プロジェクト概要

北海道で育てた、安心・安全な完全無農薬野菜をリーズナブルな価格でみなさんに提供できる設備を整えたい!

 

初めまして! 株式会社 Re&Aの大場です。私は、北海道の摩周地域の土地で再生可能農業を新たな産業として創出し実践するための会社をやっています。以前は東京に住んでいましたが、東日本大震災をきっかけに一念発起し、摩周湖の伏流水とその水が湧き出る森を活かす事業(六次産業)をやるために父の故郷である北海道摩周地域に移住しました。

 

私達の行う農業は綺麗な水と森が必要不可欠です!農薬や科学肥料を使わないことにより、土を再生し土地を自然の状態に戻し農場のまわりの環境をも再生することが可能となります。

 

今回、5年にわたる試験栽培を経て、全国初の酪農地における完全無農薬・無化学肥料栽培技術の確立、省力化・合理化・大規模生産・コスト削減を実現しました。そして、現在すでに、所有している土地にて野菜の栽培を行うために、設備を整えています。今回、我々の完全無農薬野菜の一般販売に際しましてもREADYFORにてご支援頂いた方々には、特別に優先的に販売させて頂きます。

 

雪室建設のための作業中

 

 

「食」に安心安全を求める人々が多くなってきました。

 

地域は酪農くらいしかできない不毛の地と言われ、酪農が基幹産業となっています。。昔は土地や地下水を汚し、放牧牛が死んでしまうかもしれないことから、農薬や化学肥料は撒きませんでした。しかしながら大規模化と効率化の名の下に、牧草地に除草剤などの農薬や化学肥料が撒かれはじめ、牛は牛舎に繋がれ牧歌的な風景は失われつつあります。ところが地方都市消滅やTPPによる危機感の中で地域の価値を見直し綺麗な水と森を柱に据えた地域創生戦略も出てきており当社にとってはフォローの風も吹いて来ています。

 

一方、東京では「食」に安全・安心を求めるニーズは非常に高いと考えられます。スーパーマーケットでは慣行栽培品(農薬・化学肥料使用)が多く流通しており、無農薬栽培品はネット販売中心で一般消費者には高嶺の花となっています。また、無農薬野菜は洗わなくても直ぐ使うことができる様な「清潔」が隠れたニーズになっているとも考えました。

 

無農薬で育てたトマトは身が詰まってて、トマトの甘さが口に広がります!

 

 

高価な無農薬野菜を

リーズナブルに提供できるようになります!


完全無農薬野菜を使うことが、家庭内で普通になるようにリーズナブルな価格で提供して社会に貢献することが当社の「おもい」であり販路としてクラウドファンディングに活路を求めました。会社の事業を進めるためには実績と信用であるが、まずはクラウドファンディングで実績を一つ上げて、当社を知っていただき信用を得るキッカケとしたい。このプロジェクトの成功により地域の貴重な水と森を未来に繋げ、また、地域創生にも貢献することができるものと期待しています。

 

皆様、ご協力・ご支援のほどどうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

 

 


最新の新着情報