達成の御礼と、今後の展開と資金の使い道について

ハラスメントの無い社会を目指して、クラウドファンディングにご支援いただいた皆様。

 

この度は、本当にありがとうございました。

 

職場環境改善工房の原田芳裕です。

 

私の一つの決意と決心と共に、はじまったこのクラウドファンディング・・・・

多くの方々のご厚意の中で、無事、達成することができました。

 

そして、「このお金をどのように使うの?」というお言葉もいただきました。

私の想いを伝えることに精一杯で、資金の使い道に曖昧な部分があったことは否めません。本当に申し訳ありません。

その中でも、私の想いを信じていただき、支援していただいた事で、私はさらに前に進むことができると思っています。

 

 

 

そして、ご支援の使い道について、お話させていただきます。

 

クラウドファンディングで集めた資金は全て、

【ハラスメントフリーの為の心理分析のノウハウ取得】

につかわさせていただきます。このノウハウ取得にかかる費用が30万円です。

 

正確には名古屋にある、株式会社ハートフルコミュニケーションズ様が保有している心理分析のノウハウを、私の相談データーとリンクさせ、

今後、どのような人が、どのような職場でハラスメント?にあって悩んでいても、そこからフリーになるカウセリングの基礎として、心理分析のノウハウを取得することです。

  

ハラスメントは防止しようと思っても、なかなかできるものではありません。

その根本として、人間の深層心理が深く根づいています。

そして、ハラスメントと深層心理の関係というのは、今まで論議されたことがありません。

ですが、ハラスメントの相談にのってきて感じたことは、生きていく中で蓄積されたマイナス感情が深層心理に入り込み、職場という、パワーが働き易い場所でハラスメントという形になるということです。
つまり、ハラスメントは、目に見えないひとりひとりの感情・・・しかもマイナスの感情を使うことで成り立ってしまうということです。
ですが、ハラスメントは、その行為が表に出てきません。つまり、その場の感情の蓄積と連鎖ですから、表沙汰になりにくいのです。
また、ハラスメントだと感じていても、それを職場全体の問題として明確化し、改善していくのは、至難の業です。

場合によっては、被害を感じる人の心のあり方にも、改善が必要です。
「ハラスメント」という言葉を盾にして、いかにも「ハラスメント」被害を装って、相手を追い詰めるというハラスメントさえ出て来ています。

ということは、ひとりひとりの心に寄り添い、マイナスの感情をプラスにしていくカウンセリングが必要になってきますが、今まで、ハラスメントを心理分析の観点から、
・「ハラスメントをしやすい」人なのか、
・「ハラスメントと感じ易い」人なのか。
・「どのようなハラスメントをし易い」のか。
というの明確化し、

また、心理的なプレッシャーや環境からどのようなコミュニケーションや対策を取れば良いのかを明確化すれば、ハラスメントフリーになる心をつくることはできます。

私は、今年の3月末にこの、株式会社ハートフルコミュニケーションさまの心理分析に出会い、実践心理学の研修なども受けてきて、これこそが私が追い求めていた、ハラスメントフリーの為の心理分析だということを実感しました。ですから、このノウハウをフルに生かして、ひとりひとりがハラスメントフリーの心を作っていく為の展開をしていきます。

今後の展開は、今年の秋から、ハラスメントフリーの為の心理分析セミナーを行ったり、個人カウンセリング・企業研修などを行います。
また、来年には、ハラスメントフリーの為の実践心理学の学校を開設していく予定です。

これからもご支援・応援のほど、宜しくお願い致します。

本当にありがとうございました。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています