プロジェクト概要

 

シエラレオネ・フィリピンの子供達の笑顔、東北の方々の幸せな生活を取り戻すために、高校生の私たちにできることを。

 

少しでも大きな金額を必要とする方達に届けるために、お力を貸していただけないでしょうか?

 

 

世界で困窮する子供達の教育支援・地震などで被害を受けた地域の復興支援に協力したい!

 

こんにちは!私たちは、三重県津市にあるセントヨゼフ女子学園という県下唯一の女子校の学生です。本校では33年間続いているウォーカソンというボランティア活動を毎年1回行なっております。


ウォーカソンとは、決められた10kmのコースを歩き、終わってからその行為に対して自分で探したスポンサーの方から約束しておいた金額のお金を支払ってもらい、それを支援先に募金する活動です。世界中の子供達の教育支援と地震などで被害を受けた地域の復興支援を目的としています。

 

支援を必要としている人の笑顔のため、また、同じ支援先に持続的に支援することで、復興が目に見えてわかり、私たちの奉仕活動の原動力とすることがでます。

 

本校の建学の精神である「愛と奉仕の精神」に則った活動を学園全体で行うことで、私たち自身の心にも大きな変化をもたらしています。

 

去年のウォーカソンの様子 500人近くの生徒・教師・保護者・協賛企業の方が歩いてる様子

 

 

33年前から何年も継続して支援することで、顔が見える関係を築いてきました。

 

33年前、当時の本校のシスターであるシスターマリーを中心として、私たちの学園の建学の精神である「愛と奉仕の精神」に基づいて何かできないかと考え、アメリカからウォーカソンが取り入れられました。

 

毎年援助を必要としている地域の中から、生徒が自ら調べて選び、その地にお金を送ります。 これまでに集まった資金は、東北では復興支援として、フィリピンでは子どもたちの給食費や制服、学校の備品などとして、シエラレオネでは奨学金や寮の建設等より良い学習環境を整えるために使われています。

 

支援金は、直接お渡しすることもしています。フィリピンに行った際、子供達のキラキラとした輝く笑顔の反面、苦しい生活をしていること、支援先の校長先生から感謝の言葉をいただいたことなど、自分たちの目で見たことがとても印象に残っています。

 

歌手のさだまさしさんが設立した「公益財団法人風に立つライオン基金」の全国のボランティア活動に励んでいる高校生を応援する高校生ボランティアアワードで、2017年度に参加した145団体の中から、国境なき医師団賞の銅賞に選んでいただきました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
シスターがキリスト教教育を子どもたちに行っている様子(シエラレオネ)

 

 

教育を受けることを望む同世代のために、少しでも力になりたい。

 

今年の支援先は、本校と繋がりのあるシスターがおり、現状を正確に私たちが知ることができるシエラレオネ、生徒が直接行って募金を手渡ししているフィリピン、2011年から続けて支援をしている東北地方を対象としています。

 

世界一平均寿命が短いと有名なシエラレオネでは、いまだに苦しい状況が続いており、長く続く内戦、エボラ出血熱によるエボラ孤児など、命を脅かす問題が多くあります。

 

本校の生徒がシエラレオネにいる本校と繋がりのあるシスターに手渡しで支援金を渡す様子

 

フィリピンでは、国民の40%が貧困状態にあり、子供達がゴミ集めて売り、そのお金で生活するという現状は今もあり、改善されていません。

 

東北も2011年から支援していますが、まだ完全に復興したとは到底言いきれません。私たちは持続的な募金を続ける事で、変化を見続けてきました。

 

私たちが日本で送る生活や学習環境はとても恵まれたものだと言えます。しかし、世界には上記のように満足のいく教育環境とは言えない状況でも教育を望む人がいます。少しでも勉強したいと強い意志をもつ子供達が学び、夢を叶えて欲しいと、支援を続けています。

 

本校の生徒が、ホーリーファミリー校の校長先生に手渡しで支援金を渡している様子

 

 

 

三重県唯一のユネスコスクールに登録されている私たちが責任をもって、シエラレオネ、フィリピン、東北に支援金を届けてきます。

 

今年、初の試みとしてクラウドファンディングを使う理由は、よりご支援していただきやすい環境を広げるためです。

 

これまで、生徒の家族、親戚、友達、家族の勤め先の方などからご支援をいただいておりましたが、より広く皆様にご支援を募ることで、ウォーカソンを広めていくとともに、より多くの人が教育を受けられるようにしていくことを長期の目標としています。

 

集まったご支援は東北とシエラレオネ・フィリピンで分配し、2019年6月までに届けさせていただきます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
シエラレオネの学校教育施設でたくさんの子どもたちが集まることのできる教室。
写真の机と椅子は本校の寄付によって支援されたもの。

 

 

どのような環境でも、夢を諦めず、世界中の人々が幸せな笑顔になることを願っています。

 

シエラレオネ・フィリピンの子供達からお話を聞くと、彼らは医者・先生・パイロットになりたいという大きな夢を持っていること、夢を叶える為に、数学や理科などの勉強を一生懸命頑張っていることを私たちに教えてくれました。

 

しかし、現実には生徒たちの生活はとても厳しいものでした。彼らが生活環境によって、将来の夢を諦めなくてもよいように、教育を受けられる環境を作り、1人でも多くの子供達が笑顔になってもらえることを目標にしています。

 

彼女達は私たちの支援金を奨学金として受け取り教育を受けています

 

また、東日本は日本人という仲間として持続的に復興支援をし、7年前の生活を取り戻すことができることを目標にしています。

 

最後に、いつも応援してくださる皆様へ。いつもセントヨゼフ、ウォーカソンをご支援いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで今年度で33回目を開催することができています。

 

毎年進化を遂げているウォーカソンですが、今年度は様々な事情で歩けない方や、シエラレオネ・フィリピン・東北に関心がある方や、ボランティアに興味がある方などを対象としたクラウドファンディングを募らせていただき、よりたくさんの皆様の愛を集め、支援先の方々を笑顔にしたいと心から思っております。

 

あなたの支援が、彼・彼女らの幸せへの一歩となります。その架け橋となれるよう、精一杯頑張りますので、ご協力の程よろしくお願いします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
セントヨゼフの支援で作られた教室(シエラレオネ)。セントヨゼフ教室と名前がついています。

 

 

税制上の手続きについて

 

ウォーカソンへのご寄付については税制上の優遇措置が受けられます。

寄付金額が2千円を超える場合、所得税(国税)の寄付金控除や個人住民税(地方税)の寄付金税額控除の対象になります。
税制の優遇措置を希望する場合は、確定申告時にセントヨゼフ女子学園の発行する所定の「寄付金領収書」が必要です。

 

詳しくは、国税庁のホームページの情報をご覧下さい。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1266.htm

 

 

 


このプロジェクトに寄附する
(※ログインが必要です)