デヴィ夫人がブログに書いてくださいました。

 

本当に悲しいのが、動物虐待を動画サイトに上げる連中がいるということ。

 

私のブログでも度々書きましたが、特に大矢誠事件は、悪質極まりその背景が実に根深い問題です。

 

ケージの中で怯える猫にガスバーナーを当て毛を燃やし熱湯を浴びせる

 

すみません、あえて載せます。

心臓の悪い方はスルーしてください。

矢印5番目に掲載します。

 

 

 

 

 

 

 

逃げることもできない猫にこのような残忍な行為を行ったのです。

 

さらに悲しいのは、この残忍な行為に対して、

 

懲役1年10ヶ月 執行猶予4年

 

動物虐待は

 

愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者

→2年以下の懲役または200万円以下の罰金

 

法定刑が5年以下なことから実刑・禁固は難しい状況です。

にしても、軽すぎると言わざるを得ません。

 

また、抵抗できない動物に対して、このような残忍な行為に

及ぶことができる人間に対して、早急な更生プログラムが必要です。

 

しかし、そのような受け皿もないのが日本の現実です。

 

 

米国では動物虐待犯罪は ランクF 

凶悪犯罪のカテゴリーに位置します。

 

私の知る限りでは、闘犬は行った者は

5年以下の禁固刑と

25万ドル(約2800万円)以下の罰金

 

観客として見ただけでも、

懲役3年以下、罰金50,000ドル以下

(約530万円)の厳罰が言い渡されます。

 

これほど、動物に対する考えが違う日本

そもそも、動物を”モノ”扱いしている考えが根深く

動物福祉環境は最悪な状態です。

 

こうした海外との格差も、きちっと考えて欲しい。

そのような思いから、デヴィ夫人と陳情に行きました。

 

このような風潮を絶対に変えなくてはいけないと感じています。

 

レディフォーでもさらに詳しく記述しております。

 

保護猫活動と一緒に、啓蒙活動も行っています。

 

保護だけでは、解決できない問題がたくさんあります。

 

どうか、どうすれば良いか?考えて、

変えていく力に一緒になってください。

 

お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