プロジェクト終了報告

2018年12月06日

医療的ケア児と笑顔のバトンを広げる!プロジェクト続行中!

クラウドファンディング[医療的ケア児と笑顔のバトンを広げる!大道芸で地域をつなげよう]にご支援をいただいたみなさまへ

この度は私たちのクラウドファンディングプロジェクト[医療的ケア児と笑顔のバトンを広げる!大道芸で地域をつなげよう]に多大なご支援をいただきありがとうございます。
猪原歯科・リハビリテーション科の猪原健です。
みなさまの温かいご支援をいただき、現在もプロジェクトは継続中ですが、ここで一旦プロジェクトの現状について中間報告をさせていただきたいと思い、ご連絡させていただきました。今回のクラウドファンディングでは総額¥1,456,000という大変多くのご支援をいただけました。本当にありがたいご支援をいただいたと感じております。ありがとうございます。

[現在行ったことについて、今後の予定について]
今回のプロジェクトでは下記の3つの企画についてご支援をお願いしました。実際にどんな活動をさせていただいたのか、ご報告させていただきます。
①    『医療的ケア児の子供たちと街に繰り出そう!』プロジェクト
5月に行われた西日本最大の大道芸の祭典『ふくやま大道芸』に今年も子供たちを招待することができました。今年はストリート企画で市民の皆さん、地域の子供たちと一緒に夢ある時間を楽しむことができました!

たくさんの子どもたちが集まってくれました!子どもたちは初めて見る大道芸のパフォーマンスに夢中でした!
はじめて大道芸を見ることができました。

 

たくさんの笑顔が生まれました


②    『子供たちに地域の情報や資源を届けよう!』

お母さんたちが地域の方々と繋がる会『地域で医療的ケアが必要な子どもたちを支えよう』を今年も開催することができました。今年は昨年よりもさらにパワーアップし、行政や訪問看護ステーション、お母さんたちの団体の皆さんも参加してくださいました。さらに今年も大道芸人さんが会場でパフォーマンスを披露してくださいました!

お母さんたちはそれぞれの事業者さんたちとゆっくりお話されていました
初めてのフェイスペイントに挑戦しました!
たくさんの方が参加してくださいました


③    『1年を通して!子供たちに夢ある時間を宅配しよう♪』
今回は福山市の特別支援学校に大道芸をお届けしました!お母さんたちからは「大道芸を見たことがない医療的ケア児の子どもたちにどうしても1度大道芸を見てもらい、楽しさを知ってほしい」とお話をいただきました。

始まる前から会場はわくわくムードです!
医療的ケア児のお兄ちゃんはステージで一緒にパフォーマンスをしました!
会場は大盛り上がりでした!
最後はみんなで集合写真を撮りました!

また、今年は「平成30年7月豪雨」という大変な災害が私たちの住む福山市のすぐ近くでおこりました。この災害により被害を受けた方々は住居を失い、今も避難所で生活されている方がいます。さらには、そのご家庭の子どもたちは家を失い、普段の生活を失い笑顔が消えてしまっていました。そこで、今回みなさんにいただいたご支援で被災地支援として大道芸を避難所で開催された3つのお祭りにお届けさせていただきました。

たくさんの子ども達に大道芸をお届けしました!
お祭りは被災地の公民館で開催されました。
復興に向けて頑張っています。


[収支報告について(2018年12月6日現在)]

大道芸人の派遣費:30万円(5月企画2組、10月企画1組、被災地支援4回、支援学校派遣3人)

人件費:7万5千万円

講師への謝礼:5万円

交通費:5万円

雑費(飾りつけなど):3万円

会場費:1万5千円

計:42万5千円

※今後も医療的ケア児と大道芸の企画を継続して参ります!残りの金額は、それらの企画とリターンの作製に充てさせていただきます。
[リターンについて]
ピエロ白書を現在、鋭意執筆中です。大変申し訳ありませんが、発送まで今しばらくお待ちください。どうぞよろしくお願いいたします。

 

中間報告となりましたが、いかがでしたでしょうか。みなさんのたくさんのご支援によって実現した今年の活動ですが、現場の私たちは地域が目の前で変わっていくことを体感しております。今後もせいいっぱいこの活動を続けていきたいと考えておりますので、ご協力ご支援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。