READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

障害のある方と共に作る映画映像作品から、これからの社会を考えたい!

障害のある方と共に作る映画映像作品から、これからの社会を考えたい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月31日(月)午後11:00までです。

支援総額

658,000

目標金額 750,000円

87%
支援者
32人
残り
12日

応援コメント
浅川素子
浅川素子28分前あと少しですね!にじメディアの活動がたくさんの人に届くよう応援しています。あと少しですね!にじメディアの活動がたくさんの人に届くよう応援しています。
そうちん
そうちん40分前いろいろな世界があることが広く伝わるといいないろいろな世界があることが広く伝わるといいな
酒井朋子
酒井朋子12時間前後もう少しですね。 Facebookシェアします。 達成祈ってます😊後もう少しですね。 Facebookシェアします。 達成祈ってます😊
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
4お気に入り登録
4人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月31日(月)午後11:00までです。

4お気に入り登録
4人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 映画「はたらく」のような作品単位でなく、今度は「にじメディア」で継続的にこのことを実践していきたい

 

私はにじメディア制作委員会共同代表の齋藤一男と申します。普段はなりわいとして、映画や映像の監督やプロデュース業を行っています。特に近年は障害のある方と一緒に映画制作を行っています。

 

前回、こちらのREADYFOR様に前作映画「はたらく」の応援プロジェクトにご協力いただきました。下記前回のプロジェクトページです。

 

 

前回の映画「はたらく」全国上映プロジェクトにご支援いただきました皆様のおかげで、映画「はたらく」は全国20カ所以上の場所で上映し、全国各地の方にご鑑賞いただくことができました。障害のある方、今回は自閉症のある方が俳優の仕事をした作品映画「はたらく」を通して、少しでも希望を伝えることができたのではないかと思っています。そしてこの映画「はたらく」全国上映プロジェクト成功のおかげで、今回こうして新たなプロジェクト「にじメディア」まで展開できました。心より感謝いたします。

 

今回再挑戦に至ったきっかけは、「にじメディア」という新規事業を任意団体「にじメディア制作委員会」運営で昨年に立ち上げましたが、立ち上げたばかりということもあり、障害のあるなしという枠組みを超えての映画映像制作事業の働きを目指しているため、福祉枠や事業枠での補助金の申請が通りにくい現実があります。そこで、枠組みでなく、事業の意義を応援したいという形で一人一人からご支援をいただくことができるクラウドファンディングという形がしっくりきました。

 

今回の挑戦内容は、次回にじメディア上映イベントに向け、新規ホームページの制作と新規映像配信上映機材を購入して、次回にじメディア上映イベントの制作を行いたいと思っています。

 

NPO的な補助金ですと、収益性があるという段階で申請受付できないことが多く、事業性のある補助金ですと、逆に安定的な収益性が必要で、そのことを大事にしてしまうと、障害のある方との枠組みを超えた協働はにじメディアの事業は枠組みに収まりにくい現状であります。にじメディア自体非営利映像メディアですのでこちらでの補助金は難しいかもしれません。将来的にはどこかに収まっていくのかとは思いますが、まだ最初の段階で、障害のあるなしや、枠組みを超えた映画映像制作事業という一丁目一番地をブレさせたくないのです。

 

障害のあるなし関係なく、すべての人はこの社会にとって必要不可欠です。映画映像制作事業は、いろいろな方に働いていただくことができます。クリエイティブな仕事以外にも事務系営業系などさまざまです。しかもその映画映像作品を多くの人に見てもらうという同じ目標のためにみんなで頑張ることができます。そのことに障害のあるなしは関係ないと思いますし、この様にプロセスが目に見えやすいことは、障害のある方にとても良いのではないかと思います。私は前回の映画「はたらく」全国上映プロジェクトでそのことを確信しました。

 

映画「はたらく」のような作品単位でなく、今度は「にじメディア」で継続的にこのことを実践していきたいと思っています。すべての人には、大なり小なり弱さ障害があると思っています。障害のあるなしを超えた一人一人の才能を生かしあうこのにじメディアの事業を応援したいという方からのご支援によるクラウドファンディングで挑戦しようと決意しました。どうか、温かいご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

 

出演している作品をご本人の周りの方が見ることで、出演者の本質的なところを見ることができるのではないか

 

本プロジェクトを立ち上げたきっかけの一つとして、前作の映画「はたらく」で障害のある方(自閉傾向の方) に主演をしていただき映画作品をつくったのですが、主演されたご本人の作品参加後の良い変化を感じた方が多くいらっしゃったことです。

 

一つは、主演者が参加されている別の演劇団体様から、映画「はたらく」主演後の彼の舞台が良かったというお言葉があったこと。

 

また一つに、今まで彼はルーチンを好みいつもと違うことが起こると不安になってしまうことがありましたが、映画「はたらく」主演後は、環境の変化に対し以前より落ち着いていて対応しているのではないかと普段彼と一緒に仕事をしている方からのお言葉がありました。

 

このようなことから、ご本人の出演作品を周りの方が見ることで、ご本人の本質的な部分に注目できます。これが映画の良い所ではないかと思います。そのことで日々のかかわりにおいて、好循環を期待できるのではないでしょうか。

 

 

 ただ作品が終わると、当然作品を通して共に働くことも途絶えてしまいます。これはもったいないと思い、「継続的に映画映像作品に紐づいた事業を障害のある方と行っていこう」と、任意団体にじメディア制作委員会を昨年2020年9月に立ち上げ、第一弾のにじメディア上映イベントを2020年12月~2021年3月まで行いました。その時の上映作品はにじメディア第一弾作品「そらくんとたからくん」という作品です。自閉傾向のある特別支援学校高等部の兄そらくんと支援学級中学生の弟たからくんの兄弟の日常の様子を映像作品を通して、これからの社会について考えていきました。

 

参考:にじメディア上映イベントvol.1-4

 

にじメディア第一弾作品「そらくんとたからくん」予告編

 

にじメディア開設に向けて 代表齋藤あいさつ映像

 

 

しかしいろいろなことに準備不足が否めませんでした。コロナ禍ということもあり、オンラインでの上映イベントがほとんどだったのですが、ホームページや上映配信の形もまずはどんな形でもよいから始めることをしました。そのため、にじメディアのイメージをホームページを通してビジュアルで伝えることや、映画作品をオンラインで見る方法もわかりづらかったり、オンラインライブ配信の時も見づらかったりということもあったと思います。

 

そこで次回上映イベントvol.5-8の時までに、ホームページをデザイナーさんに依頼してにじメディアのイメージをビジュアルで伝えること、映像機材を購入し上映イベントの際にライブ配信を見やすく発信できるようしたく、今回のプロジェクトを企画しました。

 

次回上映イベントvol.5-8の上映作品は、映画「はたらく」主演の翔平さんの今の様子や今の思いを入れた続編的な内容でタイトルは「表現のお仕事(仮)」の予定で、現在撮影中で8月完成予定です。なぜ演技ということが向いていないと思われる自閉症の翔平さんに映画出演をお願いしたのか、「表現の仕事とは何か」など考える内容となっています。

 

 

 

より多くの方に、にじメディアを知っていただくために

 

皆様からいただいたご支援金をもとに、2021年12月20日までに、次回にじメディア上映イベントvol.5-8に間に合わせるべく、新規ホームページの制作、新規映像配信上映機材の購入をして、次回にじメディア上映イベントvol.5-8の制作費用とさせていただきたく思っています。

 

こうすることで、にじメディアのイメージをホームページで伝え、今より多くの方の関心をひくことができます。さらに新規機材やイベント制作費を追加することで、上映イベントに参加された皆様に良質のコンテンツをお届けし、そのことで参加された皆様がほかの方にもにじメディアを広げていただけるといった相乗効果が期待できると思っています。

 

具体的には、以下のとおりです。

 

①にじメディア専用ホームページの必要性

 現在のにじメディアホームページが仮のホームページで、映画「はたらく」を製作した私の個人事業「ロゴスフィルム」のホームページの中に入れていただいている状況です。今回の「にじメディア」は非営利映像メディアの団体活動ですので、私の個人事業のロゴスフィルムとは全く別の活動のため、別のホームページにしたいと思っていること。そして現在の仮のホームページは文字中心の情報のお知らせのページにとどまっていますので、プロのイラストレーターwebデザイナーさんにホームページを制作していただき、にじメディアのことをビジュアルで伝えられたらと、映像メディアとして最善ではないかと思っています。

 

・ホームページ制作費用として40万円

 

②映像配信のクオリティアップ

 この間まで、にじメディア上映イベントをライブ配信で行いましたが、ビデオスイッチャーがなかったので、カメラやノートPCから直接映像配信しており、同じ映像が続いたり、またテロップやレイアウトなど凝った映像にできませんでした。映像配信ソフトを使用することもできるとは思いますが、映像のプロでない方にも関わっていただきたいので、映像配信ソフトより簡単に使用できると思われるビデオスイッチャーを今後使用していきたく思っています。ビデオスイッチャーを購入させていただき、次回からの映像配信のクオリティアップを図っていけたらと願っています。

 

・ビデオスイッチャー購入費として15万円

 

③上映機材のクオリティアップ

 現在、上映機材として、スクリーン、映像再生デッキ、スピーカー、アンプは所持しているのですが、プロジェクターはとても古く現在のHDの規格の中心のHDMI端子がついていない古いプロジェクターしか所持していません。そのため最新機種のプロジェクターを購入させていただき、少しでも良い環境で映画映像作品を鑑賞していただきたく願っています。

 

・プロジェクター購入費として10万円

 

④次回にじメディア上映イベントvol.5-8の制作費用の捻出

 前回のにじメディア上映イベントvol.1-4は、東久留米市社会福祉協議会様から補助金をいただき、イベント運営ができましたが、最初にも記した通りこのにじメディアの事業は、障害のあるなしという枠組みを超えた形の事業を目指していますので、東久留米市社会福祉協議会様のような補助金を出していただく団体様との出会いがなかなかなく、今回のにじメディア上映イベントvol.5-8の制作準備開始期間になってしまい、現在運営資金の目途が立っていませんので、今回の制作費用を捻出させていただきたく思っています。

 

・にじメディア上映イベントvol.5-8制作費用として10万円

 

合計:75万円+READYFOR様手数料

以上の一部75万円のご支援をお願いしたく思っています

 

 

 

 同じ目標に向かって一人一人ができることをして、にじメディアで働くことで生きがいを感じていただけるような存在に、にじメディアを成長させたい

 

今回のプロジェクトを通して、多くの方ににじメディアを知っていただき、また映像作品も観ていただき、障害のある方と関わったことのない皆様に障害を知っていただき、映像を通して障害を体験していただき、今後の人生において何か良いきずきがあったらと願っています。

 

私がこのようなことを考えるようになった理由としては、障害というものは、大なり小なりすべての人にあるのではないかと思っています。かく言う私にも。私にも映画「はたらく」に主演した翔平さんや、前回のにじメディア作品に出演したそらくんたからくんと同じようなところがたくさんあります。

 

そういった発想を持って日々生きていくことで、人とのかかわりにおいて、やさしくなれるし等身大で接することができるのではないかと思います。そういった発想で生きていく方が増えていってほしいな、そうしたら私自身も生きやすくなるし、障害のある方も生きやすくなるのではないかと思っています。

 

