ぬくみちゃんは、天気に大きく左右されます。

それも含めてぬくみちゃんの楽しみだと考えています。

 

さて本日2/1は日曜日、私が参加している「手光(てびか)えこびれっじ」の作業日です。

※去年の稲刈り時の写真です

まだまだ山に入り始めて1年半程度の団体で、耕作放棄地を開墾中、竹や雑草と格闘中といった感じなのですが、外作業は楽しいです。

天気は曇りで空は暗く寒いので、テンションが今一上がらない感じだったのですが、体を動かしておきたくて出かけました。嫁はエコビレッジで積極的に活躍しているのでやる気満々です。

皆は竹切り、開墾、大根干し作業などをやっていて、我々は作業小屋の片づけなどを行っていました。

敷地にある沼地を見るとカエルの卵が沢山。いつからあったのでしょうか?春が近づいているのだなあ。
田んぼ近くには動きの鈍いアカガエルが這っています。
藁の間にはカヤネズミが巣を作って隠れていました。可愛いものです。

 

あれ?

晴れ間が結構あるじゃないですか。こんな感じの雲具合であれば夕方には40度は確実に超えます。これはやかんをセットしておくべきでした。

家にいる家族に連絡してセットしてもらうのもいいですが、どうせエコビレッジの資源ごみも出すことだし、一旦自宅に帰って自分でセットしよう。

皆で昼食後、資源ごみをまとめてから回収ステーションに行ったりしていると、家に戻ったのが既に2時半過ぎです。これは慰め程度のぬくみで終わるでしょう。。。

ということで、

14:39にやかんをセットして(これは以前の写真ですが)

一旦エコビレッジに戻って少し作業をして、戻ったのが5時半ころでしょうか。

既に母がお湯を回収してくれていました。

データを見ると、14:39開始、水温10.9度から、最高水温時 16:25 34.2度まで温まっていました。この短時間で+23.3度行ったなら、朝からだったら50度を超えたかもしれません。これは残念でした。

 

この温度じゃ足湯利用は勿体ないし、いつもの如く夕食作りに使われることになりました。



味噌汁に使うのがやはり定番です。

新着情報一覧へ