こんにちは!
現在、夢実現のために、資金集めなどに日々、奮闘しております、現在大学生、白井真優です!
、ネットなどを用いて、社会に少しでも自分のことを発信していく重要性を感じており、ブログで自分の今まで感じたこと、経験談など更新していきます!

今回はNYに2012年、第一回目行った時のことのお話をのっけようとおもいます。
2012年の秋、九月ごろ、私はNYに語学留学に行ってきました、、

 


 

 

でーーん!とあるこの写真はあのNYで有名な5points(今は亡き、、?)でとりました!!お気に入りの写真です

 

 

親になぜNYなんだといわれ、
私は「国連を含め、様々な国際機関があるから、将来、国際機関で働きたい私はいくべきだ!!」といったのを覚えています。。
もちろん中身は、
「ストリートダンスで向こうの人々と踊りたい、You tubeで見ていた、NYの有名なあのダンサーや、あのダンサーに会いたい!」

ということで、NYに語学学校留学に、親に半分お金を出してもらい、半分は私もちだったので、バイトして留学の資金をためました!

そして、NYへ!!初めての一人海外、英語圏、あの、NYともりドキドキ、わくわくでしたが、一日目でそんなMy DREAMはつぶされてしまいました。

まず、一日目、空港つき、迎えに来てもらい、さっそくホームステイ先へーー!わくわく!していました!
なんでも、お子さんがいるおうちらしく、「子供さんと一緒に踊ろうかなー」とか考えていました。

ところがどっこい、語学学校の迎えの人に、ステイ先の家まで送ってもらったのですが、、
ホームステイ先の人おらず、電話しても出ず、、
当初、私は英語はあまり、聞き取れず、話すのも片言やったので、、どうなってるのか、さっぱり、。。

迎え先の人も、大分呆れ顔でしたが、仕方ないので、語学学校まで送ってもらいました。。

そして、学校オフィスはしまってるし、迎えに来てくれたオッチャン、次の仕事あるとか言うてどっかいくし、どうすんねん、、と思いつつ。警備のスペイン語圏の人らしき、英語片言のおっちゃんに、片言の英語で話しかけてみる、、

片言 対 片言・・・・・

なんか、ようわからんけど、薄暗いボロボロの部屋に連れていかれました、、、
ベッドはあるけど、電気つかんし。。。
とんかく、日本さっそく恋しくなってFBを開けて

 

 

泣きながらFB投稿。。。この時本当に、日本が恋しかった、

でも、NYに行っていた知り合いに、その日にダンスのイベントがあるというのを思い出した。。。

時刻は昼過ぎ、、イベントは4時から7時、場所はどこか全くわからん。。。
んーーー。
「いきたい!!」

「よし、とにかく、学校の道端で踊って、だれか食いつく人がいたら、その人と一緒に行こう!!」
と思い、とにかく、語学学校で踊ってみる、、、

がしかし、みんな、見て見ぬふり、、んーーーまだまだ!!

ストリートなダンス開始20分後
ドイツ人と日本人の男の子二人が食いついてきた!
男の子二人「何してんの??」(当時は英語でしたが、日本語でお送りします)
私「ダンス」
そして、よしチャンスや!聞いちゃおう!!
「実は私このイベント行きたいねんけど一緒に行ってくへん??」(もちろん英語です)
私は携帯のイベントのフライヤー画像を見せ二人にいきたさを熱弁。。。

 

二人とも、、
「えーー。もう昼過ぎやし、第一、これブルックリンやん、こっから2時間はかかるで、、、」
そもそも。、私の滞在していたNYの語学学校はマンハッタンではなかったらしい、そこから大分離れたところ、、、(私はそんなん知りませんでした))

その後、必死の交渉の末、一緒に行くことに、、、
私は、とにかく、うきうき!!

まずはマンハッタンまで電車で行きました、、案外遠い、、学校からマンハッタンまで一時間かかるのんて、、
電車の中では

「実は私、今日ついたんです!!明日からマンハッタン一人できたいんで、いろんなこと教えてください!」

ドイツ人の友達
「じゃあ、歩くのがぴったりだね、グランドセントラル駅からそのブルックリンのイベント会場まで歩こうか!
僕散歩大好きなんだ!!」
私「えーー!ありがとうございます!私も散歩大好きやし、ぜひ歩きましょう!!」
日本人の男の子の顔がひきつっていましたが、私は気にしませんでした。
※しかし、これが悲劇の始まりに、、、


まあでも、夢のマンハッタンにつき、うきうき!!

 

さっそく、歩き始めました
グランドセントラル駅から、
行き道歩き出して、
一時間経過。まだ、ブルックリンブリッジにすらつかず、
ドイツ人「あ!イベントあと2時間しかない、ブルックリンブリッジとかもいきたいんやったら、行道はタクシー使おう!」
ということで初イエローキャブ、、

そして、ブルックリンブリッジ

 

 

このメンツです!!
その後、歩いてイベントへーー!
Dekalb Marketという駅すぐ近くでのイベントだったのですが、その近くに行くと
聞こえてくるは、ビート!ビート!!ビート!!!

そして、はしゃぐ私をよそに、
「バッグもっててあげるよ、写真もとっとくね、」
と保護者のように、暖かく見守る二人、、

 

 

 

この真ん中の帽子かぶってる小さいやつが私です。。。

この時驚いたのは、このようなクラブ空間に、老若男女、踊れる踊れない関係なしにいたことです!!
私は初め、絡んできた、おじいちゃんととセッションし、そのあとお兄さんとセッション、おばあちゃんや、若者子供との、セッションを楽しみました、みんな、こいつダンスうまいとか、うまくないとかでみてるんじゃなくて、単純に遊んでるだけ、そんな気がしました。。。
もう感動、「Hello!」とかしゃべってもないのに、どんどん友達がダンスでできていく、、ダンスってすげーー。ってか、音楽空間の魔法を感じました!!
何人かの人が、今度イベント行こうと誘ってくれ、、「Face Book??」ときかれたので、、とにかく、名前だけ発言するという、なんとも、FBさま様です。。

その後、7時になり、まだまだイベントは続きそうやったんですが、二人にそろそろ行くよといわれ、帰ることに・・・

さすがに、NY到着した日やったんで、時差ボケで、眠たくて、おまけに踊ったので、ふらふらでした、、、

しかし、
ご機嫌な、ドイツ人。。。
「やっと、歩ける!!」

まさか、、、、、、
 

 

そうです、お散歩大好きというドイツ人の友達!!!
今から約5時間ほどかけ、マンハッタン中心の駅、グランドセントラルまで歩くことになったのです。。

途中休憩なし、食事なし、、なんたるスパルタ!!
途中私が
「飲み物でも飲まない?」というと
ドイツ人の友達は、公演の水道口を指さし、「のめば!!」と

途中、相当足ががたがたしだしたので、地下鉄を利用しようと提案したものの、
ドイツ人「すべて君のためなんだ!、NYを知るには歩くのが一番!」
と、、、

無言のなか、歩き続け終電の12時ごろに、電車に乗りました、、、ついた駅から、また山の上まで20分ほど歩かんといけんので、ついたのがAM1時半、私は二人に礼をいい、またあの、薄暗い部屋に戻りました、、、

さすがに、空腹に耐えられず、ホームステイ先で上げる予定だった、柿ピーを水と共にのみました!!
いろんな意味で泣けた一日目、、、

部屋の外では、スペイン語圏の学生たちがPartyをしているらしく、ラテンミュージックと奇声が絶えませんでした。。

その日、私は、、疲れ果て、パソコンを開くと、今日セッションした友達からメッセージが届いており、、感動しつつ、眠りました!!

ちなみに、その後ホストファミリーからはドタキャンされたらしく、私のなかなか、波乱な寮生活が始まるのですが、また書きます!!
とにかく、一日目の、濃いNYのことを書きました、、
ちなみに、一日目付き合ってくれた、二人のことは私いま、名前も忘れてしまって、FBも聞いてなかったので、あの日以来あってません。。。元気かなーー?いやーでも本当に、一日目にあんなスパルタな活動ができたので、NY動き回れたんだと思います、ドイツ人の友達に感謝です。。。

今後も

NYではたくさんのことを気づかせてもらったので、そのことたくさん書いていきます。

 

新着情報一覧へ