こんにちは。

社会貢献教育事業ディレクターの大石です。

 

7月17日に國學院大学で「寄付の教室」を行いました。

(詳しくはこちら

 

授業を受けた学生たちから、感想や気づきをフィードバックしてもらいました。

実際に社会貢献教育の授業を受けた学生たちからの生の声をお届けします。

 

 

寄付をすることで当事者だけでなく日本や世界の経済が回るということまで考えているのはまた自分が思っていた視点と違った。寄付する側される側だけでないことに気が付かされた。”

 

 

 

“今までは寄付というものについてあまり考えたことがなかったので、色々と知ることができ、同年代の人たちが活やくしている活動があるということに興味を持ちました。”

 

 

 

“寄付というのは偽善的な事という偏見がありましたが、実際に話を聞いて自分の考え方が大きく変わりました。貴重な経験ありがとうございました。”

 

 

 

新着情報一覧へ