はやいもので、クラウドファンディングもあと5時間。色々、投稿したかったけど、ギリギリになってしまいました!

2本目のアニメを作ったのは、”積極的平和”の概念をわかりやすく伝えたかったからです。

ガルトゥング平和理論の衝撃は、「”平和”の反対は”戦争”ではない」というところでした。そう、確かに戦争がないだけで”平和”とは言えない。

ガルトゥングは、”平和”の対概念を”暴力”としました。

しかし、暴力がないというだけでは、平和は維持できません。

平和の状態を保つには、人々の対話があったり、信頼関係があったり、平等があったり、安心してくらせる何かがあったり、そういう”〇〇がある”という状態が積極的平和です。

積極的平和については、ガルトゥング自身も定義を変えているので、この概念は定着しているとは言えません。

まして、安倍首相が「積極的平和主義」というガルトゥングの「積極的平和」とは全く異なる使い方をしているので、混乱しています。

アニメ『オレンジの木の下で 消極的平和・積極的平和』で、少しでも伝わればいいなと思っています。

積極的平和については、ガルトゥングが設立したトランセンド研究会のHPに詳しく書かれています。

 

新着情報一覧へ