おはようございます。チャンタさんの「平和への想い」を日本にも広めるべく始めた『平和貢献プロジェクト』も残すところ1週間(3/10まで)になりました。ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

ご支援いただいたお金を、チャンタさんの想いを広める広報活動に活かすべく「カンボジアフェスティバル2017」に申込みをしておりましたが、この度、ブースの出店が決定しました!たくさんのカンボジアの特産品ブースに混じって、平和のアクセサリーの販売します。ぜひ販売スタッフに、「平和貢献プロジェクト」にかける想いやチャンタさんとの出会いを聞いてみてください(来場無料)。

 

 

前回のカンボジアフェスティバルの様子

 

<<カンボジアフェスティバル2017概要>>

日時:2017年5月3日(水)、4日(木)(各日10:00-19:00)

場所:代々木公園イベント広場 (東京都渋谷区代々木神南2-3)

※主催者情報などの詳細は、以下ホームページからご確認ください。

http://www.cambodiafestival.com/

 

(メンバーのフォトアルバムからカンボジアの写真を拝借)

カンボジアの有名な遺跡である「アンコールワット遺跡群」と、負の遺産である「トゥール・スレン虐殺犯罪博物館(通称 S21)」と、処刑場である「チュンエク大量虐殺センター(通称 キリング・フィールド)」のご紹介(と言わなくてもほとんどの方がご存じでしょうが)。

 

彼のブログにもありますが、チャンタさんのアクセサリーがひとつのきっかけになると良いなと思っています。

『大量虐殺は、第二次世界大戦以降だけでも戦争・紛争・内乱・革命の名のもとに、世界中で起こっています。自国の恥かしい歴史をオープンにしてでもこれを考えるきっかけとし、「二度と大量虐殺が起こって欲しくない」という言葉で、(キリング・フィールドの)オーディオ・ガイドは締めくくられていました』

 

アンコールワット遺跡群

S21とキリング・フィールド