プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

こんにちは。任意団体SEA-CLEAR代表の小山祐介(コヤ)と申します。これまでボランタリーベースでの活動でしたが、活動本格化の一環としてワークショップ「フィロソフィーダイアログ~自分のために生きよう~」を新規に開始します。ワークショップでは生きる尊さを様々な観点から見つめ、体感してもらいます。

 

しかし、開催するための会場レンタル費や備品購入費用が20万円不足しています。本来はその他事業を含めた活動資金として100万円単位の金額が必要なのですが、まずはワークショップ開催に向けて、皆様のご支援ご協力をお待ちしています。

 

SEA-CLEAR代表 小山祐介

 

 

 

私自身も養育トラウマ(特に共依存)を抱え、職場で超過労働とパワハラにあい、鬱を発症して退職に追いこまれました。絶望の中で私が死なずに済んだのは、友人から誕生日に電話をもらい、自分を表現して受け入れてくれる相手と場所ができたからです。この経験から、SOS能力(相談できる能力)と語れる相手の存在の大切さに気付き、同じように悩み苦しむ方々にむけて、表現することで人は自分になれると伝えるために今回のプロジェクトを立ち上げました。 

 

《ファシリテーター講座の様子》

 

 

 

「You×You(遊×友)トーク」

「表現することで人は心を震わせ、美しく豊かになれる」を醍醐味として、テーマにそってワントーク後、フィードバックとシェアを順次していきます。

 

《You×You(遊×友)トークの様子「門前仲町【おなかま】」》

 

Facebookイベントページ参加人数及び興味あり数

※各回をクリックするとFacebookイベントページに画面が移ります。

第1回 テーマ《自由》 参加人数:6名 興味あり:4名

第2回 テーマ《恋愛》 参加人数:10名 興味あり:2名

第3回 テーマ《生きる》 参加人数:5名 興味あり:17名

第4回 テーマ《感情》 参加人数:4名 興味あり:19名

第5回 テーマ《夢》 参加人数:6名 興味あり:12名

第6回 テーマ《愛》 参加人数:11名 興味あり:23名

 

「生きるNight」

「表現することで人は人でいられる」をコンセプトとして、様々な観点から『生きる』を掘り下げ、たくさんの素敵な何かに触れていきます。

 

《生きるNightの様子「高田馬場【Re:s Cafe】」》

 

Facebookイベントページ参加人数及び興味あり数

※各回をクリックするとFacebookイベントページに画面が移ります。

第1回 参加人数:7名 興味あり:34名

テーマ《あなたにとって生きるとは何ですか?》

第2回 参加人数:12名 興味あり:45名

テーマ《あなたにとって幸せとは何ですか?》

第3回 参加人数:4名 興味あり:34名

テーマ《16小節のLove Letter》

第4回 参加人数:5名 興味あり:46名

テーマ《この絵を描いた子どもに、どんな声をかけますか?》

※ピンクで空を塗った子どもにどんな声をかけるか、を共有するワークをしました。

 

《この絵を描いた子どもに、どんな声をかけますか?》

 

参加者の声を聞くと、深い話や真面目な話を聞いてくれる人がいない、白い目で見られてしまうなど、生きづらさを感じている方が多くいらっしゃいました。

ワークショップ後はホッとした表情やスッキリした笑顔を浮かべてくださることも実感しています。また、Facebookイベントページの内容を見て、株式会社ビオ・マガジンのアネモネ編集部の方がご連絡をくださり、雑誌anemoneに紹介記事を載せてもらいました。

 

《雑誌anemone》
 
《生きるNight紹介文》

 

 

 

フィロソフィーダイアログはアイスブレイクやヨガの瞑想を取り入れたワークショップです。生きる尊さを様々な観点から体感し、「感思感受(何を思い、何を感じたか)」をキャッチして表現する。また、それらを日常生活で活かすことで、語れる相手や場所を見つけてもらい、生きる力(レジリエンス)の回復と創出をします。

 

①受付・自己紹介・アイスブレイク

簡単な自己紹介後、緊張を解きほぐすためにアイスブレイクをします。

②ダイアログワークショップ

テーマに沿ってまず個人ワークをした後、ヨガの瞑想を取り入れながら全体ワークをします。

③ワントーク・オールフィードバック

個人ワークの内容を、どなたかにプレゼンしてもらいます。身構える必要は一切なく、自分を伝える練習だと思ってください。プレゼンした方にはもれなく全参加者からフィードバックがもらえます。

④チェックイン

全員で感想を共有します。上手いことや良いことを言う必要は一切ありません。感じたこと、思ったことをありのまま言葉にしてみてください。

⑤交流タイム(名刺交換など)

簡単なアンケート後、余った時間は交流にご使用ください。

 

《フィロソフィーダイアログイメージ》

 

 

 

2012年の内閣府の調査において、ソーシャル・サポートと幸福度の関係性が示されています。ここで言うソーシャル・サポートとは、社会的関係の中でやりとりされる支援の充実度を測る指標であり、以下の6項目からなります。


・ 落ち込んでいると、元気付けてくれる
・ 嬉しいことが起きたとき、それを我が事のように喜んでくれる
・ どうにもならない状況に陥っても何とかしてくれる
・ 元気がないとき、すぐに気付いて気遣ってくれる
・ 普段からあなたの気持ちをよく理解している
・ 良いところも悪いところもすべて含めて、あなたの存在を認めてくれる

 すなわち、「ソーシャル・サポートが充実している」とは、「支えてくれる人」「認めてくれる人」に恵まれている状態と言えるのです。

 

 

生きる尊さを体感して、生き方を決めるのは自分だと知ってほしい。

生きる力を創り出し、生きる勇気を持ってほしい。

 

生きるを肯定するため、ワークショップを開催するため、皆さまのお力が必要です!

どうかよろしくお願いいたします!

 

 

◆◇◆◇◆◇◆資金使途について◆◇◆◇◆◇◆

 

【200,000円使用内訳】

会場レンタル費用 180,000円

→月2回開催(2016年内分)

→1回開催につき18,000円必要、集客目標15名

→5,000人程度に広報継続(Facebookなど)

ワークショップ資料及び備品費 10,000円

→ペン、ふせん、プリンターインク購入代など

ワークショップ広告宣伝費 10,000円

→団体名刺とチラシを作成(業者依頼)

 

◆◇◆◇◆◇◆リターンについて◆◇◆◇◆◇◆

 

【3,000円】
①サンクスメール、団体HPにお名前を記載

御礼メール送付と併せて、寄付いただいた方のお名前を団体HPに記載させていただければと思います。

 

【10,000円】

全額ワークショップ開催費用に使用いたします。

【10,000円】※限定20個
①サンクスメール、団体HPにお名前を記載
②短編小説集プレゼント:

任意団体の傍ら、小説家として活動しています。

月刊誌公募ガイト小説投稿コーナー佳作4編(修正加筆)をファイリングし、お渡しいたします。
③フィロソフィーダイアログ無料招待(1回)

フィロソフィーダイアログに1回無料でご招待します。

《短編小説「コイゴコロ」1ページ目》

 

【30,000円】

全額ワークショップ開催費用に使用いたします。

【30,000円】※限定5個
①サンクスメール、団体HPにお名前を記載
②短編小説集プレゼント
③フィロソフィーダイアログ無料招待(1回)
④SEA-CLEAR Conference・SEA-CLEAR Human Library​(各1時間)

SEA-CLEAR Conferenceは傾聴・受容・承認でどんな相談も受け付ける【皆さま自身】が主役のイベントです。※1都3県以外は、Skype対応になります。

《ヒューマンライブラリーin円覚寺の様子》

 

◆任意団体SEA-CLEAR情報◆

団体HPは現在作成途中ですが、団体ブログとFacebookページは作成してあります。クリックすればリンク先に画面が移ります。

 

【団体ブログ】

任意団体SEA-CLEAR代表 小山祐介(コヤ)のBlog

「うつで悪いか」

「生き方を決めるのは、僕達だ」など想いを綴っています。

 

【Facebookページ】

Sea-Clear

ご覧いただいたら、ぜひ「いいね!」をお願いします!!

 

【個人ページ】

小山祐介(こやまゆうすけ)

気軽に友達申請してください。メッセージも送ってもらえると大変嬉しいです。

 

【インタビュー記事】

「人」という肩書きで生きる

No.10 もっと柔らかい人生を-父親とのわだかまりを超えた先に見えたこと- 

AERA編集部の小野ヒデコ氏にインタビューしてもらいました。

 
Yahoo!ニュース・週刊誌AERA(朝日新聞出版)共同企画

朝日新聞出版からインタビューを受け、小山祐介の実名で鬱の経験談を公開してもらいました。


最新の新着情報