お早うございます。松竹大谷図書館の武藤です。

 

ご支援頂いた方のお名前の台本カバーへの記載につきまして、当初1月末迄に完了の予定でしたが、2月1日現在、1~2週間作業が遅れております。当初の計画より遅くなり大変申し訳ありませんが、どうぞご了承下さい。

傷みが激しい台本カバーの作り替え作業

 

経年劣化で紙が脆くなり、端が破損した台本カバーは、お名入れ作業を機に新たに作り替えます。新しい板目紙のカバーが台本をしっかり挟んで、台本もより良い状態で保存されます。

 

クラウドファンディングのプロジェクトをきっかけに、書庫に並ぶ台本のカバーが、少しずつ白く新しくなっています。まだまだ茶色いカバーが大半を占めておりますが、白いカバーが少しでも多くなるよう、これからも頑張ってまいります!

 


書架でお名入れ作業を待つ、台本


台本カバーの作り方映像はこちら

 

新着情報一覧へ