さあ!いよいよ始まりました。「世界一やさしいレストラン」開催資金獲得のためのクラウドファンディング!

本日から、少しずつ、代表の想い、イベントのこと、プロジェクトメンバーのこと、などなど。少しずつ、ご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このプロジェクトの発起人で代表者の村瀬。
普段は、介護施設で働く介護福祉士。「介護の仕事大変ね」と労うと、「仕事をしながら、人生の大先輩たちといろんな話をして大笑いできる毎日。何度話しても忘れちゃうんだけど、私が同じ話をしてもいつも大笑いしてくれるのよね。何度会っても自己紹介から始まる人とか!」なんていいながら、この笑顔。

介護も、福祉も、身近に感じた経験のない私には、これがたいそう衝撃的でした。福祉って、人一倍、崇高な正義感と親切心、真面目で一生懸命、みたいなイメージを持っていましたが、村瀬には、そういう肩肘張った感じや気負いがなく、当たり前の、フラットな関わり方で、逆にそれは、介護する方への、最大限の敬意の念があるからこそだな、と。

そんな村瀬が、「どうしてもやりたい」と始めたこの企画。
恥ずかしながら、このきっかけとなった「注文をまちがえるレストラン」の話題を、全く知らなかった私ですが、村瀬がこの話をする時の、「本当に、わくわくしてたまらない!」という笑顔に、これは一緒にやりたいな、応援したいなと、プロジェクトメンバーを志願したのでした。

7月中に、村瀬が皆さんの前で、このイベントへの想いを語る交流会的なイベントを、現在企画しています。乞うご期待!
新着情報一覧へ