READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

Zoomを使ったリモートリハビリサービス

リハスペ

リハスペ

Zoomを使ったリモートリハビリサービス
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

4,000

目標金額 3,390,000円

支援者
1人
募集終了日
2021年1月8日
1人 が支援しました
募集は終了しました
1お気に入り登録
1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録
1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

はじめまして、リハビリスペースの鶴薗慎二郎と申します。理学療法士です。

今年の6月に自費リハビリ施設を立ち上げ、

運動療法によるリハビリで身体機能の予防を行っています。

私の薦めるリハビリは、”自分の身体は自ら動かして治す”ことをコンセプトに、

療法士に依存しない・させないリハビリを行っています。

身体を制御するの脳へのアプローチで自らの”意図”した行動が脳活性へとつながり、

障害部位を自ら動かしていける体へと変容する手助けをしています。

今回プロジェクトのリモートで行うリハビリサービスは、
身体予防のための運動訓練となります。

直接身体に手を触れる、施術や物理療法を使った治療行為は一切ありません。

医師の指導の下行う理学療法ではなく、
一般的な運動訓練との認識で身体機能を向上させる内容となっています。

宜しくお願いいたします。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

今年に入り、コロナ禍で外出機会も奪われているような社会となっています。

家での引きこもり状態が続き健常者でも体調を崩されたり、

気力が低下して活力がなくなっているとよく耳にします。

身体に障害をもった方は深刻で、運動機会に恵まれない状態が続いています。

これでは、社会復帰や職場復帰、やりたいことを自由にしたい

といった希望が失われてしまうと感じました。

そこで、時間や回数制限のない自費リハビリで自由に動ける私が、

Zoomを使って行う1対1の双方向コミュニケーションによる、

リモートで行うリハビリを全国で困っている皆さんに提供しようと思い立ちました。

YouTube動画などで一方通行の運動訓練はたくさんありますが、

お互いがコミュニケーションをとりながら行うリハビリ運動訓練は例がありません。

それぞれの生活動作に合った、負荷や回数、頻度など判断しながら、

リハビリ運動訓練が可能となります。

更に、画面で自分の動作をリアルでチェックできるので、

適切な指導のもと自己校正にも効果的です。

運動訓練だけではなく、リハビリに対する考え方や意識の持ち方など、

zoomでのセミナーもご利用の方々に行い、理解を深められたらと考えています。

身体が不具合となり思うように動かなくなった方に、

適切な運動療法と専門知識を提供し

社会復帰、職場復帰、やりたい事を自由にしたい

など出来る自分への手助けをしていきたいと思います。

 

▼プロジェクトの内容

①脳卒中後遺症、神経難病(パーキンソン病)、ロコモティブシンドローム、フレイルの方々に、

 週2~4回、Zoomによる1対1のリモート運動療法を1回1時間程度行う。

②リモートリハビリを行っている利用者様に、週1回1時間程度のリハビリ知識講習として、

 身体(肉体と神経)、栄養、自己管理(目標と達成方法)をZoomセミナーにて行う。

③リモートリハビリの目的は、自己校正(自分で自分の修正)出来るまで集中的に行い、

 その後は月に1回のフォローアップをZoomによるリモートリハビリを行う。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

この半年間は利用しやすいように社会保険自己負担額同等の金額設定が必要です。

利用者様はリモートリハビリサービスにより、

適切な運動訓練が行えるようになるのと、

リハビリに対する知識を深めることで、

自らが動けるリハビリを実践することが出来るようになります。

コロナ禍で外出機会を失った方々の、

体力低下や認知機能低下を予防し、

自立した生活を継続していくことで、

自らが生活を選択できるように、

人らしい生き方の実現を目指せると思います。

 

【プロジェクト終了要項】

 

運営期間    
2020年12月1日~2021年6月30日

 

運営場所    
鹿児島県鹿児島市草牟田1-11-11

 

運営主体    
リハビリスペース

 

運営内容詳細    
リハビリスペースにてリモートリハビリサービスを行う。実施者は理学療法士で代表の鶴薗慎二郎が行う。

 

その他    
利用者様はご自宅で運動療法が出来るように、PC環境や安全に考慮して行う。

 

 

 

プロフィール

リハスペ

リハスペ

主に通所リハビリ(生活期、維持期リハビリ)にて臨床経験を積んで参りました。 その間に、 ・3協会(PT/OT/ST)合同による訪問リハビリ管理者資格取得 ・PNF(固有受容性神経筋促通法)講習修了 ・ニュ―ロリハビリテーション(神経科学に基づいたリハビリ)講習修了 ・LSVT-BIG(パーキンソン病に効果のある運動訓練)認定療法士資格取得 等のリハビリ知識技術の習得に従事し、現場においても習得した知識技術を実践してきました。 他施設とは少し違ったリハビリとなりますが、身体性システム科学を駆使した形でリハビリを皆様に提供していけたらと考えています。 苦しみ悩む方々を1人でも多くサポート出来るよう取り組んで行きたいと思います。 今後ともリハビリスペースを、よろしくお願いいたします。

リターン

4,000

お礼のお手紙・メール

お礼のお手紙・メール

感謝の手紙を送付いたします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月

プロフィール

主に通所リハビリ(生活期、維持期リハビリ)にて臨床経験を積んで参りました。 その間に、 ・3協会(PT/OT/ST)合同による訪問リハビリ管理者資格取得 ・PNF(固有受容性神経筋促通法)講習修了 ・ニュ―ロリハビリテーション(神経科学に基づいたリハビリ)講習修了 ・LSVT-BIG(パーキンソン病に効果のある運動訓練)認定療法士資格取得 等のリハビリ知識技術の習得に従事し、現場においても習得した知識技術を実践してきました。 他施設とは少し違ったリハビリとなりますが、身体性システム科学を駆使した形でリハビリを皆様に提供していけたらと考えています。 苦しみ悩む方々を1人でも多くサポート出来るよう取り組んで行きたいと思います。 今後ともリハビリスペースを、よろしくお願いいたします。

あなたにおすすめのプロジェクト

達成

がんで悩むペットを救うために。ベンチャーを立ち上げたい!

山本晴山本晴

#医療・福祉

107%
現在
1,075,000円
支援者
94人
残り
9時間

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする