こんにちは、星祐希です。

 

多くの皆さんからご支援いただき、ありがとうございます。

 

先日、私たちアスココと同じく、閖上地区で海浜植物の保全活動をされている皆さんの活動を見学させていただきました。

 

閖上地区の海浜植物の様子

 

宮城県の絶滅危惧種になっているハマボウフウを中心に、震災を乗り越えて浜に残った海浜植物をハマボウフウ保護区として保護育成していらっしゃり、その活動の様子を説明していただきました。

 

ハマボウフウ

(ハマボウフウが困難を乗り越え、元気に育っています!)

 

その後、名取市の植松入生(うえまついりゅう)仮設住宅団地へ移動し、海砂花壇を見せていただきました。
閖上の浜から砂を運んでそこに海浜植物を植えた花壇です!

植松入生仮設住宅団地の海砂花壇

ハマボウフウやハマギクなど花をつける植物もたくさんあり、慰霊碑空間の花壇づくりの参考になる良い体験になりました。

 

今後も東日本大震災の慰霊空間を緑でいっぱいにできるように頑張ってまいりますので、引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