期限の1月12日23時まで残すところ22日となりました。

ネクスト・ゴール目標達成に向け皆様からの応援コメントに励ましていただきながら頑張っています!

ネクスト・ゴールに4つの目標を挙げていますが、優先順位をつけました。

①児童がランチを食べる食堂のつくる

②児童が遊ぶ校庭の前にフェンスをつける

③給食をつくる調理室を改装する

④学校のセキュリティーのために校舎内で寝ているスタッフの部屋をつくる

 

まずは①に必要な70万円を目指し頑張ります!!

 

さて、3人目のメッセージリレーに参加してくださったのは斎藤奈々さん。2012年にプレマメッタスクールのボランティア活動に参加してくれました。

いただいた応援メッセージをご紹介いたします。

 

「2012年の春にスタディーツアーに参加し、可愛い児童たちに会いに行く事ができました。児童たちのあの笑顔、本当にキラキラ輝いていました。まだ学校も小さくて、机も椅子もなくて、電気もないし決して恵まれた環境ではないのですが、それでも勉強する事を、生きる事を心の底から楽しんでいるのが伝わってきました。

スタディツアーの数ヶ月後には、ボランティアとして再び学校を訪れるチャンスをいただき、数ヶ月間を現地で過ごしました。

教室で授業をする斎藤さん

ボランティアのボの字もよく分からない状況でしたが、私に何かできれば、との気持ちで挑みました。

当時の朝ごはんは水で戻した乾燥ヒヨコ豆にジャグリンというインドの黒糖をつけたものでした。

結局のところ、私が出来たことは、毎日キラキラの児童たちと楽しく遊ぶこと、簡単な英語や日本語の授業など、大したことは出来ず。逆に児童たちか人生で本当に大切な物は何かを学ばせてもらいました。

プレマメッタスクールの遠足にも参加しました。

また慣れないインド暮らしという事で、大変な時もありましたが、アヌープさん、アヌープさんのご家族が優しく暖かく、本当によくして下さって、感謝の気持ちでいっぱいです。

2012年学校の教室でアヌープさんの甥姪御さんたちとヨガポーズ。みんな脚が長い!

あれから今まで再訪のチャンスがありませんだしたが、来年こそは絶対にまた皆んなに会いに行きたいです!

現在はKhushaliちゃんという女の子のチャイルドスポンサーを昨年からさせていただいています。彼女は私がボランティアしていた時にも在校していたのですが、私の事を今でも覚えてくれているとの事で、本当に嬉しいです。

来年また会いに行きます!」

 

当時の小さい児童の多くはいまもプレマメッタスクールで勉強しています。上級生として下級生の面倒をよく見てくれる頼もしいお兄さん、お姉さんになっています。ぜひ成長した彼らに会いに来てください。

 

斎藤さん、応援メッセージありがとうございます。

 

 

 

新着情報一覧へ