レコードの受け取り報告第2弾。

 

 

 

今回、寄付して頂いた方は

 

「私のレコード寄付してもいいけど、いったい何に使うの?」

 

とfacebookでご連絡をいただきました。

 

ライヴバーを経営され、ご自身もCDを出せれるほど音楽と

びっちり生活されている方。

 

 

大学生と一緒にRECOの活動をお話しさせてもらうと

 

『気に入った!全部持って行って!

   ホコリをかぶっていた“子”たちに再び魂入れてくれてありがとう!』と。

 

普段から商店街の活性化などに積極的に参画されており、

若い世代と年配の世代の交流が薄いことを危惧されていたとのこと。

 

たくさんのレコードの思い出を聞かせて頂きましたし、町内会のお祭りなどでイベントやるときは私も見に行くから教えてねとエールも頂きました。

レコードに消費期限はないんですよね。
いつまでたっても、レコードは人のココロに響き続けます。

新着情報一覧へ