残り4日間!!

残りの期間は少しかもしれませんが、まだまだあきらめていません。

 

そこで、まだお伝えできていない、わたしたちの気持ちをお届けします。

 

≪この度のプロジェクトで、ほんとうにお伝えしたかったこと。≫

 

◆一つめ!

わたしたちのプロジェクトは、みなさまのご支援(お気持ち)とともに成長していきます。

 

昨年は、第一弾のプロジェクトとして、多くのみなさまにご支援をいただき、無農薬でハーブを育て、手摘み、自然乾燥と、テマヒマかけてココロとカラダにやさしい商品づくりのプロセスを行うことができました。

 

この度のプロジェクトは、前回のプロジェクトで得られたことをさらに進め、実際にみなさまに商品をお届けしたい!という気持ちから始まりました。

 

 

◆二つめ!

プロジェクトの二つの意味があります。

 

この度のプロジェクトにご支援いただいた際のお返し(引換券の商品)は、実際にわたしたちがテマヒマかけて育ててパックしたハーブティーを中心としています。

 

ですので、この度のプロジェクトにご支援をいただくことは、

①これからの取り組みのステップへの支援につながる!

②わたしたちのハーブティーの事業への支援につながる!

というとこで、この度のプロジェクトは、わたしたちの活動の二つの要素の成長につながります。

 

 

◆三つめ!

わたしたちの活動の目的

 

法人化を進めることで、より社会的な責任を果たしていくことになります。

活動の目的は、しっかりと定款で定め、ブレなくカタチある取り組みとして進めて行きます。(上の写真が定款の原本になります)

 

 

◆四つめ!

非営利型の一般社団法人

 

非営利型を選んだことで、利益優先になることや同族経営にならない、より社会的な活動を進めて行きます。

 

止む終えなく解散に至った場合は、北海道浦河町で精神保健福祉の先駆的な取り組みを続けている社会福祉法人浦河ベてるの家へ財産を譲ることと定めました。

 

 

まだまだ生まれたばかりで、これから整えて行くことも多々ありますが、発達障がい当事者のリカバリーを中心に家族支援を行い、当事者や家族もココロ豊かに暮らせる地域づくりを進めて行きます。

 

とてもスローな歩みかもしれませんが、一つ一つのプロセスを大切に進めて参りますので、残りわずかな期間ではありますが、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