プロジェクト終了報告

2017年03月04日

「フランスに眠る至極のオリーブオイル・蜂蜜」発掘達成のお礼

支援いただいたみなさま、SNS、口頭などを通して拡散してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

みなさんのおかげで農園を回り、オリーブオイル、ハチミツを可能な限り試食し、そして「パンに合う至極のオリーブオイルとハチミツ」に出会うことができました。本当にありがとうございました。
 

入金いただいた支援額は、フランスのオリーブオイル・ハチミツ農園を回り、発掘、輸出交渉、買い付け、日本にお届けする費用のために使用させていただきました。

 

【プロジェクト活動報告】

オリーブオイル発掘 

①オリーブ農園:バスチデット

 

  

   

●発掘オリーブオイル

パンに染み込ませると、青い草の苦味、ナッツような甘いコクを交互に感じます。フランス人ソムリエが3種の中で一番好んだオリーブオイルです。詳細はこちらから読んでいただけます

 

②オリーブ農園:ピエルドン 

 

 

 

 

  

●発掘オリーブオイル1、

口に含んだ時に香りは黄色、グリーンを感じますこれがオリーブオイルの香り。芝生の上で野菜やナッツを食べているようなヘルシーさを感じる筈です。

 

●発掘オリーブオイル2、

スパイスのようなはっとするほどの苦味と辛味があり、植物が青くなる前の弾ける若さを感じます。パンをサラダのように味わえる品です。

 

 

その他 訪問オリーブ農園

 

   

 


 

 

ハチミツ発掘

①ペルシー・レ・フォルジュ地方の農家のダニエル・ジェルダさんが採る栗のハチミツ

  

  

シャテニエ(栗)のハチミツは、香りは人間(わたし)がイメージする樹液の甘い香り。

「絵本の中のクマさん(代表的なのはプーさん)は、きっとこの香りにつられて蜂の巣(プーさんはハチ壺)に手を入れるのだろうな」

と思えるようなコクのある香りです。詳細はこちらから読んでいただけます

 


シャンパーニュ地方の農家のジョルジュさんが採る菜の花のハチミツ

  

若い夫婦お二人だけの養蜂。

ハチミツが白いのは、蜜の結晶したため。香りに柑橘系の酸味があって、まさに見た目はレモンシャーベット。口の中でハチミツのコクと強いとろみに遭遇します。乳製品的要素が加わってフローズンヨーグルトに変化したかのよう。

   

 

その他 訪問

  

   
 

リターンとして、オリーブオイルを新たな逸品を加えた3種と(わずかですが)多めの量でお届けできました。

ですが、支援いただいたみなさんにはすでにご報告しているとおり、ハチミツに関して、安全安心していただくための輸入書類一部をどうしても揃えることができず(フランス役所の方に問い合わせるなど手を尽くしたのですが)、お届けすることが今現時点できていません。引き続きお届けするための基盤を作っています。今回のプロジェクトで、わたしがお届けしたいような小規模農園には課題があることが分かりました。反面、農家さんからの輸入の承諾と営業活動の交渉材料ができた進展があります。これをもって、まずはオリーブオイル輸入を安定させ、そしてハチミツ輸入を実現させます。それまで待っていてください。

 

みなさんからのメッセージは、フランスでひとり、ふと空を見上げたくなった時のわたしの支えであり、宝です。お気持ちを無駄にしないように、自分のブランド立ち上げ、販売体制を整えることに取り組みます。

 

引き続き、応援いただけるとすごくうれしいです。

よろしくお願いいたします。