プロジェクト概要

日本の子どもたちからアメリカの子どもたちへ、
感謝の気持ちを伝えるビデオレター1000部を作成し届けたい!

 

はじめまして、今瀬良介です。NPO法人フォーエヴァーグリーンの副理事をしています。これまで私たちは、ODA事業での中国の小学校への椅子や机の寄付、環境学習教材制作等、海外の国々に関する様々な支援活動を行ってきました。こうした活動の一環として、3年前にアメリカの有名私立校キャンベルホール学校にて実施した環境教育プログラム“温故知新”のなかで、アメリカの子どもたちの視点から捉えた日本の文化や環境問題をテーマにした、ビデオレターを日本の子どもたちに送ってもらうことがありました。

 

そのお返しとして今回のプロジェクトを考えました。
そこでみなさまには、ビデオレターの作成に向けお力を貸し頂きたいのです!

 

(前回の交流プログラムの際の様子です。みんなで、日本の和服”着物”を着ました。)

 

2015年6月の完成を目指しています!

 

(これまでの交流プログラムのテーマです!)

 

今回作成するビデオメッセージの内容は、前回アメリカの子供たちの視点で捉えた日本文化や環境問題に対する新しい考え方を受け取った日本の子どもたちがそのメッセージを受け、この3年間、実際に環境問題の改善に向けて取り組む様子をまとめたものとなる予定です。これは、アメリカの子供たちへの感謝の気持ちを込めたものです。このビデオレターを通して、日本の子どもたちが自らの行動や考え方を変えることができたことへの感謝の気持ちを、アメリカの子どもたちに伝えたいと考えています。

 

日本の子どもたちの環境問題に対する意識を、「言われた事をやる」から「考えて具体的な行動」へ変えた、アメリカの子どもたちからのビデオレター。

 

以前、アメリカの子どもたちから送られてきたビデオレターには、環境問題の解決のヒントは日本の伝統文化にある、と伝える内容が含まれていました。そのメッセージを観た、日本の子どもたちは、伝統文化を学ぶという新たな意識が芽生え、これまではただ環境問題の解決策とはなんだろう?と漠然とした考えを持って行動をとっていた子たちが、自ら率先して伝統文化から温故知新する、という行動をとるようになりました。これは、それでまで日本の子どもたちが持っていなかった新しい考えをビデオレターを通して学んだことで生まれた行動なのです。

 

お互いに、新しい視点を与えることができるというのが、
このビデオメッセージ交換の良いところです!

 

これまでのものは、アメリカの子どもたちの視点から捉えた、新たな日本の伝統文化や環境問題に関する考えを学ぶことができるビデオレターでしたが、今回は、そのお返しとして、日本の子どもたちが新たな視点を基に実際に行動を起こしている様子を押さえたビデオレターとなる予定です。日本の子どもたちの行動様式を変えるようなメッセージ性の高い、ビデオレターを作成し送ってくれたアメリカの子どもたちに感謝の気持ちを伝えるためにも、是非今回新たに日本の子どもたちからのビデオレター1000部を作成したいと思います。

 

みなさま、ご支援どうぞよろしくお願い致します!
 

 

★ 引換券のご紹介★
A. サンクスレター
B. 作成する動画のエンドロールにお名前を掲載
C. 完成した動画DVD1枚
D. 環境学習プログラム「温故知新」へのご招待
*2015年7月1日〜2015年12月1日までの期間中、1回限りです。
*交通費は、支援者様の負担となります。