READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

【第二弾!】1200家庭のロヒンギャ難民に食料を届けたい!

稲川 望

稲川 望

【第二弾!】1200家庭のロヒンギャ難民に食料を届けたい!

支援総額

557,000

目標金額 500,000円

支援者
68人
募集終了日
2017年11月6日
プロジェクトは成立しました!
16人がお気に入りしています

終了報告を読む


16人がお気に入りしています
2017年10月09日 08:31

ロヒンギャの歴史1

http://www.afpbb.com/articles/-/3145344?cx_part=latest&cx_position=15

UNHCRによれば、今年に入って発生した難民は200万人を超すと言われています。南スーダンやシリア内戦による難民と同等に、ロヒンギャ難民への発言もされています。今やロヒンギャ難民の人道危機は、アジアの片隅で起こっているのではなく、世界が注目する課題となっています。

路上で出会ったこども。(ウキアメインロードにて)

ロヒンギャの問題がメディア(とりわけ日本メディア)にとりあげられるようになったのは、専ら今年8月25日以降の難民が急激にバングラデシュに流入したことによるものです。

 

しかし実は、ロヒンギャの差別と弾圧の歴史は50年以上にわたる長い歴史を持っています。

 

15世紀、当時のアラカン王国時代から共存(英領統治の時代との説もあります。)してきたロヒンギャと仏教徒(ミャンマー人)は、反インド運動、第二次大戦での英日代理戦争などいくつかの出来事によって、宗教対立をふかめていってしまいます。

 

なぜイスラム教徒と仏教徒の対立がここまで深まっているのでしょうか。これだけ溝が深まってしまったのはいったい何によるものなのでしょうか。

 

ここから数回にわたって、ロヒンギャ=ムスリムとビルマ族=ミャンマー人の対立の歴史を振り返ってみたいと思います。

 

ナフ川を渡り、国境を越えた人々が歩く

 

現地のニーズロヒンギャの歴史2
一覧に戻る

リターン

1,000


alt

【学生限定コース】約2家族分の1日の食料を届けることができます。

感謝の気持ちを込めたメールを送らせていただきます。
現地での支援状況を記した報告書を送らせていただきます。

*治安、その他事件等で支援内容が変更する可能性もあります。

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年12月

5,000


alt

約10家族分の1日の食料を届けることができます。

感謝の気持ちを込めたメールを送らせていただきます。
現地での支援状況を記した報告書を送らせていただきます。

*治安、その他事件等で支援内容が変更する可能性もあります。

支援者
33人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年12月

10,000


alt

約20家族分の1日の食料を届けることができます。

感謝の気持ちを込めたメールを送らせていただきます。
現地での支援状況を記した報告書を送らせていただきます。
また、報告書にご芳名を記載させていただきます。
*治安、その他事件等で支援内容が変更する可能性もあります。

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年12月

25,000


alt

約50家族分の1日の食料を届けることができます。

感謝の気持ちを込めたメールを送らせていただきます。
現地での支援状況を記した報告書を送らせていただきます。
また、報告書にご芳名を記載させていただきます。
*治安、その他事件等で支援内容が変更する可能性もあります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年12月

50,000


alt

約100家族分の1日の食料を届けることができます。

感謝の気持ちを込めたメールを送らせていただきます。
現地での支援状況を記した報告書を送らせていただきます。
また、報告書にご芳名を記載させていただきます。
*治安、その他事件等で支援内容が変更する可能性もあります。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年12月
プロジェクトの相談をする