みなさん、こんにちは!

ミレニアム・プロミス・ジャパン

ウガンダ事務所です。

 

プロジェクト開始から1週間が経ちました。皆さまの応援のおかげで

19.6万円(達成率39%)まで来ることができました!

 

多くの方にご寄付をいただき、本当に感謝しています。

南スーダン難民の子どもたちのために

引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

 

写真は、難民居住区の小学校を訪問した時の様子です。

 

先生方に、難民の子どもたちの様子を伺ったところ

紛争中に受けた暴力や亡くなった家族のことを考えて

授業に集中できない児童がいることを教えていただきました。

 

先生方も、心理社会的ケアの必要性を強く訴えています。

難民居住区の学校の様子は、また後日お伝えしたいと思います!

 

さて今日は、ウガンダの難民居住地って一体どこにあるの?

という方もいっらしゃると思い、地図を用意しました。

 

私たちが駐在するウガンダは、東アフリカの内陸国で

周りをコンゴ、ルワンダ、タンザニア、ケニア

そして南スーダンに囲まれています。

 

 

南スーダンにの紛争が激化した2016年から

隣国ウガンダに多くの難民が流入し

今では100万人以上の南スーダン難民が暮らしています。

 

ウガンダにはいくつかの難民居住区がありますが

ミレニアム・プロミス・ジャパンが事業を実施しているのでは

「ビディビディ難民居住区」と呼ばれる国内最大の居住区です。

ここでは28万人の難民の方々が生活しています。

 

場所は、南スーダンとの国境の近くに位置しています。

ウガンダの首都・カンパラからは、車で約10時間かかります。

 

 

インフラもそれ程整っておらず、近くの町に住む駐在員ですら

ここでの生活は大変だなと感じることがあります。

 

しかし生活の基盤が整っておらず、精神的な苦痛をはじめ

多くの困難を抱える難民の方々にとっては、もっともっと過酷な環境です。

 

私たちが出来ることは限られていますが

少しでも多くの難民の方々に寄り添い、支援を届けられるように

精一杯頑張りたいと思います。

 

新着情報一覧へ