そしてまだどうなるかわかりませんが、将来的には障害のある方の仕事の場として、映画映像事業に紐づいた仕事の提供をしていけたらと願っています。クリエイティブな仕事以外にも映画映像に関わる仕事はたくさんあるかと思います。実際、今までご出演いただきました障害のある方々にはご出演料をお支払いしています。

 

お金の部分以外にも、障害のあるなしという視点でなく、できるできないという視点でもなく、一人一人が必要な存在であり、同じ目標に向かって一人一人ができることをしてにじメディアで働くことで生きがいを感じていただけるような存在としてにじメディアが成長していってほしいと願っています。

 

今回の挑戦は、前回の挑戦も含め大きな二歩目になると考えています。温かいご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

 


本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロフィール

齋藤一男(にじメディア制作委員会代表 ロゴスフィルム代表 映画監督)

齋藤一男(にじメディア制作委員会代表 ロゴスフィルム代表 映画監督)

「弱さにある希望」をテーマに映画製作から配給宣伝までトータルに活動しています映画製作会社、ロゴスフィルム代表、プロデューサー、映画監督。 2020年12月より新規事業「にじメディア」を開設。「弱さにある希望」という概念を非営利映像メディアとして多くの方に見ていただくために、障害のある方と共に作っていく事業として最善の方向を模索中。

リターン

3,000

alt

お気持ちコース

■ご支援感謝のお礼メール
■にじメディアニュースレター(2021年7月~2022年3月号分毎月1回・メールにて)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月
このリターンを購入する

5,000

alt

期間限定にじメディアサポーター会員になっていただけませんか?

■2021年7月~2022年3月まで9か月間の期間限定にじメディアサポーター会員になることができます。

サポーター会員特典-すべてのにじメディア映像作品の個人視聴できるURL送付、サポーター会員グループページへの参加権、不定期開催のオンライン会議の参加権など

■ご支援感謝のお礼メール
■にじメディアニュースレター(2021年7月~2022年3月分毎月1回・メールにて)

※にじメディアサポーター会員の詳細は下記URLよりご覧ください。
にじメディア運営サポーター募集ページ
https://nijimedia-group.peatix.com/

※にじメディアサポーター会員の今回の特典は期間限定ですので、2022年4月以降サポーター会員の特典に関するすべてのコンテンツの利用ができなくなります。2022年4月以降も続けてサポーター会員ご希望の方はお申しつけください。

支援者
2人
在庫数
8
発送完了予定月
2022年3月
このリターンを購入する

10,000

alt

にじメディア上映イベント限定オリジナル商品3点セット

■にじメディア上映イベントvol.5-8開催記念オリジナルグッズ3点セット
(商品予定-ポストカード、缶バッジ、エコバッグの3点です。万が一商品変更の場合は必ずお知らせいたします。)

※こちらのオリジナルグッズ制作は、イベント共催のリカバリーカレッジ・ポリフォニー様とにじメディアによる共同制作による商品となります。

■映画「はたらく」オンライン視聴コード期間限定でのご提供(2021年7月~2021年11月)
にじメディア齋藤一男が前回のプロジェクトで全国上映した作品の視聴コードURLのご提供です。

■にじメディア上映イベントvol.1-4チラシとvol.5-8チラシ2枚セット

■にじメディア映像全作品の個人視聴用URLのご提供(2021年7月~2022年3月の間)
■2021年7月~2022年3月まで9か月間の期間限定でにじメディアサポーター会員になることができます。(任意で希望者のみ)

■ご支援感謝のお礼メール
■にじメディアニュースレター(2021年7月~2022年3月分毎月1回・メールにて)

支援者
8人
在庫数
32
発送完了予定月
2022年3月
このリターンを購入する

10,000

alt

にじメディア応援コース

■にじメディア上映イベントページにお名前掲載

(任意で希望者のみ。2021年8月~11月にじメディア上映イベントvol.5-8の特設ページにて掲載予定です。)

■ご支援感謝のお礼メール
■にじメディアニュースレター(2021年7月~2022年3月分毎月1回・メールにて)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月
このリターンを購入する

20,000

alt

にじメディア齋藤一男のオンライン講演会行いませんか?

