100名を超える皆様からのご支援を頂き、本当にありがとうございます!

 

一人ひとりの方からの想いをしっかりと受け止めて、活動へつなげていきます!

 

 

 

今回、皆さんにお願いしたいことがあります!

【あなたの「なにげない幸せ」を投稿することで、プロジェクトのことを広めていただけませんか?】

 

 

 

今、Piece of Syriaでは、

「実際に話を聞いていただく場」として、写真展を企画しております。

 

 

1階部分は、シリアの過去と今(僕が訪ねた難民の人たちの様子)を、解説付きで紹介しております。

 

2階部分は、「なにげない幸せ」を皆様からの投稿して頂き、それを展示するというスペースです。

 

http://idea-journey.com/photo-osaka/

 

 

あるシリアの若者の言葉をきっかけに、僕はこの写真展の企画を考えました。

 

「僕の夢は、家族みんなでご飯を食べること。
昔は、それは毎日の『当たり前』ことだったんだ。
でも、今やそれができる日が来るなんて思えない。叶わない夢だよ」

 

 

かつての「当たり前」が、「叶わない夢」になるなんて。

 

かつては、日本と同じように治安が良く、教育も行き届き、度がすぎる程の「お人よし」で、「まさか自分が難民になるなんて」と思っていたシリアの人たち。

 

しかし、「現実とは思ないんだ。朝、シリアの自分の家の布団じゃないかと思って起きるんだが、実際は避難先のこの家だ。まるで夢みたいだよ」と。

 

 

家族想いで、仕事終わりにわざわざ家に帰ってから家族でご飯を食べるようなシリアの人たち。

 

その当たり前の中にあった幸せが、ほんの数年で失われてしまっているのです。

 

 

 

この「なにげない幸せ写真展」に参加していただくことを通して、
いま私たちの周りにある幸せに気付くきっかけに、


そして、

他人事から自分事に近付いて、
「シリアが平和になったらいいな」と思う気持ちが生まれる契機になれば、と願っています。

 

 

 

このプロジェクトを知っていただくことで、「シリアへの見え方が変わった」と言って頂いています。

そんな「見え方の変化」から、シリアの人たちが支援よりもっと求めている「故郷に帰ること」のために、皆さんと一緒に動いていきたいと、願っています。

 

 

参加方法は、

ハッシュタグ「#なにげない幸せ写真展」とつけた投稿を、SNS(twitter/instaglam/Facebook)に投稿していただくだけ!

 

その写真の説明文とともに。

 

 

できれば、URLもつけておいて頂けたら幸いです。

http://piece-of-syria.org/nanigenai/

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=Lw7ULaGOhCo

 

 

 

 

「戦争はイメージしやすいが、

   平和はイメージしにくい」と、

僕の作ったシリアの動画が賞を頂いた国際平和映像祭で、教わりました。

 

 

 

 

 

画像検索したとき、「戦争」は具体的なもの、「平和」はイメージが出てくる、と。

 

もちろん、「平和の対義語は戦争」というわけではないのですが、

「平和」がイメージしにくいものであることは確かだと思います。

 

 

 

「平和」の、少なくとも一側面である「日常の中にある、幸せな時間」に改めて気付くことで、

平和を創り出すチカラが生まれるように、というチャレンジです。

 

是非、皆様からのご参加、お待ちしています!

 

 

#なにげない幸せ写真展
新着情報一覧へ