READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

日本三大絵巻最後の作品、国宝『信貴山絵巻』の現状模写に挑む!

東京藝術大学美術学部日本画専攻 主任教授 手塚雄二

東京藝術大学美術学部日本画専攻 主任教授 手塚雄二

日本三大絵巻最後の作品、国宝『信貴山絵巻』の現状模写に挑む!

支援総額

2,407,000

目標金額 2,000,000円

支援者
134人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
31お気に入り登録31人がお気に入りしています

31お気に入り登録31人がお気に入りしています
2017年04月19日 18:00

上写し

現在模写作業に当たっているメンバーは、研究室のOBOGの背中を見て育ってきました。

 

「学部生の時に先輩方の模写を見て感動しました。歴史に恥じることの無いよう頑張ります!」

メンバーの諸橋君は、このように意気込みを語ってくれました。

 

歴史的な作風を尊重し、また自身もそれを身につける鍛錬が必要になってまいります。

ではそれは一体どのような行程で進めていくのか。

今回は、模写作業の過程のうち「上写し」をご紹介させてください。

 

「上写し」とは、原画(あるいは原画の印刷物などの手本)の上に、にじみ止めした薄い和紙を重ね、その紙を巻き上げ、巻き下ろしを繰り返しながら、目に映る残像を利用しつつ、上に重ねた薄い和紙に原画を正確に描き写していく方法です。 

 

この段階では、まず線しか描きません。

描かれている人の表情や、対象物の陰影などを細かく線で写し取った後、全体の色彩や濃さを整えます。

 

その際に使うのは、通常よりも非常に細い穂先を持った筆。

 

原本の絵の輪郭を写し取るため、非常に先の細い筆を用います。

 

筆の他にも墨、和紙、筆の持ち方、線を描くスピード、作業中の精神統一に至るまで、全ての要素にこだわり、調整を重ねた上で描き始めます。

 

線描は模写作業の第一歩で、描き直しがききません。

研究室の生徒には、温故知新、当時の作風や表現手法を学び身につけてゆくことで、現状模写という古き良き、かつ新しい作品を生み出して欲しいと思っています。

一覧に戻る

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

サンクスメールと活動の定期報告

◯サンクスメール
◯活動の定期報告

支援者
46人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年7月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

定期報告と絵巻カレンダー画像をお届け!

◯サンクスメール
◯活動の定期報告
◯日本三大絵巻の模写をカレンダー画像にしてお届けします!

支援者
58人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年7月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

完成作品の展示会へのご招待

◯サンクスメール
◯活動の定期報告
◯日本三大絵巻の模写をカレンダー画像にしてお届けします。
◯完成作品の展示会へのご招待
※当日お声がけをいただきました方には、研究室助手よりご案内とご説明をさせていただきます。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

模写作業見学会へのご招待

◯サンクスメール
◯活動の定期報告
◯日本三大絵巻の模写をカレンダー画像にしてお届けします。
◯完成作品の展示会へのご招待
※当日お声がけをいただきました方には、研究室助手よりご案内とご説明をさせていただきます。
◯支援者さま限定・模写作業見学会へのご招待

実際に模写が行われている作業現場をご案内致します。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年7月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

日本画研究室教員がご案内!模写作業見学会へのご招待

◯サンクスメール
◯活動の定期報告
◯日本三大絵巻の模写をカレンダー画像にしてお届けします。
◯完成作品の展示会へのご招待
※当日お声がけをいただきました方には、研究室助手よりご案内とご説明をさせていただきます。

◯支援者さま限定・模写作業見学会へのご招待
※実際に模写が行われている作業現場を日本画研究室教員がご案内致します。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年7月

プロジェクトの相談をする