〈西日本豪雨愛媛県子どものこころのケア終了しました〉
 2月25日、1月に列車事故のため延期になった、ケアの報告と研修会を実施しました。
 6ヶ月間、お世話になった学童保育の先生方、保護者の方々、ボランティアで力を貸してくれた人たち、 松山東雲女子大学・短期大学「しのモン応援隊」のみなさん、 NPO法人ミラツクさん、そして 国立大洲青少年交流の家のスタッフのみなさんなどなど、みんなで子どもたちのこころのメッセージに触れながら、その再生力の大きさを改めて感じる時を持ちました。
 最後は校長先生の涙もあり、子どもたちに支えてもらっていることをを感じて、また、明日への歩みに共に心を新たにできたように思います。

 また、研修会を主催した「えひめ心のケアプロジェクト」は、今後も地元の方々で協力して子どもたちを支えることを続けたいと闘志を燃やしています。

 

 これをきっかけに子どもの絵に対しての理解が一層広がり、子どもの心の声を聞くことが広がって、被災地がまた一歩ずつあゆみを進めることができますように。
みなさん、ありがとうございました!

新着情報一覧へ