プロジェクト概要

被災したネパールの子どもたちに教材を1000セット届けます!

 

はじめまして!こんにちは、国際協力アカデミーAICATの伴 遥奈と申します。国際協力アカデミーAICATは、1999年に任意団体として設立し、2000年より特定非営利活動法人として、トルコや東北での災害支援など人と人の繋がりを大切にした、より継続的な活動を展開してまいりました。

 

2015年4月25日に起きたネパールの大震災により、ダディン郡やバクタプル郡のキャンプでは多くの子どもたちがキャンプ生活をしています。私たちは、10月末よりネパールに渡航し、被災した子ども達が通う学校へ1000セットの教材を届けます!

 

現在教材を買うための費用が不足しています

皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか!

 

(前回の教材配布の様子です。教材を直接手渡しで子どもたちに渡します!)

 

 

1000セットの教材がネパールの子どもたちの笑顔に繋がります!

 

この震災で被災した人々はキャンプ生活を余儀なくされており、7月に行った現地調査では現在多くの学校が倒壊しており、子ども達は運営可能な学校へ編入することでしか教育を続けることができない状況が見られました。途上国において、一度教育から離れてしまうとなかなか教育へ復帰するのは難しいと言われています。震災が起こった今だからこそ、子ども達にとって『教材』が教育を受け続けることへのインセンティブとなると考えました。

 

(教材を手にした子ども達の笑顔が素敵でした!)

 

 

たった2ドルの教材が子どもたちを笑顔にし、未来へと繋がります!

 

被災後の子どもたちが学習する環境を改善することで、子どもたちが学ぶことへの喜びを感じてくれると思います。教材を手に入れることが教育に対するインセンティブへと繋がり、その後も退学することなく教育を受け続けることで、子どもたちの未来の選択肢を広げることができます。

多くの子どもたちに教材を届けるためにも、たくさんの方々からの支援をお待ちしています。

 

(配布する教材です!現地の文房具屋さんが一つ一つ手でセットを詰めてくれました!)

 

 

子どもたちに教材を届けることで学ぶ喜びを提供したいと思っています

 

1000セットの教材を購入する費用がこのプロジェクトの達成に必要です!教材1セットの中には、ノート3冊、鉛筆2本、ペン1本、消しゴム1つ、クレヨン1セット教育を受けるのにのに必要なものが含まれます。なるべく多くの方から支援して頂き、子どもたちに学ぶ喜びを提供したいと思っています。

 

(震災後のバクタプルの様子です。街は瓦礫であふれ、人の手を使わないと除去できない状況でした。)

 

【引換券について】

サンクスレター


ポストカード

 

ネパール雑貨

 

パシュミナ ストール


最新の新着情報