READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

マイノリティは生きづらい?「日本生きづらさ大全」を作りたい

プラス・ハンディキャップ

プラス・ハンディキャップ

マイノリティは生きづらい?「日本生きづらさ大全」を作りたい
支援総額
1,040,000

目標 1,000,000円

支援者
79人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2014年09月18日 12:25

日本生きづらさ大全をつくる理由2 -井上 洋市朗-

プラス・ハンディキャップはこれまでもWebメディアとして1年以上活動しており、毎月数万人の方にご覧いただいているサイトです。

 

それでも今回、日本生きづらさ大全を書籍として発行しようとしているのは、「生きづらさ」を知らない層の方々に届けるには書籍が有効なツールと考えたからです。
Webの良いところは、Yahoo!やGoogleでキーワードを検索すれば自分の好きな情報に好きな時にアクセスできることです。


一方でWeb上の情報は膨大なため、キーワードに引っかからなければ決して情報に行きつくことはできません。


そのため、障害者に興味のある人が障害者の情報にはいきつけても、LGBTや難病患者、若年貧困者の情報に行きつく可能性は低くなります。

 

その点、「日本生きづらさ大全」のような書籍であれば、障害者に関わる方々が多く集まる場所に置いていただければ、障害者関連の方々にLGBTや難病患者などのリアルな情報を届けることが可能になると考えています。


一冊の書籍の中に複数の生きづらさが横断的に書かれている「日本生きづらさ大全」の意味はそこにこそあると私は考えています。

 

(一般社団法人プラス・ハンディキャップ理事 井上 洋市朗)

一覧に戻る

リターン

3,000

(1)一般社団法人プラス・ハンディキャップで作成したステッカーを一枚送付します。

(2)facebook上の寄付者限定コミュニティへご招待します

支援者
30人
在庫数
制限なし

10,000

上記に加え、以下の引換券をお送りします。

(1)「日本いきづらさ大全2014」へ協力者として氏名を記載します。

(2)完成した「日本生きづらさ大全2014」をプレゼントさせていただきます。

(3)「日本生きづらさ大全2014」創刊イベント(2014年11月開催予定)に無料招待させていただきます。

支援者
45人
在庫数
制限なし

30,000

上記に加え、
(1)「日本いきづらさ大全2014」へ協力者として氏名+メッセージも合わせて記載します。
(2)ご希望の方には「生きづらさ大全2014」創刊イベントにおいて、みなさんの活動報告やチラシなどを設置、配布させていただきます。
※設置、配布するチラシや冊子などの製作費は支援者様にお願いします。

支援者
3人
在庫数
制限なし

100,000

上記に加え、
一般社団法人プラス・ハンディキャップの理事またはライター陣の中から一名の無料公演を行います。
※講演者は相談のうえ決定。
※講演の企画、会場手配、運営等は支援者が行い、それらにかかった費用は支援者の負担とします。

支援者
3人
在庫数
制限なし

300,000

上記引換券#1~#4の内容に加え、
プラス・ハンディキャップ編集長の佐々木一成が無料で講演会を行います。
※講演の企画、会場手配、運営等は支援者が行い、それらにかかった費用は支援者の負担とします。

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする