プロジェクト概要

違う色と色とが交ざり合うと、新しい色が生まれる。

 

障害のある人もない人も、

混じりあって一緒に創り上げるファッションエンターテイメント

 

このプロジェクトでは、2012年7月29日特定非営利活動法人ぱれっと(以下、NPO法人ぱれっと)の設立30周年を記念したイベント「ぱれコレ2012〜融合と創造〜」を開催します。ぱれコレ2012は、「新しい社会の創造」というメッセージを発信することを目的に、障害のある人とない人、専門家や学生、社会人など様々な人が融合し共に創り上げるファッションエンターテイメントイベントです。

皆様に頂いた支援金は、「ぱれコレ2012〜融合と創造〜」を開催するための施設費や、衣装代として使わせて頂きます。

 

 

【ぱれコレについて】

初めまして、ぱれコレ2012実行者委員長の左右木歩と申します。誰もがこの社会の中で生かされていて、そして自らを社会に活かしていくことができる。それがNPO法人ぱれっとを通して、私が知的に障害のある人達との出会い、実感したことです。
障害の有無に関わらず誰にでも、得意なこと、不得意なこと、できること、できないことはあります。
障害があるがゆえに、健常者にはできることができないというケースは確かにあります。一方で、健常者にできないことをいとも簡単にやってしまう障害者もたくさんいます。
例えばそれは「感じるままに自分を表現すること」であったりします。そしてそれが、人の胸を打つほどの表現であったりします。

 

 

理由や理屈は分からないけれど、心に刺さるその表現力。それは、社会のルールや概念に縛られている私に、何か、とても大事なものを気づかせてくれるものでした。
私はそこに大きな「価値」を感じています。そして、彼らの表現を多くの人に知ってもらいたい、という思いで、2010年に障害のある人とない人が共に創り上げるファッションショー、「ぱれコレ2010」を明治学院大学、NPO法人クーピーファッションアートグループとの協働事業として開催しました。

 

 

ワークショップの様子


その結果、来場者数173名もの方にお越しいただき、出演者、ボランティア、協力者を入れると300名近くの方達と、当日、同じ空間の中で一つのイベントを創り上げることができました。そして来場者の反応そのものが多くの人達と共に信じて創り上げてきたプロセスの答えでした。
来場者の感想を一部紹介します。

 

 

■ぱれコレ2010からぱれコレ2012へ

そして、来る7月29日(日)、ぱれっとの設立30周年記念イベントとして行なう「ぱれコレ2012」では更に多くの人と共に感動を感じたい、ぱれっとからのメッセージを届けたい、という思いで、規模を拡大して行ないます。
出演者も、障害のあるなしだけではなく、下は0歳から上は90歳まで、幅広い人たちが出演し、様々な人達が融合し、共にステージを創り上げていきます。
違う色と色とが交ざり合い、新しい色が生み出され、それが思いもよらない彩りにかわり、人を魅了する。7月29日(日)は、「ぱれっと」の名前の通り、人と人との結びつきから生まれる無限の可能性にワクワクし、共に未来を描く、そんな1日にしていきます。

 

【プロジェクト詳細】


ステージ出演者
 年齢、性別、国籍、障害の有無を問わず一般公募により 30名
 協力団体から音楽・ダンスパフォーマンス 30名

スタッフ
 イベント企画、ステージ演出、衣装製作、ヘアセット・メイクアップ 60名

協力団体
 NPO法人自然生クラブ「田楽舞」
 笹塚和太鼓の会
 unkaji
 サンシャインダンス
 NPO法人ユニバーサルファッション協会
 杉野服飾大学 学生有志
 Tokyo de Volunteer
 有限会社スタジオ・フェイス

ワークショップ
 出演者の個性や表現力を引き出すこと、出演者同士のチームワークを構成することを目的に、イベント当日までに全5回のワークショップを開催します。

 

 

【NPO法人ぱれっと について】

NPO 法人ぱれっと は、1983年の設立から今日まで、渋谷区恵比寿を拠点に 障害のある人たちの社会参加と自立を目指し、余暇・就労・生活において地域に密着した活動を続けており、制度や既存のサービスにとらわれることなく、独自の アイデアと実践を通して社会に挑戦し続けてきました。
具体的には、次のような事業を展開しています。
「あそぶ」
 たまり場ぱれっと:誰でも自由に集い新しい可能性と仲間を見つける場
「はたらく」
 おかし屋ぱれっと:クッキーとケーキ作りで社会参加と自立を目指す福祉作業所
 スリランカ料理&BEER Palette:障害者・健常者・外国人の3者が融合して働く店
「くらす」
 えびす・ぱれっとホーム:知的障害者が自立した生活を目指し地域で暮らす家
 ぱれっとの家いこっと:障害のある人ない人が共に暮らせるシェアハウス
「国際交流」
 ぱれっとインターナショナル・ジャパン:国際的な福祉活動の協力・支援を行う

 

【引換え券について】


・実行委員長とイベント体験ご招待
7年間たまり場ぱれっとのイベントを創り上げてきた、ぱれコレ2012実行委員長の左右
木(そうき)とともに、毎月1回開催している障害のある人とない人が共に余暇活動を楽しむイベントに無料で参加できる権利です。
(イベントの内容は、お花見、料理教室、各種レクリエーションやスポーツなど毎月異なります。)

※ 過去に実施したイベントの写真です。

・ぱれっとの写真絵本「あなたとわたし わたしとあなた -知的障害者からのメッセージ-」
ぱれっとからのメッセージを、ぱれっとに関わる障害者の日常を撮影したカメラマン寺澤太郎さんの写真と短い詩としてまとめたビジュアルメッセージブックです。(http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784097264606)

・出演者からの手書きメッセージカード
ぱれコレ2012出演者から感謝の手書きメッセージカードです。

※ 画像はイメージです

・イベント当日およびワークショップの様子を記録したDVD
ぱれコレ2012当日の様子や事前に行う全5回のワークショップの様子を記録したDVDです。

・クッキーセット
障害者が働く福祉作業所「おかし屋ぱれっと」で製造・販売しているクッキーセットを設立30周年記念して特別仕様にした限定商品です。

※ 画像はイメージです

・スリランカ料理&BEER Paletteお食事券
障害者・健常者・外国人が共に働くレストラン「スリランカ料理 & BEER Palette」(東京都渋谷区恵比寿)の2000円分のお食事券です。本券は設立30周年を記念した特別仕様のレトルト スリランカカレーとの交換も可能です。


・ぱれっと見学ツアーご招待
ぱれっとについてより知っていただくため、ぱれっとの各セクション(福祉作業所「おかし屋ぱれっと」、余暇活動の場「たまり場ぱれっと」、障害者の生活の場ケアホーム「えびす・ぱれっとホーム」、障害者と健常者が共に暮らすシェアハウス「ぱれっとの家いこっと」)を見学し、障害者・健常者・外国人が共に働くレストラン「スリランカ料理 & BEER Palette」でランチを食べて頂く半日のツアーへご招待いたします。

 

・30周年記念ワイン
設立30周年を記念した関係者用特別限定ラベルのワインです(750ml 1本)

 

・打ち上げパーティーへのご招待
8/25 14:00~ 渋谷駅周辺で行う出演者・スタッフ等関係者のみが参加する打ち上げパーティーへ特別にご招待いたします。

・出演者が身につけた衣装小物のレプリカ
ぱれコレ2012当日に出演者がステージで身につけた衣装小物のレプリカ、または衣装を制作したのと同じ布でつくるバンダナのいずれか選択いただいたものをお送りします。


・NPOぱれっと情報誌「ぱれっとつうしん」
毎月発行している情報誌です。ぱれコレ2012の開催のご報告を兼ねて、ぱれコレ2012のレポートが載った月の号をお送りいたします。


最新の新着情報