プロジェクトの公開は残り2日と迫ってきました!

目標まであと82,000円!!

 

これからのわたしたちの展開について、お伝えさせて頂きます。

 

≪わたしたちの新たな拠点≫

いまや、全国で空き家の問題が広がっています。

 

この物件は、法人役員の親戚が所有している建物で、築50年をすぎる農家さんの古家です。

 

この建物を拠点に、社会的な取り組みを、社会的に弱い立場の方々とともに進めて行きたいと考えています。

 

 

障害福祉サービスの事業所を開いたり、一般の方へ公開するには、外装や内装の修復が必要になってきますので、数百万円の資金が必要になってくることが考えられます。

 

 

いまは、ソーシャルビジネスの支援も広がってきていますので、障害福祉サービスの事業所を展開することに、融資を受けることはできるかもしれません。

 

ですが、しっかりとした先を見据えたサービスを提供するためには、それなりの役割(仕事)が必要です。

 

もし、わたしたちが障害福祉サービスを展開するとした場合は、作業ありきではなく、リカバリーを中心において、社会的な役割を備えている必要があると考えています。

 

もちろん、ピアスタッフも関わることになりますので、すぐに大きなことはできないかもしれませんが、やはり基盤が重要だと感じています。

 

 

この拠点は、高速のインターチェンジそばで国道沿いにあり、観光地の通り道という立地と、周りが畑に囲まれた農村風景が広がるロケーションが良いところにあります。

 

将来的には、地主さんが所有する2haの農地をお借りして、ココロとカラダをケアする作物の生産も考えています。

 

せっかく出会えたこの場所と、昨年から行っている自然ハーブの取り組みをしっかりと育てて行きたいという気持ちで、まずは法人各の取得から始めました。

 

これからは、発達障がいの当事者・家族、社会になかなかなじめない方々、そして理解ある方々と一緒に、この拠点を、社会的な価値のあるソーシャルファームへと育てて行きたいです。

 

そこへ進むために、ぜひこの一歩に、後押しをお願いしたいです!!

 

残り2日間、気持ちを届け続けます。

新着情報一覧へ