クラウドファンディングがスタートして、11日目となりました。この間、何十名もの方から、応援、ご支援を頂きました。他の仕事も立て込み、うんざりすることもありますが、ご共感下さった方からのメッセージを受取ると、一気に気持ちが高まります! お陰様で、まだまだ、頑張れます!

 

「他の仕事」には、商店街の仕事も多く(笑)含まれていますが、今日は夕方から夏祭りの設営作業を行いました。1年に一度のことなので、「これ、どうやるんだっけ?」「こっち先に設営かな」など、記憶を呼び起こしながらの作業になります。ちなみに、「写真撮っておけばよかった」は、毎年お決まりのセリフです!

 

しかし、なんだかんだ言いながら、1年に一度、商店街の方達で力を合わせて行うお祭りは、良いものです。

ふと、作業風景を見て気付きました。ずいぶんと年代が若返っているなー、と。第一世代の方もいれば、新しく入られた方もいて、このような作業の場がお互いを知るきっかけになり、技の伝承の場にもなっているようです。地域の文化というのは、こうして代々受け継がれてきたものなのですね。

 

 

「みなと」は、単に人が集まる場所としてではなく、このような地域コミュニティのHUBにもなれるのでは、と思っています。もちろん、HUBになるためには、「やるべきこと」もたくさんありますが、試行錯誤してきたノウハウを蓄積して、他の地域に「みなと」を展開するときに、役立てていきたいです!

新着情報一覧へ