プロジェクト概要

 目標達成のお礼とネクストゴールを設定します!

 

9月30日にスタートした未来の子供たちや若者に希望を与えるためのアメリカ大学留学プロジェクトですが、皆様のご支援・応援のおかげで目標金額である50万円を達成することができました!

改めて、ご支援・応援いただいた皆様へ厚くお礼申し上げます!

 

挑戦の気持ちと不安を抱えスタートしたクラウドファンディング。

多くの方々からの暖かいご支援や応援メッセージに何度も心救われました。

応援してくれた皆さま、本当にありがとうございました。

 

そして、クラウドファンディングを通して今まで会えなかった沢山の方々と出会うことができ、改めて応援してくれている皆様に自分が行動し成長していく姿を見ていただきたいと強く感じるようになりました。

 

アメリカの大学に入学してからも1学期間だけではなく、大学を卒業するまでずっと資金が続く限り、自分の成長や行動を応援してくれている方々に見ていただきたいという想いから、本日ネクストゴールを設定し、終了日まで挑戦を続けたいと思います。

 

☆新たな目標金額『80万円』

 

当初の目標はアメリカの大学の1学期分の学費をご支援していただくための50万円でしたが、1年間アメリカの大学に行くためには80万円の学費が必要です。

 

1年間アメリカの大学で勉強を続けることができれば大学で取った単位や成績を、もし資金がどうしても足りず一回日本に戻って働いて資金を貯める間も大学で保持してくれます。

何があってもアメリカの4年制大学に編入し青年心理学を専攻し、未来の子供たちや若者が希望を持って生きられる仕組みや場所を作っていきます!

 

残り45日、もう一度目標を設定することは大きなチャレンジですが、12月28日(金)午後11時の終了日まで、今一度皆様のお力をいただければ嬉しい限りです。

 

引き続きご支援・応援をよろしくお願いいたします。

 

2018年11月13日 大田 明弘

 

 

※初めに動画を見ていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 


 はじめまして!現在香川県高松市に住んでいる大田明弘と申します。現在23歳です。英語力もなく貯金もほとんどない高卒のサラリーマンだった私ですが、昨年の1月から大きな夢に向かって動き出しています。


私の夢は、研究において世界で最先端な心理学をアメリカの大学で学ぶことです。留学への決意を固めてからは、目標実現に向けて努力を続けています。
 
私は19歳から3年間、塾の営業の仕事をしていました。その仕事を辞め、フィリピンでの3カ月間留学をしました。半年間にわたり、毎日8時間以上の英語を勉強し、今年の7月にはアメリカのコミュニティカレッジ(アメリカの州立短大)の入学条件をクリアすることができ、TOEFLスコア59(英検2級レベル)の英語力を身につけることができました。

 

フィリピン留学でのプレゼンテーション

 

これまでの自分では到達できなかった英語力を身につけられたことが自信となり、現在は英語の勉強を続けながら、英語通訳の仕事をしつつ、アメリカの大学に行くための費用を貯めています。

 

その他にもボランティアでフィリピンの中学生に数学を英語で指導したり、英語の通訳ボランティアなどを行い英語を使った社会貢献を心掛けています。

 

英語通訳ボランティアと英語での学習指導の様子

 

来年のはじめ、1月28日には留学先のコミュニティカレッジをアメリカ・カリフォルニア州にあるSerria Collegeに決め、準備を進めています。 

 

 

 


心理学なら日本でも学べるのでは?
そう思われる方も大勢おられると思います。
僕がアメリカの大学で心理学を勉強したいと思ったきっかけは「将来、青年と呼ばれる14歳から25歳までの若者の心の悩みを解決し、彼らが希望をもって生きていけるための心のサポートがしたい」と志したことでした。
 

僕が一番学校に行くことが辛いと思ったのは高校生の頃でした。


勉強のこと、部活のこと、友人との人間関係、そして将来のことなど様々なことに不安や悩みを抱えていました。

 

しかし、両親や先生、友人にも相談することができず一人でその不安や悩みを打ち明けられないままでいました。
 
誰かに自分の気持ちを分かって欲しい。誰かに悩みを相談したい。

 

と思い続けていても、自分の気持ちを本当の意味で理解してくれる人なんて近くにいませんでした。

 


その中で出会った人が自分と同じように夢や希望を持てずに生きているうつ病の友人でした。私の友人はうつ病と闘いながら、人間関係や将来の進路など様々なことに不安を感じていました。
 
しかし、当時の私は友人を助けることができず、今でも後悔しています。

私だけではなくその友人を支える家族や友人も同じ気持ちだったと思います。


人間関係や将来の進路に対して不安を感じる青年期。

 

『心理を分かってもらえない苦しさ』と『心理を分かってあげられない辛さ』
の両方を経験しました。


塾という職場で若者たちの姿を目の当たりにするうちに、当時の自分と同じように悩んでいる若者や学生が多いことを知り、「自分に何かできないだろうか」と心の中に引っかかるものがありました。

 

「若者や子供たちの側にもしも、本当の意味で自分のことを理解してくれる存在や、悩みや進路を率直に相談できる相手がいれば、様々なことに悩む多くの若者たちの心の支えになることができるのではないか?

 

そして、その若者や子供たちを支える人達も幸せにすることができるのではないか?」

 

と考えるようになりました。そして、自分はこれからの人生を、そのような子供たちや若者のために役立てたいと志すようになりました。
 
しかし、高卒で社会に出た今の私には彼らをサポートできるようなの専門的な知識も経験もないことが大きな問題でした。
 
今のままでは何も解決できない。
 
そう思ったとき、最先端の心理学を学びたいと感じるようになりました。
心理学を学ぶことで、学術的な視点からも青年の心理を理解することができれば、悩みを抱える若者たちのサポートができると考えたのです。
 
私は今まで、高校受験も大学受験も挑戦することを諦めてしまい、真剣に勉強と向き合ったことがありませんでした。しかし、そんな過去の自分を乗り越え、自分の夢を何としても叶えたいと決意し、アメリカの大学に留学するための準備を始めました。

 

学生の頃、僕は自分の夢が分かりませんでした。

 

 

 


ここからは、なぜ私がアメリカの大学で学びたいと考えているか、その理由をご説明したいと思います。

 

 


アメリカの大学における教育システムは、自分の夢を叶えるために合っていました。高校までの成績を問われないアメリカの大学は、自分にとっての最大のチャンスだと感じたのです。
 
編入制度を利用すれば、2年間のコミュニティカレッジの成績、そして自分の努力次第で、自分が希望する4年制の大学に編入することが可能です。これを知ったときに、心理学を専攻するための一番の近道は、アメリカに留学することだと確信しました。

 

 


アメリカでは出身国の異なる様々な方々が生活をしています。他国の人を寛容に受け入れているアメリカでは、心理学の分野においても、日本に比べて進んでいるということを知りました。

 

様々な環境で育った人達、考え方が違った人達からも心理を学びたい。そして人種や性別、年齢なども関係なく、様々な人の心を理解できるような人間になりたいと考えています。

 

 


私は将来アメリカで『青年心理学』『起業学』を専攻したいと考えています。
 
青年心理学を学ぶことは、複雑な高校生や若者の心理を深く理解するために必要です。この学びを通して、青年たちの心の悩みを少しでも解決していきたいと考えています。
 
そして、『起業学』についてですが、私は将来、青年の子供たちや若い人たちをサポートするためのサービスや場所を創りたいと考えています。
 
もっと率直に申し上げますと、心理学の知識を活かし、子供たちや若者をサポートするための仕事を自分で起こしたいという夢があります。
 
しかし、起業を成功させるためには、しっかりとした知識と実力が必要です。アメリカには将来起業を試みる人々が大勢おり、高い意識を持った人々が起業を成功させるために本気で取り組んでいます。同じ志を持つ、様々な国の仲間と学びながら、日本に貢献できる取り組み方を模索していきます。 

 

辛く、くじけそうな時でも前を向いて進んでいきます。

 

 

 


正直な話をします。
今の僕には、まだ留学を実現させるための資金が足りていません。
アメリカの大学を決意した時から資金問題については覚悟しており、資金を集めていました。しかし、フィリピン留学やTOEFLの受験などの支払いも重なり、9月末までに僕が作れた資金は20万円ほど。1月まで働けたとして40万円ほどだと仮定しています。
 
アメリカの大学で学ぶためには、最低でも1セメスター(1学期)分の資金だけで80万円を用意する必要があります。航空券やその他準備の資金も10万円ほど必要です。つまり、現状ではまだ、50万円不足しています。
 
80万円という金額は1学期分の学費と生活費です。そのため、1学期通うことができた後、2学期目や1年通うことができるか。2年間通い続け、卒業できるのか。
入学以降の資金についてはまだ何も決まっていません。
 
しかしそれでも、自分の夢を叶えるために、まずはアメリカ留学を実現させたいのです。
 


「ちゃんと資金をしっかりと貯めてから行きなさい」という厳しい意見も承知の上です。
 

しかし、今ではなくてはならない理由があります。


来年の1月からアメリカのコミュニティカレッジで学び始めることができれば、その後で自分がアメリカでどのように学んでいけばよいか、今後の進路計画もはっきりしてくるからです。
 
〇卒業するまでのプロセス
〇心理学が学べる4年生大学の選び方
〇資金の集め方と、それを達成するために必要な行動
 

様々な計画を、現地の生の情報をもとに考えることができるため、日本で情報収集するよりも、より現実的で確実な計画を立てることができます。
そうすることで、目標にも早く近づけることを確信しています。
 
私の目的はシンプルです。
 
一日でも早く、専門的な最先端の心理学をアメリカで学び、日本の社会に貢献すること、です。
 
アメリカの大学に挑戦するための私の最初の一歩を、応援していただけないでしょうか。

 

長い、長い道のりかもしれない。それでも一歩一歩前に進んでいきます。

 

 

 


皆さんから応援していただいた資金は、私がアメリカ留学に挑戦するために大切に使わせていただきます。
 
自分の目標を達成するまで努力し続けることを、ここに誓います!!!
 

SerriaCollege入学金・・・10万円
 
2019年1月28日から5月25日までの
1セミスター(2学期制の内の1学期)の学費・・・35万円
 
2019年1月28日から5月25日までの
1セミスター(2学期制の内の1学期)の教科書代・・・5万円
 
合計50万円

 
皆様にご支援をお願いしたいのは合計で50万円という資金です。
 
入学してからの1学期は、大学や生活に慣れるために私自身も必死だと思います。余裕もなく、自分で働くこともままならないと思います。
 
もし、1学期しっかりと勉強をすることができ、そして良い成績をとることができれば、2学期からは学内のアルバイトをすることができ、資金を自分でも集められるようになります。
 
アメリカの生活に慣れるため1学期を使うことができれば、安いアパートを何人かの学生で家賃をシェアすることもできるかもしれませんし、寮に住むよりも節約していけるかもしれません。
 
最初の1学期が大切です。
 
入学後は、一日も早くアメリカでの生活に慣れ、勉強に集中し、結果を出せるように努めてまいります。
 
私にとって大切な最初の1学期を過ごすために、どうかご支援いただけないでしょうか?
 

今年10月~来年5月、1学期終了までの予定です。

 

 

 


『多くの若者や子供たちに良い影響を与えられる人間になりたい。』
 
それが僕の人生においての目標です。
 
自分の人生の目的を叶えるために今の僕ができること。
 
それは、どんなに辛く難しい目標でも、自分自身の努力で乗り越えていくこと。その姿を見せていくことだと確信しました。
 
「アメリカの大学に留学し、最先端の心理学を学びたい。」
 
偏差値40台の高卒で英語力も経済力も全くない僕にとってアメリカの大学で学ぶことは想像もつかないほど無謀な挑戦です。
 
「叶わない無謀な挑戦かもしれない。」それでも、
 
自分の中に少しでも可能性があるのであれば『できない』と最初から決めつけたくはない。諦めるよりも、自分の可能性を信じて挑戦したい。
 
そして、挑戦する自分の姿を多くの若者や子供たちに見てもらうことで、勇気や希望を与えられるようになりたい。


 
私は今、本気でそう思っています!

 


アメリカのコミュニティカレッジ(アメリカ州立短大)で学ぶことは、これまで『どうせ無理』と考え、すぐ挑戦を諦めていた自分を変えるために必要な、一生に一度のチャンスだと思っています。
 
私の話を読んでくださった皆さんに心から感謝しております。
 
皆さんのなかに、もしも、私に投資する価値がある、期待できる、と感じてくださった方がおられましたら、ぜひとも、私を応援していただけませんでしょうか。
 
アメリカ留学を実現するための応援とご支援を、
どうか、よろしくお願い致します。

 

※2019年1月31日までにSierra Collegeの学費を支払い、5月25日までの1学期終了をもってプロジェクトの実施完了とします。

 

 

 

アメリカ大学応援コース・・・2000円

 

①Thanksメール

心を込めてメールを送らせて頂きます。

 

②PDF英語勉強メソッド(希望の方)

メールと一緒に自分が作成した英語勉強法をPDFで送らさせて頂きます。

 

僕が試して良かった勉強法をまとめてお送りいたします。

 

 

アメリカ大学全力応援コース・・・5000円

 

①アメリカのポストカード+オリジナル写真データ

あなたの好きな言葉や夢とお名前を筆記体で書いた写真のデータとアメリカのポストカードをアメリカから送らさせて頂きます。

 

写真データを現像して頂き、写真飾りとして飾ったり待ち受け画面にしていただいてもいいと思います。

※写真の種類や言葉は後日個別で相談させて下さい。

 

②PDF英語勉強メソッド(希望の方)

 

③非公開のFacebookグループにご招待

ご支援者様を非公開のFacebookグループにご招待します。

毎週1回、アメリカでの生活や勉強していることについての報告をします。

 

あなただけのお写真作ります。

 

アメリカ大学本気応援コース・・・10,000円

 

①アメリカのポストカード+オリジナル写真データ

※写真の種類や言葉は後日個別で相談させて下さい。

 

②PDF英語勉強メソッド(希望の方)

 

③非公開のFacebookグループにご招待

 

④Skypeでの1時間 英語相談や英語指導などさせて頂きます。(希望の方)

アメリカからSkypeを使って英語相談、英語指導、留学相談、悩み相談、その他質問など1時Skypeを利用して自分のできることをさせて頂きます。

※日時は後程、個別で相談させていただきます。

※ご家族、友人、知人でも利用していただくことが可能です。

 

夢や目標は書くと実現すると言われています。

 

未来の自分に期待コース・・・30,000円

 

①感謝の手紙

アメリカから感謝の手紙を送らさせて頂きます。

 

②PDF英語勉強メソッド(希望の方)

 

③非公開のFacebookグループにご招待

 

④Skypeでの1時間 英語相談や英語指導などさせて頂きます。(希望の方)

 

⑤アメリカの写真立てにオリジナル写真をつけて送らさせて頂きます。

アメリカで購入できる写真立てにあなたの好きな言葉や夢を自分が筆記体で書いた写真をセットでお送りさせていただきます。

※写真の種類や言葉は後日個別で相談させて下さい。

 

素敵なインテリアになるように御作り致します。

 

未来の自分へ全力投資コース・・・50,000円

 

①感謝のお手紙

 

②アメリカの写真立てにオリジナル写真をつけて送らさせて頂きます。

 

③非公開のFacebookグループにご招待
 

④直接個別でお会いして感謝の気持ち、アメリカで学んだことの報告をさせて下さい。

※日時は後日個別で相談させてください。

※四国県外の方の場合交通費はご負担ください。

 

 

大田明弘に全力投資コース・・・100,000円

 

①感謝のお手紙

 

②アメリカの写真立てにオリジナル写真をつけて送らさせて頂きます。

 

③非公開のFacebookグループにご招待

 

④直接個別でお会いして感謝の気持ち、アメリカで学んだことの報告をさせて下さい。

※日時は後日個別で相談させてください。

※四国県外の方の場合交通費はご負担ください。

 

⑤一日英語通訳や自分ができるお手伝いします!

※交通費はご負担下さい。
※日時は後日相談させて下さい。
※有効期限は5年間内にさせて頂きます。

 

 

 

 

 

今回のクラウドファンディングを立ち上げることでも私一人の力ではどうしても難しいものでした。

多くのプロフェッショナルな方の協力のもと完成させることができました。

簡単に私のクラウドファンディングに協力してくれた方々の紹介をさせて下さい。

 

 

片山 ゆーへいさん 写真撮影担当

『常に全力で瞬間を追い求め、足で写真を撮る。』

行動力MAXフォトハンターです!!!

 

 

 

りょんりょんさん 動画撮影編集担当

マルチグラファー(photo/movie)

香川県写真サークル"Flat Photo Hunters" 代表

笑顔や風景、、、"最高の瞬間"を映し取ります。

 

 川添 敬太さん 写真撮影編集担当

  『撮りたいものがそこに在る』

  香川県の写真を中心に撮っています。

  香川の良さを広めていきたいです。

 

 

 

 為房 昭光さん 写真撮影編集担当

現在、東京の印刷会社で働きつつ趣味のカメラを続けている。

コミュニケーション心理学を学び人間関係に対するコンプレックスを克服。夢に向かって向上心をもって行動しています。

 

 

りょうちぇる ホームページデザイン担当

「全力で人生を、そして自分の成長を楽しむ!」がモットー。

今年の夏から上京し、Webディレクターを目指して頑張っています!

 

 

Aaron Sawatsky 写真撮影協力

日本とカナダのハーフ。

小学1年生まで日本に住んでいたがカナダに移住。

現在日本で英語の先生として活躍。


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)