先日、私はハラスメントをしない心がけということをお話いたしました。

自分で自分のことを褒めて、自己肯定感を作り上げていくことでハラスメントをしない心を作っていくことが基本です。


ハラスメントは、受けて側の感じ方にも大きく左右されます。
自己否定感が大きい人ほど、物事をハラスメントと捉えてしまったり、精神的なプレッシャーを感じ易かったりします。

ということは、自己肯定感を作っていくことで、ストレス耐性を強くし、ポジティブに感じ易い心をつくることが大事になってくるということです。


ですから、【自分で自分を褒めまくること】が大事なのです。
でも、大抵の人は[褒める理由]を探そうとします。
[褒める理由]が無ければ、褒めることができないと思っています。

でも、褒める理由など必要ないのです。普段の生活の中の何気ない動作を、思いっきり心の中で褒めるのです。

・歩いている自分を褒める
・ごはんを食べている自分を褒める

・箸をもつ自分を褒める
・傘を差している自分を褒める

生きていて、何らかの動作をしているわけですから、それを褒めるのです。
言い換えれば、生きている自分の全ての行為を褒めるということです。

これなら、1日30回以上は褒めることができます。
それを3ヶ月続ければ、心が劇的に変わってきます。
1週間でも、効果はあります。

ぜひ試してみてください。

 

新着情報一覧へ