■にじメディア制作委員会代表齋藤一男の講演会をコロナ禍のため、基本オンライン開催で、コロナの状況を鑑み問題ない状況であれば会場参加で行いませんか?形式はどんな形でも構いません。

※交通費等実費の費用が発生した場合、別途ご負担お願いします。にじメディアの所在地は東京都となります。
※詳細は、クラウドファンディング終了後に別途案内致します。

■にじメディア映像全作品の個人視聴用URLのご提供(2021年7月~2022年3月)
■2021年7月~2022年3月まで9か月間の期間限定でにじメディアサポーター会員になることができます。(任意で希望者のみ)

サポーター会員特典-サポーター会員グループページへの参加権、不定期開催のオンライン会議の参加権など

■ご支援感謝のお礼メール
■にじメディアニュースレター(2021年7月~2022年3月分毎月1回・メールにて)

詳細は本ページの新着情報をご覧ください。

支援者
1人
在庫数
9
発送完了予定月
2022年3月
このリターンを購入する

30,000

alt

にじメディア映像作品のオンライン上映会行いませんか?

■にじメディア作品の上映権1回分のご提供(オンライン視聴コードまたはブルーレイディスクにてのご提供)

にじメディア作品の映画上映会を行うことができます。コロナ禍のため基本オンライン開催で、コロナの状況を鑑み問題ない状況であれば会場開催も可。必要でしたらにじメディア齋藤一男の講演もセットで行います。

※交通費等実費の費用が発生した場合、別途ご負担お願いします。にじメディアの所在地は東京都となります。
※詳細は、クラウドファンディング終了後に別途案内致します。

■にじメディア映像全作品の個人視聴用URLのご提供(2021年7月~2022年3月)
■2021年7月~2022年3月まで9か月間の期間限定でにじメディアサポーター会員になることができます。(任意で希望者のみ)

サポーター会員特典-サポーター会員グループページへの参加権、不定期開催のオンライン会議の参加権など

■ご支援感謝のお礼メール
■にじメディアニュースレター(2021年7月~2022年3月分毎月1回・メールにて)

詳細は本ページの新着情報をご覧ください。

支援者
1人
在庫数
19
発送完了予定月
2022年3月
このリターンを購入する

30,000

alt

にじメディア最大限応援コース

■にじメディア上映イベントページにお名前掲載

(任意で希望者のみ。2021年8月~11月にじメディア上映イベントvol.5-8の特設ページにて掲載予定です)

■ご支援感謝のお礼メール
■にじメディアニュースレター(2021年7月~2022年3月分毎月1回・メールにて)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月
このリターンを購入する

50,000

alt

【企業・団体様向け】にじメディアスポンサーになっていただけませんか?クラウドファンディング限定特典あり!

■にじメディア年間スポンサー(2021年7月~6月)の権利のご提供です。

スポンサー特典-にじメディアホームページ内で団体様の映像orホームページ広告掲載すべてのにじメディア映像作品の個人視聴できるURL送付、サポーター会員グループページへの参加権、不定期開催のオンライン会議の参加権など

■団体様シンプル紹介映像制作

(団体代表様のインタビュー映像と団体様の写真を入れた団体様紹介映像、こちらはクラウドファンディング限定の特典でとてもおすすめです。任意で希望者のみ。)

※交通費等実費の費用が発生した場合、別途ご負担お願いします。にじメディアの所在地は東京都となります。

■ご支援感謝のお礼メール(団体ご担当者様宛)
■にじメディアニュースレター(2021年7月~2022年6月分毎月1回・メールにて・団体ご担当者様宛)

