焚き火セラピー手順 と原稿案です。

焚き火セラピー手順 と原稿案です。
1)(バーチャル)焚き火と、アロマキャンドル セッティング
2)それらを中心に円座を囲む(数名から10名)
3)ファシリテーターが開会する
「皆さん、これから焚き火セラピーを行います。
時間は約90分です。
特に皆さんに負担をかける内容ではありません、ゆったりとした気持ちで参加ください。
万が一、途中で気分が悪くなったりした場合は静かにお部屋にお戻りくださって構いません。
途中、このテニスボールを回しながら、一人ひとりお話を少ししていただきますが、
その際も、話したくなければ「パス」といって、隣の方にボールを回していただければ構いません。
誰かが話していることに途中で割り込んだりはせず、静かにただ聞いていて下さい。
話の中心は「自分」、自分の話をし、他人の話を聞く、これが焚き火セラピーの基本です。
一回の話の時間は3分以内、長くなった場合は途中で司会が合図をしますので、何回か回ってくる次のチャンスにお話下さい。
皆さんに約束をしてほしいことがあります。
ここで話されたことの中には、普段はあまり他人には話さない内容が含まれる場合があります。
皆さんが安心してお話をできるように、ここで見たことここで聞いたことはこの場に置いていき、
持ち帰りたい内容は、Aさん、Bさんの話として、個人名ではなく匿名をまもってください。
ゆえにこのセッション、また合宿全体で、皆さんには好きなニックネームを名乗っていただきます。
ファーストネームでも良いし、好きなキャラクターの名前でも構いません。
ここでは、少し普段の自分を離れニックネームで呼び合ってみましょう。
さあ、自分のニックネームは決まりましたでしょうか?
私は「はとちゃん」「なりちゃん」(ファシリテーターから始める)です。
ではおとなりの方にテニスボールを回しますので、自分の好きなニックネームで自己紹介をしてください。
(自己紹介一周:ファシリテーターはメモをする)。
有り難うございます。左から「」さん「」さん「」さん・・・ですね。
ではまず、ある詩を読みたいと思います。
(詩や格言等をファシリテーターが選んで適宜朗読する。)
今読んだ中に、
「」という一節がありました。
これについて皆さんにお話をしていただきたいと思います。
まずは自分が話します。(3分)
では今度は右から回しますので3分以内でお話下さい。パスされても構いません。
有り難うございます。
では次に、今回の合宿は、みなさん少しずつ違った悩みを抱えて参加されていると思います。
それについてお話いただきたいと思います。
まずは自分が話します。(3分) 
今度は左から回しますので3分以内でお話下さい。パスされても構いません。
有り難うございます。先ほど申し上げました約束、今一度申し上げます、ここで話されたことの中には、普段はあまり他人には話さない内容が含まれる場合があります。これからも皆さんが安心してお話をできるように、ここで見たことここで聞いたことはこの場に置いていってください。

まだ時間がありますので今度は自分の夢というテーマでお話しいただきます。
まだ時間がありますので今度は(ファシリテーターが決める)というテーマで話していただきます。

では終了時間が近づいてきました。
最後に有名な聖人の言葉を朗読したいと思います。これはキリスト教の聖人の言葉ですが、
宗教性は横に置いて、込められた普遍的な精神性を味わってください。自分は(仏教徒ですが、クリスチャンですが、無信仰ですが、)大変味わい深い言葉だと思いましたので、少しだけ易しくアレンジしたものを、
皆さんにご紹介して(一行ずつ輪唱して)、
焚火セラピーを終わりたいと思います。

平和の祈り
あゝどうか、祈ります。
私を平和の道具にしてください。
憎しみの場には愛を
争いの場には許しを
仲たがいには仲直りを
疑いに対しては信じる力を
間違いには正しさを
絶望の場には希望を
闇に光を
悲しみの世界には喜びが
あふれますように。

私はかつて、慰められることが好きでした、
でも今度からは、慰める人になります。
理解されたいと嘆いていました、
自分から理解する人になります。
だって私たちは、
与えるからこそ、与えられ、
先に許すからこそ、許され、
自分をただひたすら謙虚に献げ尽くして
生命のバトンをつないでいくのですから。


焚火セラピーは終了します。
この後は就寝時間ですが、
まだ眠くない方はこのまま残って静かに話し合ったり、
また周りに迷惑にならない程度に歌を歌ったりしましょう(^^)

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています