計2冊】

ジーンズをはきたい!プラスワンコース【ジーンズをはきたい!+保科の絵本4タイトルのうち1冊を選んで計2冊】

・ジーンズをはきたい!保科のサイン入り絵本1冊
・保科のサイン入り絵本4タイトルから1冊をお選びいただきます
・保科と長屋からの感謝のメール

支援者
5人
在庫数
195
発送完了予定月
2025年3月

30,000+システム利用料


絵本たっぷりお届けコース【ジーンズをはきたい!+保科の絵本4タイトル計5冊セット】

絵本たっぷりお届けコース【ジーンズをはきたい!+保科の絵本4タイトル計5冊セット】

・ジーンズをはきたい!保科のサイン入り絵本1冊
・保科のサイン入り絵本4タイトルを1冊ずつ
・保科と長屋からの感謝のメール

支援者
9人
在庫数
191
発送完了予定月
2025年3月

100,000+システム利用料


絵本ジーンズをはきたい!協力者コース【絵本の協力者様としてお名前/企業名を掲載】

絵本ジーンズをはきたい!協力者コース【絵本の協力者様としてお名前/企業名を掲載】

・絵本ジーンズをはきたい!の奥付にお名前もしくは企業名を掲載
・掲載が不要の場合は「不要」と記入お願いします。
・ジーンズをはきたい!保科のサイン入り絵本1冊
・保科のサイン入り絵本4タイトルを1冊ずつ
・保科と長屋からの感謝のメール

支援者
12人
在庫数
18
発送完了予定月
2025年3月

200,000+システム利用料


保科の読み笑わせイベントコース【絵本と紙芝居の参加型イベント+絵本ジーンズをはきたい!1冊+保科の絵本4冊】

保科の読み笑わせイベントコース【絵本と紙芝居の参加型イベント+絵本ジーンズをはきたい!1冊+保科の絵本4冊】

・子どもは勿論、大人も楽しめる保科の絵本と紙芝居の読み笑わせイベントを出張開催します

※個人、施設、団体様に出張いたします
※出長旅費も込みの価格となります
※有効期限:発送予定月より1年

・ジーンズをはきたい!保科のサイン入り絵本1冊
・保科のサイン入り絵本4タイトルを1冊ずつ
・保科と長屋からの感謝のメール

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2025年3月

250,000+システム利用料


保科の落語会コース【義足と障害を題材にした創作落語の披露+絵本ジーンズをはきたい!1冊+保科の絵本4冊】)

保科の落語会コース【義足と障害を題材にした創作落語の披露+絵本ジーンズをはきたい!1冊+保科の絵本4冊】)

・子どもは勿論、大人も笑える保科の落語会を出張開催します

※義足と障害がテーマの創作落語を含む二席をご披露
※個人、施設、団体様に出張いたします
※出長旅費も込みの価格となります
※有効期限:発送予定月より1年

・ジーンズをはきたい!保科のサイン入り絵本1冊
・保科のサイン入り絵本4タイトルを1冊ずつ
・保科と長屋からの感謝のメール

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2025年3月

300,000+システム利用料


保科の絵本創作ワークショップコース【絵本や紙芝居がつくれる体験型イベント+絵本ジーンズをはきたい!1冊+保科の絵本4冊】

保科の絵本創作ワークショップコース【絵本や紙芝居がつくれる体験型イベント+絵本ジーンズをはきたい!1冊+保科の絵本4冊】

・絵本や紙芝居のつくり方を絵本作家が直接教える体験型ワークショップを出張開催します

※個人、施設、団体様に出張いたします
※出長旅費も込みの価格となります
※有効期限:発送予定月より1年

・ジーンズをはきたい!保科のサイン入り絵本1冊
・保科のサイン入り絵本4タイトルを1冊ずつ
・保科と長屋からの感謝のメール

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2025年3月

350,000+システム利用料


長屋さん保科さんと遊ぼう!SDGsワークショップコース【絵本ジーンズをはきたい!1冊+保科の絵本4冊】

長屋さん保科さんと遊ぼう!SDGsワークショップコース【絵本ジーンズをはきたい!1冊+保科の絵本4冊】

・SDGsをテーマに遊んで学ぶ体験型ワークショップを出張開催します
長屋と保科による対談講演/保科による絵本ジーンズをはきたい!披露/ジーンズを作る際に残ったデニムや様々な布のはぎれを使って長屋や保科と一緒にコラージュ作品を制作するといった内容です

※個人、施設、団体様に出張いたします
※出長旅費も込みの価格となります
※有効期限:発送予定月より1年

・ジーンズをはきたい!保科のサイン入り絵本1冊
・保科のサイン入り絵本4タイトルを1冊ずつ
・保科と長屋からの感謝のメール

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2025年3月

記事をシェアして応援する

    https://readyfor.jp/projects/nagayaehon/announcements/323401?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る