本商品を申し込みの際は、お手数をおかけしますが必ずにじメディア制作委員会まで申し込みご支援希望の旨のご連絡をお願いいたします。商品の詳細をお知らせ後、ご判断いただけますと幸いです。メール:info@logosfilm.jpまたはTEL:042-458-0712まで

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2022年3月
このリターンを購入する

50,000

alt

【個人向け】皆様の記念を映像で記録します。

■皆様の記念を映像で記録します。

皆様の記念日に伺い、映像で記録して編集して一つの映像作品にいたします。

※にじメディアサポーター会員になっていただいた方限定で、今回クラウドファンディング特典として本商品をご提供します。
※交通費等実費の費用が発生した場合、別途ご負担お願いします。にじメディアの所在地は東京都となります。

■2021年7月~2022年3月まで9か月間の期間限定にじメディアサポーター会員になることができます。

サポーター会員特典-すべてのにじメディア映像作品の個人視聴できるURL送付、サポーター会員グループページへの参加権、不定期開催のオンライン会議の参加権など

■ご支援感謝のお礼メール
■にじメディアニュースレター(2021年7月~2022年3月分毎月1回・メールにて)

コロナ禍のため、本商品を申し込みの際は、お手数をおかけしますが必ずにじメディア制作委員会まで申し込みご支援希望の旨のご連絡をお願いいたします。商品の詳細をお知らせ後、ご判断いただけますと幸いです。メール:info@logosfilm.jpまたはTEL:042-458-0712まで

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2022年3月
このリターンを購入する

50,000

alt

にじメディア最大限全力応援コース

■にじメディア上映イベントページにお名前掲載

(任意で希望者のみ。2021年8月~11月にじメディア上映イベントvol.5-8の特設ページにて掲載予定です)

■ご支援感謝のお礼メール
■にじメディアニュースレター(2021年7月~2022年3月分毎月1回・メールにて)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月
このリターンを購入する

100,000

alt

【企業・団体様向け】にじメディア齋藤一男がプロモーション映像制作いたします

■皆様の団体プロモーション映像の制作を行います。

にじメディア齋藤一男が制作します。皆様の団体の活動の趣旨をしっかりと伺い、じっくり丁寧に制作します。

※交通費等実費の費用が発生した場合、別途ご負担お願いします。にじメディアの所在地は東京都となります。

■にじメディア年間スポンサー(2021年7月~6月)の権利のご提供です。

スポンサー特典-にじメディアホームページ内で団体様の映像orホームページ広告掲載、すべてのにじメディア映像作品の個人視聴できるURL送付、サポーター会員グループページへの参加権、不定期開催のオンライン会議の参加権など

■ご支援感謝のお礼メール(団体ご担当者様宛)
■にじメディアニュースレター(2021年7月~2022年6月分毎月1回・メールにて・団体ご担当者様宛)

コロナ禍のため、本商品を申し込みの際は、お手数をおかけしますが必ずにじメディア制作委員会まで申し込みご支援希望の旨のご連絡をお願いいたします。商品の詳細をお知らせ後、ご判断いただけますと幸いです。メール:info@logosfilm.jpまたはTEL:042-458-0712まで

支援者
2人
在庫数
1
発送完了予定月
2022年3月
このリターンを購入する

プロフィール

「弱さにある希望」をテーマに映画製作から配給宣伝までトータルに活動しています映画製作会社、ロゴスフィルム代表、プロデューサー、映画監督。 2020年12月より新規事業「にじメディア」を開設。「弱さにある希望」という概念を非営利映像メディアとして多くの方に見ていただくために、障害のある方と共に作っていく事業として最善の方向を模索中。

あなたにおすすめのプロジェクト

ジェンダー・分断・差別…生きづらい社会を話し合う不定期刊雑誌第一号

一般社団法人プロシューマー・フォーラム 代表理事 朱雀子一般社団法人プロシューマー・フォーラム 代...

#子ども・教育

2%
現在
50,000円
支援者
1人
残り
9日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする