~覚悟を決めて生きざまを定めることが、ハラスメントの社会を作っていく、ひとりひとりの基本です~

 

私は、多くの人の労働相談も受けてきました。


会社辞めたい、解雇された。その他諸々の相談を受けていますが、一つだけ言えるのは、ハラスメントという言葉が人口に膾炙しすぎて、とんでもない誤解がある。ということです。

 

職場の中で受けるプレッシャーを、「自助努力」をしないまま、妥協したり、泣き寝入りしたりしたまま、心の傷を蓄積させて、ハラスメント!という言葉で納得させようとしているケースが多いのです。
また、「自助努力」ができなかったり、そこから逃げてる人間が、立場や空気・雰囲気を利用して、自らを正当化することで、加害を行いながらも認めないのです。

 

けっこう、この「自助努力」というのは、大切なことで、端的に言うと、
会社を良くしたい!! という想いからくる行動と実践です。
そして、自身の生き様と働き方、そして会社との関わり方をリンクさせる努力と実践ができているか! ということに他なりません。

 

ですから、この生き様という「芯」ができていないと、いつでも、ハラスメントをする人間になるし、ハラスメントでないものをハラスメントと納得させようとするし、ハラスメントを受けても我慢し続けてしまうことになるのです。

 

皆さんには、自分の人生の生きざまがありますか?

新着情報一覧へ