こんにちは。マドレボニータ事務局の坂崎あゆみです。

 

2014年3月31日にスタートした『産褥記3』制作プロジェクトページは

本日で13日目。

呼びかけのご協力などたくさんのご支援をいただき、
49名ものかたから総額304,000円のご寄付をいただきました。(20時現在)

目標額800,000円に対して約38%の達成率です。
ありがとうございます。この場をお借りしてみなさまへ感謝を申し上げます。

 

まだまだ目標額達成までの道のりは続きます。

さらにその先には

「子育てのスタート時期である”産褥期”が健やかなものとなるよう、
 この本の出版をとおして貢献する」という道も続いています。

 

引き続き頑張ります!

 

 

 

マドレボニータは『産褥記3』制作のほかにも産後の母親のヘルスケアをサポートするための様々な活動を行っています。

ひとつ紹介いたします。”Global PR Project”によるアンケートと
4月26日(土曜)開催予定のイベント「世界の産後×マドレボニータ」についてです。

===============================
\マドレボニータよりお願い/

『海外で出産・産後を過ごしたことのある方』へ
ぜひご回答いただきたいアンケートがあります。

もし友人・お知り合いの方で該当する方がいらしたら、
ご協力いただけるよう、お伝え願えませんでしょうか?

このページの最も下にあるfacebookの
「いいね!」または「コメントする」を押していただければ、
あなたのアクティビティとしてfacebookのタイムラインに掲載されます。

===============================

 

<★NPO法人マドレボニータのGlobal PR Projectとは>

 

産後の母親向けのヘルスケアプログラムを提供する日本のNPO法人マドレボニータは、「産後のヘルスケアという文化を海外にも届ける」ことを目的に、Global PR Projectとして、調査『産後白書』の英訳版の制作等をこれまで行ってきました。母親向けの情報が『妊娠→出産→子どもの予防接種や、子どもと出かけられる場所』と『産後の母体のケア』が抜けがちな状況は、海外でも同じです。

このたび、4月26日(土曜)に「世界の産後×マドレボニータ」というイベントを開催いたします。

世界の産後ってどうなっているの? フランスや韓国など「産後ケアに熱心な国」はもちろん、それ以外の国の事情も知りたい!

通訳の相川千絵さん、外国人支援に携わる神田すみれさん、『産後白書』英訳担当の卜部眞規子(マドレボニータ事務局スタッフ)の3名によるパネルディスカッションを行います。

 

<★アンケート>

 

Q1.どこで出産されましたか?(例:アメリカ・ノースカロライナ州)
Q1.In which country (and city) did you give birth? (ex. U.S./NC)

という質問から始まる、合計8問です。無記名(記名は任意)です。

▼こちらからご回答を願います。
http://goo.gl/0Gw8Qf
(誠におそれいりますが、期限を【4月24日(木曜)まで】としております)

 

<★世界の産後×マドレボニータ イベント>

 

日時: 2014年04月26日(土)10:00~11:50

場所: 世田谷文化生活情報センター 生活工房5F 
    (東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー) 
会場: セミナールームA
アクセス: 東急世田谷線 三軒茶屋駅(直結)
参加費: 1,000円
定員: 25人(先着順)

▼詳細・お申し込みはこちら
http://kokucheese.com/event/index/162398/

新着情報一覧へ