READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

コスタリカコーヒー輸入で障害のある人々の自立を支援したい!

大島愛

大島愛

コスタリカコーヒー輸入で障害のある人々の自立を支援したい!

支援総額

1,462,000

目標金額 700,000円

支援者
168人
募集終了日
2020年11月30日
168人 が支援しました
五十嵐 由貴
五十嵐 由貴さんが23時間前に支援しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録
9人がお気に入りしています

9お気に入り登録
9人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

<目標達成のお礼とネクストゴールへの挑戦> 

2020.11.1追記

この度、皆様の暖かいご支援のおかげで目標金額を達成いたしました!!

 

皆様のご支援心より感謝申し上げます。

引き続きNEXTゴール120万円に挑戦いたします。

今後いただいたご支援は、コーヒーのさらなる販売促進および拡大の為のPR活動、イベント出店費用等として大切に活用させていただきます。引き続きの応援をよろしくお願いいたします!

 

 

●自己紹介●

 

 初めまして!NatuRica代表の大島愛です。私は2016年から2018年までJICA青年海外協力隊として2年間コスタリカで活動していました。そこで出会った障害者グループの支援をしたく、共にコスタリカで協力隊として活動した仲間の協力を得て、コーヒー輸入事業を立ち上げることにしました。

 

 

 

 中米・コスタリカには、障害を持つ人々が主体的に運営し、障害者の自立を支援するサービスや商品を提供する「モルフォ」という団体があります。彼らは、障害のために引きこもりがちな人々をインスパイアし、多くの障害者の自立した生活を支援してきました。彼らの活動により、障害者に介助者を派遣する法律までできました。

 

 しかし、10年以上彼らの活動の支えになっていた日本のJICA(国際協力機構)からの援助があと2年で無くなってしまいます。JICAからの援助が終わった後も活動を続けるためには、持続的な収入源が必要です。

 

 そこでモルフォが以前から不定期で行っていたコーヒーの輸出プロジェクトをサポートし、さらに規模を拡大するために私たちはコーヒー輸入事業を始めることにしました。

 

 もちろん、モルフォの活動をサポートしたい!という気持ちが一番ですが、同時に美味しいコスタリカコーヒーを日本の皆さんにも飲んでほしい!という思いもあります。

 

コスタリカの障害を持つ人々が自分らしく生きられるよう、ぜひご協力をお願いいたします。支援頂いた方には新鮮で美味しいコスタリカコーヒーをお届けします!

 

 

 

●障害者の自立を後押しするモルフォセンターの活動●

 

 中米に位置するコスタリカは、常備軍を持たない平和国家として知られています。熱帯の気候と多くの火山のため、小国ながら地球上の生物種のうち5%が生息すると言われ、エコツーリズムを楽しめる観光地として人気があります。また、品質の高いコーヒーを生産する国として、日本でも近年注目されています。

 

    

Crazy 無料素材ダウンロード  より引用(https://www.crazy-tutorial.com/ja/64687.html

 

 「モルフォセンター」はコスタリカ南部にある障害者の自立生活センターです。

現在、日本の自立生活センター・兵庫県にあるメインストリーム協会とJICA(国際協力機構)が協力し、モルフォセンターの運営を支援しています。

 

  モルフォセンターでは、身体障害のある人々が地域コミュニティで自立した生活ができるよう、障害者についての理解を広める啓発活動、介助者の養成、車椅子の修理や車椅子クッションの作成などを行っています。

 

  活動成果の一つとして、2016年に「障害者に介助者を派遣する法律」が制定されました。これはコスタリカ社会の発展にとっても大きな一歩であり、現在はコスタリカ全土での介助者派遣の実現に向けて活動に取り組んでいます。

 

 また、モルフォの取り組みは他の中南米諸国からも注目されており、エクアドルやボリビアなどでも研修や講演を行うなど、『障害者の自立』という考え方を各国に広めています。

 

 

車椅子用のクッションを作成しているところ

 

 

 

車椅子を修理をする様子

 

 私達は青年海外協力隊としてコスタリカに派遣されていた時に彼らに出会いました。そして彼らの行っているプロジェクトを間近に見てきました。

 

「障害があっても自分の意思で生きていける。

一人暮らしもできるし働くこともできる。

さぁ外に出て自分の人生を歩もう。」

 

という彼らのメッセージと、それを行動で見せていく彼らによって、ほとんど喋らず家で引きこもりがちだった人々が、とても明るく元気になり、様々な活動に精を出していく姿も目の当たりにしてきました。

 また、「寝たきりで外に出られない重い障害の人たちも、外に出られるよう支援したい」という彼らの使命感に感銘を受け、日本からも彼らの助けになりたいと考えました。

 

 介助者研修に参加

 

 

 

デルバジェのコーヒーを運ぶところ

 

 

研修会の様子

  

 

 

●みなさんに支援していただいた資金は、今後コーヒー輸入事業を行っていくための運営資金とさせていただきます●

 

 モルフォの活動にはJICAが10年以上に渡り技術協力支援をしていましたが、2年後にはプロジェクトが終了し、主な活動資金が途絶えます。

 今後モルフォセンターが活動を続けていくには、援助以外の収入源が必要です。

 

 私たちは、今までメインストリーム協会がモルフォセンターと行ってきたコーヒー事業を引き継ぎ、モルフォセンターの人々が持続的に収益を得られるよう支援したいと考えています。

 

 皆様からのご支援は、事業開始に伴う会社設立、営業活動費等の会社運営資金とさせていただきます。

 


モルフォのオフィス前で全員集合

 

 

デルバジェの工場にて

  

 

●私たちが輸入するコスタリカのデルバジェコーヒーについて●

 

「Del Valle(デルバジェ)」はモルフォセンターのある地域のコーヒー生産者組合が作ったブランドです。同地域は1年を通して気候が安定し、降水量が多く、標高もコーヒー栽培に適しています。

 

 コスタリカのコーヒーは一般に酸味が強めと言われていますが、Del Valleのコーヒーはまろやかで飲みやすいのが特徴です。また、一粒一粒手摘みで収穫され、丁寧な品質チェックを通して厳選したコーヒー豆を使用しています。

 

コーヒー農園

 

カッピングの様子

 

 

 

 

 

 

 

●コーヒーを通して継続的な支援を●

 

 私達は日本とコスタリカをつなぐコーヒー販売事業を通して、継続的にモルフォセンターを支援したいと考えています。

 

「障害者の自立」を広めるモルフォセンターの活動は、コスタリカに留まらず中南米諸国へも大きな影響を与えています。彼らは障害を持つ人々が自立し、共に豊かに暮らしていける社会づくりをしています。

 

 私たちは、モルフォセンターのある地域特産のコーヒーを日本に輸入し、まずは障害者関連施設やカフェなどへの卸売、オンライン販売から始め、将来的には小売への参入、製品開発・販売を目指しています。

 

 コスタリカの美味しいコーヒーを日本の皆さんにもぜひ飲んでもらいたいと思っています。

 

 プロジェクトの実現のため、ご協力をお願い致します!!

 

 

 

 

 

●発起人プロフィール●

 

 

 *大島愛*

 

青年海外協力隊で、コスタリカの特別支援学校にて作業療法士として活動。障害のある子ども達やその家族を支援していました。

 

コスタリカの自然の素晴らしさと、コーヒーのファンになり、休みにはバードウォッチングや各地のコーヒー農園に出向いたりもしました。

 

現在は作業療法士として働きながら、コスタリカの人々と協力してできる活動を模索中です。

ぜひ応援よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 *松本静香*

 

5年間働いたIT会社を辞め、青年海外協力隊に参加。

 

コスタリカ では、現地の障害を持つ人々が自ら稼ぎ自立できるようプロジェクトの立ち上げ・支援をしていました。休日は色鮮やかな鳥の観察やフットサルをして過ごしていました。

 

コスタリカはどこに行ってもコーヒーが美味しい国でした。美味しいコーヒーが皆様の元にも届きますように!

 

 

 

 

 

 

 

*日高夏希*

 

大学院在学中に青年海外協力隊に参加し、コスタリカの市役所でリサイクルセンターの整備や環境教育の活動をしていました。

 

コスタリカの美しい自然と、小さな幸せを大切にする人々の生き方が大好きです!

 

趣味はサルサを踊ること、コスタリカから日本に連れてきた猫と遊ぶことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※注釈※

返礼品の輸入にあたり、コロナウィルスの影響を受け、配送時期が遅延する場合があります。ご了承ください。

 

 

 

▼プロジェクトの終了要項

・運営期間    
2020年10月9日〜2021年8月31日

・運営場所    
大島愛の自宅

・運営主体    
個人
(大島愛、松本静香、日高夏希)

・運営内容詳細    
NatuRica合同会社が行う輸入関連費用、運転資金等に充てる

 

プロフィール

海外で作業療法士として働いてみたい!という目標を掲げ、JICA青年海外協力隊で2016年7月からの2年間コスタリカの特別支援学校にて活動。現在は作業療法士として訪問看護ステーションに勤務。障害を持つ人々の生活がより豊かになるような活動をしたいと思い日々奮闘中。

リターン

3,000

サンクスセット

サンクスセット

①モルフォメンバーからのメッセージムービー(リンクをメールでお送りいたします)
②Café Del Valleのコーヒー125g(粉)

支援者
100人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

10,000

選べるコーヒーセット

選べるコーヒーセット

①モルフォメンバーからのメッセージムービー(リンクをメールでお送りいたします)
②Café Del Valleのコーヒー250g(豆/粉)豆か粉かを選べます。
③コスタリカの可愛い絵柄コースター1枚

支援者
45人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

10,000

コスタリカのお菓子ギフト

コスタリカのお菓子ギフト

①モルフォメンバーからのメッセージムービー(リンクをメールでお送りいたします)
②コスタリカのお菓子ギフト(現地ならではのお菓子をお送りします!)

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

30,000

コスタリカの民芸品ギフト

コスタリカの民芸品ギフト

①モルフォメンバーからのメッセージムービー(リンクをメールでお送りいたします)
②コスタリカの民芸品(現地の人が厳選した可愛い民芸品をお届けします!)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

30,000

コーヒー飲み比べセット

コーヒー飲み比べセット

①モルフォメンバーからのメッセージムービー(リンクをメールでお送りいたします)
②Café Del Valleのコーヒー2種類。250g,340g(豆/粉)
人気のクラシコと高級豆のチリポを両方楽しんでいただけます!(豆か粉かを選べます。)
③コスタリカの可愛い絵柄コースター1枚

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

30,000

コスタリカ式ネルドリッパーとコーヒーの贅沢セット

コスタリカ式ネルドリッパーとコーヒーの贅沢セット

①モルフォメンバーからのメッセージムービー(リンクをメールでお送りいたします)
②コスタリカ式ネルドリッパー(コスタリカならではの模様の入った木製のネルドリッパーです。現地でしか買えないお土産にも人気の品です。)
③デルバジェコーヒー125g(粉)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

50,000

コーヒーと民芸品のよくばりギフト

コーヒーと民芸品のよくばりギフト

①モルフォメンバーからのメッセージムービー(リンクをメールでお送りいたします)
②Café Del Valleのコーヒー2種類。250g,340g(豆/粉)
人気のクラシコと高級豆のチリポを両方楽しんでいただけます!(豆か粉かを選べます。)
③コスタリカ民芸品(現地の人が厳選した可愛い民芸品をお届けします!)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

100,000

コスタリカ人とのオンライン交流会にご招待します!

コスタリカ人とのオンライン交流会にご招待します!

①モルフォメンバーからのメッセージムービー(リンクをメールでお送りいたします)
②Café Del Valleのコーヒー2種類。250g,340g(豆/粉)
人気のクラシコと高級豆のチリポを両方楽しんでいただけます!(豆か粉かを選べます。)
③コスタリカ民芸品(現地の人が厳選した可愛い民芸品をお届けします!)
④日本語を勉強中のコスタリカ人とのオンライン交流会にご招待します。日程等は別途ご相談させてください。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

プロフィール

海外で作業療法士として働いてみたい!という目標を掲げ、JICA青年海外協力隊で2016年7月からの2年間コスタリカの特別支援学校にて活動。現在は作業療法士として訪問看護ステーションに勤務。障害を持つ人々の生活がより豊かになるような活動をしたいと思い日々奮闘中。

あなたにおすすめのプロジェクト

ひきこもり支援の革命!『山根モデル』を宇部市から全国へ

NPO法人ふらっとコミュニティNPO法人ふらっとコミュニティ

#医療・福祉

2%
現在
140,000円
支援者
13人
残り
63日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする