アニメのキャラクターを自分の顔と同じ動きにできるソフトを発見しました!

右上が、パソコンのカメラに映った私の顔。
その表情や動きを、真ん中にいるアニメのキャラクターが、真似してくれます。Adobeのキャラクターアニメーターというソフト。
なんという、優れもの!
これを使えば、口パクは簡単にできるし、歩かせるのも、お手のもの。

アニメ『オレンジの木の下で 消極的平和・積極的平和』は、絵本作家の友人がキャラクターを描いてくれ、我流で獲得した半端ないスキルを持った友人がPhotoshopで色づけしてくれました。


そのPhotoshopのデータを、キャラクターアニメーターというソフトで設定、動きをつけます。
設定は、かなり面倒で、英語対応しかない部分もありますが、人形アニメの口パクとは桁外れに手数が少なくてすみます。
このソフトを使いこなせば、表現の幅がひろがります。嬉しい~。すごい技術の進歩。
人形アニメは、アナログな、「そこに、ある」という存在感が何とも言えない雰囲気を作りだすので、それはそれで、とても良いのですが、ソフトでキャラが動くというのも、心くすぐられます。

アニメの中の、おばーちゃん、徹夜で眠い中、口パク、表情をつけたので、目をぎゅっとつぶりがちになってしまいました。

新着情報一覧へ