いっつも私しか投稿していないから「ほんとにほかのメンバーはいるのか?」と怪しまれないかとびくびくしている、なにいろ工房の黒井です。

 

なにいろ工房は、平成27年4月6日に、設立しました。

あ、銀行口座を作ったってだけですが。仲間としては、

昨年の9月くらいから、月に1-2度、対話を重ねてきました。

あ、H27.4.6。746。なよろの日に口座つくったんです。

 

そんなわけで、今日はメンバーの紹介を、私、黒井視点でさせてもらいます♪

 

 

一番左は、私ですね。

髪の毛は天然パーマです。

東京で働いていた14年、どんなにエライ人に会おうとも、このもじゃもじゃ頭を貫いていたわけですが、

北海道の地ではインパクトがありすぎるようなので、最近はまとめていることが多いです。

 

◆柴田時計店の由美子さん◆(左から2人目)

 

名寄の商店街の女性部で活躍している柴田時計店の由美子さん。

昨年名寄にUターンしてきた私は、私は彼女に出会って初めて

「ああ、私は名寄でなにか楽しいことができるんだな」と安堵しました。

 

地域をテーマに動くとき、必ず言われる「キーマンを探せ」。

 

ヨソモノワカモノバカモノに必要なキーマンは、行政マンとか偉い人とか政治家とかではありません(その人達ももちろん大切ですが)。

キーマンは、その地域で、10年以上コツコツと街のために活動を続けている人です。由美子さんは、そんな人。そして、めっちゃ先見の明があって実行力があります。

 

◆隣町、下川町の洋服屋の薫さん◆(左から3人目)


注目度急上昇中の今の下川町を築いた、立役者の一人だと思います。

彼女との出会いはちょっとしたレセプションパーティーで、「なんだかすごい動いている人いるな、あの人とは仲良くなりたいな」と声をかけたのがきっかけ。

 

すぐにご飯を食べにいって、薫さんにもあー、理恵ちゃん帰ってくるの、私、待ってたわっ」と言ってもらって。

 

この半年、彼女が名寄で仕掛けた新しいアレヤコレヤのお手伝いをして、薫さんのプロデュース&ディレクション力に脱帽している毎日です。なんでそんなになんでもできるんですか???

イラストまで描けちゃうのです。また今度、こちらに載せますね!

 

◆文房具屋「名文堂」の珠代さん◆(右端

 

由美子さんと一緒に、商店街の女性部で活躍しています。

いつも控えめで(他のメンバーが強すぎるためw)、でもお金の話やつながってほしい人のコーディネートを丁寧にしてくれます。

 

お金の管理や、助成金の申請などは、もう珠代さんにおんぶにだっこ状態に入ろうとしています。

商店街の中でもいろんな仕掛けをディレクションしているので街の勘所がわかる人。

 

そして、4人のお子さんを持つ母として、街にいる若いママたちの憩いの場所を作りたい、支えたい、という強い想いを持っています。

 

 

 

こうやって見ると、私以外はみんな10年以上、こういう活動を地元で続けている人なんです。私、すごい恵まれています。

 

銀行口座を作った日、私、こんな風にFacebookに書き込んでいます。

★★★
今日、銀行で、一人で受付に座って口座ができるのを待っていたら、じんわりと

「ああ、これから楽しいことが始まるんだ」とわくわくしてきました。

これから、どうぞみなさま、名寄の人もそうでない人も、

よろしくおねがいします。

★★★

 

新着情報一覧へ